« 10月3日(木) クリ | トップページ | 10月5日(土) カラスザンショウ »

10月4日(金) ステルンベルギア(キバナタマスダレ)

191004sternbergia
あ、ステルンベルギアだ!と、この覚えにくい名前がスルッと出てきたのはうれしいことでした。13年前のいまごろ掲載したきりだったし、その間、植えてくれるところはまったく増えないので、記憶が消滅もしくは減耗している恐れが十分でした。
すぐに忘れるだろうとあきらめがちの名前が案外に頭に残るという現象は、昔からソラヌム・ラントネッティーとかオステオスペルマムで体験済みです。意味を理解しなければ覚えられないだろうというのは自分の勝手な思い込みで、ものの名前はリズムや語呂や弾み(?)でしっかり記憶に組み込まれることがあるようです。
ただ、この写真には反省しきりです。まず絞りを開放(F2.8)のままで撮ってしまったことです。ボケ味が好きなのでいつもそう設定していて、このときも特に考えることなくパシャパシャとやってしまいました。そのせいで、ヒガンバナ科の証明である苞でくるまれた蕾(花より奥側)がボケてしまいました。
さらに、苞にくるまれているなら、そのなかに花は複数ありそうなのに、それを確認しようとはまったく考えつきませんでした。ここに載せるに当たって写真をつらつら眺めていて、アーァと自分に腹を立てています。

<補注1> 1カ月も経ってからこの場所を訪ねたら、花はとうに終焉し、ステルンベルギアがヒガンバナと同じ生態(冬に葉が残るという意味で)であることだけを確認してきました。(2019年11月7日
<補注2> 苞のなかに花は1個のようです。(2021年9月30日

過去のきょう 2018 ヒヨクヒバ 2017 アワブキ 2016 サザンカ 2015 ハンノウツツジ 2014 ホソバヒイラギナンテン 2013 シナサワグルミ 2012 クサヨシ 2011 ナガエコミカンソウ 2010 ギンミズヒキ 2009 アキグミ 2008 イノコヅチ 2007 キジョラン 2006 シラヤマギク 2005 ウスギモクセイ 2004 メキシカン・ブッシュ・セージ

|

« 10月3日(木) クリ | トップページ | 10月5日(土) カラスザンショウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月3日(木) クリ | トップページ | 10月5日(土) カラスザンショウ »