« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

10月31日(木) ニワウルシ(シンジュ)

191031niwaurusi
複葉タイプの木は葉軸を残して小葉から散ってゆく…という、どうやら当たり前の現象に気づき、「時間差離脱総集編」と銘打って、その「新知識」のまとめを掲載したのが一昨年の暮れでした。しかし、その総括のあとにも、イヌエンジュキハダフジと時間差離脱仲間は増え続け、今年の新規加入はニワウルシです。
初めてこの仕掛けを意識させてくれたツタには本当に大感謝です。既存の解説で得た知識ではなく、野道で、自分で、「あれれ?」と気づくことのうれしさです。
ただ、こうしてニワウルシを見上げても、なぜバサッと複葉ごと落ちないのか、その理由がさっぱり思い浮かばないのです。長~い葉軸の先に止まったトンボ(画面右上)が、「そういうものなんだよ」とワタシをからかってくれました。

過去のきょう 2018 メハジキ  2017 オヤマボクチ 2016 ハヤトウリ 2015 ミツガシワ 2014 フジバカマ 2013 ダイズ 2012 サンゴジュ 2011 サボテン(金鯱) 2010 ヒキオコシ 2009 エノキ 2008 ゴマギ 2007 ノゲイトウ 2006 マルバフジバカマ 2005 ツワブキ 2004 ミゾソバ

| | コメント (0)

10月30日(水) ヤナギバルイラソウ

191030yanagibaruirasou1
二日続けて「草」の掲載になってしまう理由はきのう弁解しています。そのきょうの「草」が「草木の境目」的なヤナギバルイラソウになったのは神様の悪戯です。と言うか、自分では「どう見ても草でしょ」と思っているわけです。
191030yanagibaruirasou2
これ(↑)が証拠写真で、イノコズチとかヨウシュヤマゴボウとか、そのあたりを思わせる茎の様子です。なかなか木本には見えにくいところがあります。
前回、このヤナギバルイラソウはやや危険(繁殖力が強すぎ)な外来種であることに触れていて、あれから3年、志木市内でも3カ所で見られるようになりました。そのうちでは写真の場所が一番自由に観察できるところです。種には面白い仕掛けがあるようなので、しっかりそれを学習しながら、摘み取ってしまおうかと考えています。

過去のきょう 2018 カルミア  2017 コムラサキ 2016 タチバナモドキ 2015 サンゴノボタン 2014 アズキナシ 2013 マルバノキ 2012 キンエノコロ 2011 オウゴンカズラ(ポトス、ゴールデンポトス) 2010 ホソバタイサンボク 2009 ニワナナカマド(チンシバイ) 2008 ズミ 2007 マムシグサ 2006 キチジョウソウ 2005 ダンチク 2004 ツリバナ

| | コメント (0)

10月29日(火) ルリマツリモドキ

191029rurimaturimodoki
思いがけない二度咲きにびっくりして、草・木・草・木の順番だと「草」のはずのきのう、ついエゴノキを出してしまいました。いま、出し物を選んでいてその「うっかり」に気づいた始末で、誰に迷惑をかけるわけでもないのに、シュンとしてしまいます。
それでも、「まっいいか!」と明るくルリマツリモドキです。これは1カ月前にも出していて、それは承知の上の連続掲載です。決してドジではありません。
先月は、汚らしいとか暑苦しいとか、ちょっと悪く言い過ぎました。別にルリマツリモドキに恨みがあったわけではなく、見た対象が悪かっただけみたいです。今度は花の開き具合も良く、その色も少し淡くて、端正な面差しです。
丸い葉っぱもファンキーに見えて、モドキだなんてかわいそうな名前ではなく、プルンバギノイデスくんと正式に呼んでやろうかと思い直しました。

過去のきょう 2018 ウメガサソウ  2017 ノコンギク 2016 ダルマギク 2015 アブラススキ 2014 イヌコウジュ 2013 ノササゲ 2012 マテバシイ 2011 シマトネリコ 2010 ヒヨドリバナ 2009 アツバキミガヨラン 2008 コバノガマズミ 2007 マルメロ 2006 ニオイザクラ(ルクリア) 2005 ミセバヤ 2004 モクレン

| | コメント (0)

10月28日(月) エゴノキ

191029enoki
チャリ移動していて、あれ?と引き返しました。エゴノキになにか白いものがついているように見えたからです。花でした。本来の開花期から5カ月半のズレです。
あわててスマホを向けたものの、左側に入れ込んだ実(種)がボケてしまいました。そのくせ、背景にした建物のカラー鋼板がやけに鮮やかです。
この辺がスマホカメラを自由に使えていないところです。距離的には、実と花の間はせいぜい1m、対して花から建物まではその3倍はあったはずです。スマホなんてこんなもんさ…などと悟り顔をせずに、もうちょっと使いこなしてみたいものです。

<補注> この日は「草」の番だったことに翌日気づきました。(2019年10月29日

過去のきょう 2018 イヌエンジュ  2017 ホテイチク 2016 ケヤキ(品種不明) 2015 ハシバミ 2014 ムクゲ 2013 シリブカガシ 2012 ススキ 2011 マメヅタ 2010 ケナフ 2009 キミガヨラン 2008 イヌザンショウ 2007 ツルコケモモ 2006 クヌギ 2005 クコ 2004 ニラ

| | コメント (0)

10月27日(日) ガマズミ

191027gamazumi
絵としては、もう少し葉っぱが落ちてくれるまで待つべきだろうと思います。問題はこちらが待つ間、鳥さんたちもこの豊穣の実を「きれいだなぁ」と鑑賞するだけにとどまっていてくれるかということです。
一粒いただくと、もう立派な酸っぱさです。これだけの量を見ると、ガマズミ酒を造ってみたくなります。ときどき、お料理の食前酒としてお目にかかると、ウソのようにきれいな赤色に食欲がググッと高まります。
ただ、いくら野道でも、所有権のないものは一粒が限度ヾ(ーー )です。「ウチの裏山のガマズミだよ」と言える暮らし…今晩の夢に期待しましょう。

過去のきょう 2018 チョコレートコスモス  2016 トウガラシ(観賞用・品種名不明) 2015 ヤブソテツ 2014 センダングサ 2013 ヒガンバナ 2012 スダジイ 2011 モクゲンジ 2010 ノハラアザミ 2009 ツヅラフジ(オオツヅラフジ) 2008 原種シクラメン 2007 ツルレイシ 2006 タウコギ 2005 ミゾソバ 2004 ヤマノイモ

| | コメント (0)

10月26日(土) レモンマリーゴールド

191026tagetes_lemmonii
花壇とは言いにくい空き地を、這うように黄色く埋めていました。光線には特に問題がない日で、ほかの写真は気持ちいい色が出ているのに、なぜかこれを写した数枚だけが設定を間違えたようにくすんだ色合いです。
この系統の色目ではときどきこういうことがあるので、PENTAXの特性かなと思うのは、きっと生意気に過ぎることでしょう。もしそうだとしても、それならなにか対策をすればいいわけで、また新たな課題をもらってしまいました。
レモンマリーゴールドという名前はメキシカン・マリーゴールドを収録したときに別名として取り上げていて、ただし、二つはけっこう別物に見えます。こんなこんがらがった名前はきちんと「仕分け」して覚え直すことももう一つの課題です。

過去のきょう 2018 ヤマコウバシ  2016 ヒイラギ 2015 エゴノキ 2014 コバノガマズミ 2013 カツラ 2012 ツルニンジン(ジイソブ) 2011 メキシカン・ブッシュ・セージ 2010 アキチョウジ 2009 ムクロジ 2008 ヤマラッキョウ 2007 フェイジョア 2006 ヤクシソウ 2005 ホンコンカポック(シェフレラ) 2004 ツワブキ

| | コメント (0)

10月25日(金) モッコク

191025mokkoku1
たまたま出会ったモッコクの木をぼんやり見上げたら、一輪だけ花が咲いているのを見つけました。視野のなかの「異常」を察知する眼力が自分にまだあることを知って、少しだけウキウキした気分です。
思い出せば、モッコクの花を取り上げたのはブログ初年度の6月下旬でした。以来、モッコクについては実ばかり面白がって、花を無視したままでした。モッコクは雌雄異株で、雌株の雌花(両性花)をまだ見ていないままなのです。
191025mokkoku2
そこで、こんな異様な時期に二度咲きした花をシゲシゲ見つめたら、おや残念、黄色い葯の真んなかに鎮座しているべき雌シベ(花柱)がありません。今回のように初めて出会う木ではなく、実がつくのを知っている木はあるわけで、その木でもこの時期に二度咲きしていてくれないか、週末の運試しと相成りました。

過去のきょう 過去のきょう 2019 モッコク 2018 ウワバミソウ  2016 ヤハズソウ 2015 ハナミョウガ 2014 ホトトギス 2013 サラシナショウマ 2012 キンモクセイ 2011 ヒメイタビ 2010 トラノオスズカケ 2009 カキノキ 2008 コウヤボウキ 2007 クロウエア・エクサラタ 2006 スプレーギク 2005 キヅタ 2004 コスモス2018 ウワバミソウ  2016 ヤハズソウ 2015 ハナミョウガ 2014 ホトトギス 2013 サラシナショウマ 2012 キンモクセイ 2011 ヒメイタビ 2010 トラノオスズカケ 2009 カキノキ 2008 コウヤボウキ 2007 クロウエア・エクサラタ 2006 スプレーギク 2005 キヅタ 2004 コスモス

| | コメント (0)

10月24日(木) イヌタデ

191024inutade
アカマンマがこれだけ自由に生きていることも慶事だし、自分的にもちょっと活路が開けてホッとしたし、まあ、赤飯でも炊きたい気分なのです。
で、前回記事を見るとそこでもアカマンマと書いていて、子供のころからこれはそう呼び習わしてきたのです。ところが今回、YListにあたってみたら、別名欄にはアカノマンマとあります。季語でもそう呼ぶのだそうです。
うーん、「ノ」を入れたら語呂が悪いじゃないか、別名や地方名はいろいろ違って当然だろう…という理屈が頭のなかを巡る一方で、正式な別名を覚えておくのも悪くはないか、と、きょうは少しだけ素直なはた衛門さんでした。

過去のきょう 2018 トサミズキ  2016 ヒイラギモクセイ 2015 ハナセンナ(アンデスの乙女) 2014 ウダイカンバ 2013 モミジバフウ 2012 ホウチャクソウ 2011 フウセントウワタ 2010 シュウブンソウ 2009 ゴマ 2008 キランソウ 2007 ホウキギ(コキア、ホウキグサ) 2006 オタカンサス 2005 オリーブ 2004 ニシキギ

| | コメント (0)

10月23日(水) フクロモチ

191023hukuromoti
ネズミモチの園芸品種(変種)なので、いまごろは実が色づき始めているはずなのに、残念ながらこの木には一粒も見られませんでした。母種に似た花も咲くし、間違いなく結実もするということなので、それらは今後の楽しみにします。
というか、初掲載はシンプルにこの品種の特徴だけに注目できたことを喜んでおきましょう。葉も枝も樹高も、すべてが寸詰まりです。息苦しいとも感じるし、コンパクトで面白いとも言えるし、どう見えるかでその日の気分判定ができます。
フクロ(袋)という形容はわかったようでわからないところがあります。別名がフクラモチで、そのフクラがフクロに変化したのではないかとする説があって、そういう変化が起こるくらい長い時間、愛好されてきたことだけはわかります。

過去のきょう 2018 ムカゴイラクサ  2016 ヒナタイノコヅチ 2015 ナガボノシロワレモコウとワレモコウ 2014 シロヨメナ 2013 シロホトトギス 2012 ケンポナシ 2011 パキスタキス・ルテア 2010 アカバナ 2009 マユハケオモト 2008 マルバグミ 2007 ツリバナ 2006 チカラシバ 2005 ホウキギ(コキア、ホウキグサ) 2004 マユミ

| | コメント (0)

10月22日(火) ヤクシソウ

191022yakusisou
ああ、またこの季節に出してしまった…とは思うのです。ヤクシソウの過去掲載は10月の20日26日で、今回はその間にすっぽり嵌まってしまいます。
花がないころは目立たなくて、いままで撮った記憶がないし、枯れた姿には何度か挑戦したものの、どうやってもゴミっぽくて、掲載は断念してしまいます。要は、自分にとってのヤクシソウはかなり期間限定の被写体なのです。
それでも、2006年→2012年→2019年と回を重ねるごとにこの花を「美的」に捉えてあげられるようになっているじゃないか!というのは自分への慰めです。そして、萼がずいぶん長いことに気づき、あ、萼じゃないや、総苞だ(多数の舌状花をまとめている)などとも呟いてみて、わずかずつの知識向上に満足したりもするのです。
進歩がないのは助っ人さんの見分けで、7年前、「ホウジャクくん」としたのは、いまはホシホウジャクかなとぼんやり思える程度です。今回、ヒラタアブの「仲間のなにか」としかわからないコヤツの正体確認は、まだまだ先のことでしょう。

過去のきょう 2018 モミ  2016 トチュウ 2015 ジュウガツザクラ 2014 マルバノキ 2013 パパイア 2012 ホトトギス 2011 アメリカヅタ 2010 トリカブト 2009 オキナワスズメウリ 2008 ウラハグサ(フウチソウ) 2007 イレシネ・ヘルブスティー 2006 ホソバアキノノゲシ 2005 シャクチリソバ 2004 ベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

10月21日(月) シャムソケイ

191021jasminum_rex
8枚に割れた純白の花びらは差し渡しが5~6cmもあって、一瞬、クレマチスかと思うほどです。しかもこうしてけっこう密に咲きます。
ただ、ほかのジャスミン類と同じように寒さには弱いので、鉢で行灯に育て(蔓性)、冬は室内に取り込むのだそうです。となると、ジャスミン=きつい香りという怖さが出てくるのに、このジャスミンはほぼ香らないという美点を持っています。
シャムは言わずと知れたタイ王国の旧名で、20世紀前半までそれは使われていました。ただ、このJasminum rexがその時代に日本にもたらされたものか、それとも導入は新しくてもあえて古風な冠をつけたのか、その辺は不明です。

過去のきょう 2018 センウズモドキ  2016 エビスグサとカワラケツメイ 2015 ハグロソウ 2014 サツマイモ 2013 アマチャヅル 2012 キンメイモウソウチク 2011 コミカンソウ 2010 レイジンソウ 2009 ミゾソバ(白花) 2008 ハマトラノオ 2007 ウメバチソウ 2006 アキノキリンソウ 2005 サザンカ 2004 モッコク

| | コメント (0)

10月20日(日) ハチジョウアザミ

191020hatijouazami
アザミだろうなあ。だがしかし、キツネアザミよりも不甲斐ない、このノタッとした感じはいったいなんなのだ。シャッキリしろ、シャッキリ!
…と、まるっきりの爺さん節です。花(萼)やら葉に棘はあっても、凶悪さはまるっきりなくて、人畜無害とはお前のことか!と毒づいてしまいます。
ははぁ、八丈島ですか。行ったことがありません。遠いだろうなあ、と思ったら、飛行機なら1時間かからないじゃないですか。おっと、八丈に限らず、伊豆諸島に自生するのですか。どこでもいいから、「現地」で再会したいものです。

過去のきょう 2018 ツクバネ  2016 ホンカイドウ 2015 ユーカリノキ 2014 ネコノチチ 2013 ラクウショウ 2012 ヤクシソウ 2011 キクダイダイ 2010 サルビア(サルビア・スプレンデンス) 2009 アオノリュウゼツラン 2008 イワダレソウ 2007 アケビ 2006 アキギリ 2005 ダチュラ(八重) 2004 ゴールデンピラミッド

| | コメント (0)

10月19日(土) ムクゲ

191019mukuge1
♪モスラ~ヤモスラ~♪というザ・ピーナッツのかわいい歌声が甦りました。もう40年にもなりますかねえ。それにしても、なんじゃ、お前は!
191019mukuge2
正体はハラナガツチバチ(の類)でした。触覚が短いので雌とはわかっても、これだけ粉まみれだと、確認したいポイントがさっぱり見えません。
ムクゲの花のなかで虫が花粉にまみれるシーンはこれが二度目です。ほかの花で虫がここまで粉だらけになるのは記憶になくて、ムクゲの花粉には虫を狂わせる麻薬みたいな成分があるのかと邪推してしまいます。
そう言えばこのピンクのムクゲも二度目の登場です。前は10月28日に掲載していて、ムクゲの花のなかでは最終ランナーと言えそうな元気者です。

過去のきょう 2018 アカバナツユクサ  2016 トダシバ 2015 カワミドリ 2014 原種シクラメン(ヘデリフォリウム) 2013 コナギ 2012 カンノンチクとシュロチク 2011 ヒシ 2010 タヌキマメ 2009 ウオトリギ 2008 マツブサ 2007 ミヤマガマズミ 2006 ヨモギ 2005 イシミカワ 2004 ギシギシ

| | コメント (0)

10月18日(金) ドラゴンフルーツ

191018dragon_fruit
あ、ドラゴンフルーツだ。和名はヒモサボテンね。で、現地名はピタヤ…と、オツムの調子がとてもいいときが「たまには」あるわけです。
そして、このときは目の調子までとてもよろしくて、この実の皮が一枚であることに気づきました。前に見たのはこれよりもう少し若い段階の実で、赤い皮に鱗状の尖りがあったもので、てっきり百合根のように皮が重なっていると思っていました。
ところがその尖りは鱗ではなく、実全体を包む皮のところどころをつまんで引き延ばした状態なのでした。まるで飴細工のようです。
これにはいったいどういう意味があるのでしょう。子房だと思っているこの膨らみは、もしかしたら萼(のなかで子房が発達)なのでしょうか。これはやはり花を見て、それが実になる過程を追わないことには、どうにもピタヤッと収まりません。

<追録> 上の写真よりやや若い状態のもの(↓)に遭いました。残骸ながらも、花の様子までわかります。記事で想像したように、この尖った突起は萼または総苞で、萼というか花床が膨らんでくるようです。(2019年11月10日)
191110dragon_fruit

過去のきょう 2018 クロキ  2016 ウルシ 2015 エゴノキ 2014 ガマズミ 2013 アカガシ 2012 シマススキ 2011 アレカヤシ 2010 コウリンタンポポ 2009 ヒメグルミ 2008 クスノキ 2007 スズラン 2006 サラシナショウマ 2005 タイワンホトトギス 2004 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

10月17日(木) トウチャ

191017toutya
葉が大きい&枝がごつい&それに比べると花が控えめ…というところがふつうのチャノキとの違いに見えます。トウチャ=唐の国から来た茶というネーミングには若干の抵抗を感じるわけで、チャノキ自体が彼の国出身ですから、こちら(トウチャ:Camellia sinensis f. macrophylla)だけ地名を名乗るのは不公平でしょう。
同じようにチャノキの品種であるベニバナチャ(f. rosea)にも「配慮が足りない」と噛みついたもので、草木の名付けはなかなか大変です。
ならば自分だったらどうしたろうと考えると、とても安易に、学名のmacrophyllaをそのままいただいて、「大葉茶」としてみました。これなら見たまんまで、とてもわかりやすいじゃないかと大満足です。あるいはお茶にしてもあまりおいしくないというので、「大味茶」でもいいじゃないか、とアイデア絶好調です。
ただ、こんな勝手遊びは自分が混乱を来すだけなのは明白で、「唐」には「大きい・ごつい」の意味を含ませたのだろうと思い直しておくことにします。

過去のきょう 2018 アサガオ 2016 ジョウロウホトトギスとキイジョウロウホトトギス 2015 ヒダカミセバヤ 2014 サイカク 2013 タイアザミ 2012 シマトネリコ 2011 アンゲロニア 2010 ヒイラギモクセイ 2009 キチジョウソウ 2008 ヨウシュイボタ(セイヨウイボタ、プリベット) 2007 トウガラシ(タカノツメ) 2006 スズメウリ 2005 クロマイ 2004 サザンカ

| | コメント (0)

10月16日(水) イヌショウマ

191016inusyouma1
「番茶も出花」のイヌショウマです。粗末な茶という意味の「番茶」と、例の見捨てられた冠である「イヌ」が妙にシンクロします。
…と書いて、「出花」でいいか、ちょっと気になりました。意味的には「出端」ではあるまいかと心配したのです。大丈夫でした。「鬼も十八番茶も出花」、番茶だけでなく、お茶の淹れたては「出花」でした。たぶん元々は「端」でも、茶を尊ぶという日本人的な感性から「花」をあてるようになったものでしょう。
191016inusyouma2
その「イヌ」さんもあっという間に妙齢のお嬢さまになるわけです。パーッと行きましょう、パーッと。お色気ムンムンでございます。
おっと、今度は「妙齢」が気になりました。きょうは言葉に引っかかる日のようです。ほうほう、「妙」は「若い」意味であって、幾つくらいと特定はしないようです。
ふーん、じゃあ気が若いから自分も「妙齢」でいいのかぁと厚かましく考えたら、「特に女性にいう」そうで、あーらま、残念でした。

過去のきょう 2018 オオモクセイ 2016 ガマズミ 2015 ツクバネガシ 2014 ヒメザクロ 2013 ニッサボク 2012 ツルニンジン(ジイソブ) 2011 アラカシ 2010 ユーパトリウム 2009 キバナノツキヌキホトトギス 2008 エゾユズリハ 2007 アキカラマツ 2006 ツリフネソウ 2005 シュウメイギク(ピンク) 2004 タイワンホトトギス

| | コメント (0)

10月15日(火) イロハモミジ

191015iroha
酷かった台風が抜けたあと、急に涼しくなりました。イロハモミジも、標高によってはそろそろお化粧を始めることでしょう。そんな微妙な季節に、いやいや、緑の葉だって十分に見せてくれるじゃないかと名残の一枚です。
イロハモミジはすでに8回も登場させているわりに、緑の美しさを称えたことはありませんでした。4月に花8月に実を各1回取り上げてはいても、緑の葉は脇役に甘んじています。あとの6回はすべて11月以降で、当然に主題は紅葉です。
というわけで「今年最後の緑」に挑んでみたら、いつもながらに「へぇ」でした。背景の黒みに浮かぶ光の球です。意識していませんでした。
完全に黒く飛ばせると考えた木々の葉陰にもごくごく小さな穴があったようです。これを「技」として意図的に使えたら「ウフフ」なわけで、来月にまた同じこの場所に立ってみますか。馬鹿ですねえ。背景の木々は葉を落としているでしょうよ。

<11月以降のイロハモミジ>11月8日(2005年):染まり初め ☆ 11月8日(2008年):紅葉・翼果 ☆ 11月16日:紅葉(染まり漏れ) ☆ 11月19日:境内の紅葉 ☆ 11月27日:オオモミジと葉の比較 ☆ 12月9日:遊び写真

過去のきょう 2018 キイジョウロウホトトギス 2017 ツルギキョウ 2016 ノダケ 2015 コメナモミ 2014 マルバルコウ(マルバルコウソウ) 2013 ワレモコウ 2012 テイカカズラ 2011 トウネズミモチ 2010 オオオナモミ 2009 シロホトトギス 2008 ツルシキミ 2007 オオベンケイソウ 2006 クズ 2005 シュウメイギク 2004 ノブドウ

| | コメント (0)

10月14日(月) タイアザミ

191014taiazami1
ソローリ・ソロリ…タイアザミの茎葉に擬態していたボクは、ようやく訪れた獲物を見つけ、抜き足・差し足で待機場所から歩を進めたのです。
191014taiazami2
あと一歩のところまで近づき、さあ手をのばそうとした瞬間、ナミアゲハのヤツはヒラリと飛び上がってしまいました。よくあることです。ボクだって失敗ばかりしているわけではなく、きっちりとオオスズメバチを捕まえたこともあるのです。
191014taiazami3
それなのに、ボクを撮っていたジジイは声を上げて笑いやがったのです。さらに、そのボクに接写レンズを向けて「トロいヤツだなあ、お前」と呟いたのです。
許せません。同情するべき他人の失敗をあざ笑うなんて、あいつは人間の屑です。七代かけて呪ってやるから、覚悟しやがれ~。

過去のきょう 2018 ザミア・フルフラセア 2017 クマノミズキ 2016 アカシデ(ソロ) 2015 サワフタギ 2014 キミノクロガネモチ 2013 サネカズラ 2012 ナルコユリ 2011 ヨモギギク(タンジー) 2010 ヒルムシロ 2009 ヒシ 2008 ヒメマツバボタン 2007 ベンケイソウ 2006 ホトトギス 2005 ポポー 2004 キツネノマゴ

| | コメント (0)

10月13日(日) ヤツデ

191013yatude
まるで粘土細工です。陶芸でカップなど作るのを見ていると、取っ手をこんな風にペタッと貼り付けるわけで、あんなくっつけ方で大丈夫かなぁと心配します。もちろん、買い求めたカップの取っ手がはずれたことはないので、杞憂ではあります。
その取っ手と同じで、ヤツデの葉っぱもなかなかのことで枝からはずせるものではありません。つき方がつき方だし、色もこう違うので、パカパカとれそうなのに、面積がやたらに広い葉を風から守る力は、見かけとはあまりに違いすぎます。
それなのに、時期が来るとこの葉柄はあっけなく枝から落ちます。残った葉痕は緩いUの字型で、早い話がネックレスです。上辺にはなんの痕跡も残さないくせにあれだけの強さを保っているなんて、どうにも信じられない思いです。

過去のきょう 2018 シャクチリソバ 2017 キレンゲショウマ 2016 ホソバヒメミソハギ 2015 コバギボウシ 2014 カラスウリ 2013 ツマベニアナナス 2012 ヤマハンノキ 2011 ツリバナ 2010 デンジソウ 2009 センキュウ 2008 ハグマノキ 2007 ユキザサ 2006 ナワシログミ 2005 イヌサフラン 2004 ガマズミ

| | コメント (0)

10月12日(土) ヤブラン

191012yaburan
コクサギの実(きのうの記事)なら、いくらふんだんに稔ったところで枝が撓むなんてことはありません。しかしヤブランがこれだけ豊かに結実すると、話は違います。とてものこと、茎はその重さを支えきれずに倒れてしまいました。
それだけなら、このあとで脱落する実があったり、残った実も枯れ上がったりしてくれると、茎は再起する可能性がありました。ところが自然はなかなか甘くなくて、なにかの蔓がこの穂を抑え込むようにのびてしまったのです。
これでこの穂が高さを稼げる目はなくなってしまいました。あ、ワタシがあれをはずしてあげれば良かった?というのは、いま、部屋のなかで思うことで、そんなお節介心など浮かぶ余地もないほど、野良歩きは楽しかった…としておきましょう。

<ヤブランの実:この前後の様子>9月末(花から実へ) ☆ 11月中旬(緑から黒へ) ☆ 2月末(漆黒の枯れ上がり)

過去のきょう 2018 タイワンアカマツ 2017 フシノハアワブキ 2016 ヤブツバキ 2015 カラコギカエデ 2014 ヤブツバキ 2013 サガリバナ 2012 ハマビシ 2011 テリハハマボウ 2010 カシワバハグマ 2009 ベニバナチャ 2008 ナツメ 2007 ジュウガツザクラ 2006 ヤブタバコ 2005 ダンギク 2004 コムラサキ

| | コメント (0)

10月11日(金) コクサギ

191011kokusagi
あした、荒れてくれそうな台風19号は915hPaだそうで、この数値ってどれだけ下がるものなのでしょう。興味のある人は多いらしく、ネットには情報がたくさんありました。ひえ~、870というのがあったんですか。恐ろしい~。
という子供っぽい面白がりが消えなくて、コクサギのこんな枝を見つけて、「スゲー、スゲー」と一人で興奮してしまいました。過去最高の稔り具合です。
去年はヤマコウバシが異様に実をつけていました。わりとマイナーなこれらの木が「自分たちにももっと注目してほしい」と代わりばんこにデモンストレーションしているように見えてなりません。いや、ヤマコウバシは受験グッズとしてこのごろ名を上げているので、コクサギにもなにか売り出し作戦を考えてあげたいものです。

過去のきょう 2018 コブナグサ 2017 エノキグサ 2016 ツユクサ 2015 ミズカンナ 2014 ツルドクダミ 2013 ダリア(雪乃) 2012 ウンナンオガタマ 2011 ツヅラフジ(オオツヅラフジ) 2010 アメリカセンダングサ 2009 コンニャク 2008 クマノミズキ 2007 ハブソウ 2006 サンショウ 2005 ワタ 2004 ケープヒルムシロ

| | コメント (0)

10月10日(木) ホソバタデ

191010hosobatade
細葉というくらいで、タデのなかでも異様な細さの葉です。そのわりに柄部分はガッシリと太めなので、初めは無柄かと思いました。
その細長い葉がヘラヘラとたゆたう上に茎もヘナヘナと心許なく、草姿全体がまるでゴミ屑のようで、これはこれで大きな特徴です。わりとたくさんついている蕾が開いても花びらはなく、4つか5つに割れる萼のなかにシベがあるだけです。
「ヤナギタデの変種で、葉に辛みがあるので、ヤナギタデと同じく蓼酢などに用いられる」と、たいがいの図鑑にはあって、「ふふ、ヤナギタデ、新潟の畔道で見たもんね」と古い記憶が甦りました。ところが、自分の索引にはそれがありません。
そう言えば、たしかにその記憶には撮影の動作が伴いません。昔のことでガラケーさえなく、不用意の遭遇では画像記録ができなかったようです。
というわけで、このブログにはよくあることとは言いながら、またもや「裏(変種)から入る」という人聞きの悪い話になってしまいました。

過去のきょう 2018 ヒメザクロ 2017 コバノチョウセンエノキ 2016 ヤナギバルイラソウ 2015 ウラジロモミ 2014 シラハギ 2013 ハマビワ 2012 キバナアキギリ 2011 バナナ 2010 アキノウナギツカミ 2009 ハゼノキ 2008 カラハナソウ 2007 アブラガヤ 2006 リンドウ 2005 ソバ 2004 シャリンバイ

| | コメント (0)

10月9日(水) カジカエデ(オニモミジ)

191009kajikaede
楓(かえで)とくれば紅葉でしょうに、カジカエデが真っ赤に色づいたところを見たことがありません。ネットにはけっこうきれいな写真が載っているので、自分の運がまだ足りないのでしょう。そこで、保険というか予約というか、早めの一枚です。
ただ、負け惜しみではなくて、なかなか感動しました。いままでカジカエデを葉っぱ主体で見てこなかったツケみたいなもので、形にも風合いにも惚れ直しです。
そしてついでに、「やっぱり似てないよね」と呟き直しです。標準和名カジカエデの由来は「葉がカジノキのそれに似るから」とされるのが専らでも、自分の目では二つはかすりもしないのです。葉や実が勇壮だからという理由のオニモミジ(別名)の方が受け入れやすくて、4回目登場の今回も、お題から括弧書きがはずせません。

過去のきょう 2018 ツルギキョウ 2017 テンニンソウ 2016 ホソバアキノノゲシ 2015 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) 2014 ミクリ 2013 サクラタデ 2012 シナノキ 2011 ツルウメモドキ 2010 アキニレ 2009 ツルドクダミ 2008 オケラ 2007 オヤマボクチ 2006 アロニア 2005 ギンモクセイ 2004 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

10月8日(火) ハスノハカズラ

191008hasunohakazura
南紀でたまたま見て以来、赤く色づいたものどころか、青い段階の実にさえ会えていません。あのあと、花は見つけているだけに寂しいことです。
今回も、大きな群生に出会い、どうじゃ、どうじゃ?と探しまくったのに、結果は残念賞でした。花を撮ったとき、雌花らしきものには今ひとつ自信が持てなかったのが心に引っかかります。あるいは地域的に関東ではダメなのでしょうか。
そんなわけで気持ちはモヤモヤながらも、光を透かした葉はスッキリきれいです。ただ、実が見つからない遺恨からか、素直に「蓮の葉」には見えません。
191008hasu
実物比較をしてみるか…と「本物」も陽にかざしてみました。柄の付け根のズレ具合は文句なしにそっくりです。ただ、葉脈がだいぶ違います。初めて正体がわかったときは、「じつに見たままの名前」だと言ったくせに、今度は難癖です。

過去のきょう 2018 オオカナメモチ 2017 ツルアジサイ 2016 ベニバナトキワマンサク 2015 ユーカリノキ 2014 ニンジンボク 2013 ネコノチチ 2012 ボタンヅル 2011 オクモミジハグマ 2010 ヤマハッカ 2009 ハネミギク 2008 ホソバヒメミソハギ 2007 マツカゼソウ 2006 ユウゼンギク 2005 カリガネソウ 2004 ギンモクセイ

| | コメント (0)

10月7日(月) サカキ

191007sakaki
サカキの実は今回が三度目の登場です。過去は11月12月のそれぞれ末で、12月はもちろん、11月でも実はもう完全に黒熟していました。
それがこの時期だとまだこんなに新鮮な色合いでした。花は6月の末だったので、それから3カ月は緑を保ち、数もまだ全然失っていません。したがって、サカキの実の勝負はここからで、残りの3カ月、上手に「加齢」していかなくてはなりません。
そんな若い実を見て、この時期はまだ雌シベがしっかり残っていることに気づき、あらためて11月や12月の写真を確認したら、その時期までサカキの実はしっかりと雌シベの柱頭を残していました。毎度毎度の観察の甘さです。
花のときは雄シベに埋もれて慎ましやかだった雌シベなのに、鬱陶しい旦那が身罷ってしまうと、それからは子供と一緒に堂々の人生だなんて、あまりにもできすぎの話ではありませんか。サカキのことがなんとなく嫌いになってきました。

過去のきょう 2018 タイヌビエ 2017 ゴキヅル 2016 トウガラシ(ブラックパール) 2015 チョウマメ(クリトリア) 2014 ペンタス 2013 シマスズメノヒエ 2012 コクテンギ 2011 オオミサンザシ 2010 ハッカ(ニホンハッカ) 2009 ヒメヒゴタイ 2008 ミヤギノハギ 2007 コガネバナ 2006 ヤマジノホトトギス 2005 オギ 2004 ハス

| | コメント (0)

10月6日(日) イポメア・トリカラー、ほか

191006tricolor
前に取り上げたテラスブロンズが渋系イポメアの極みだとすれば、こちらは派手系イポメアの一番手だろうという思惑で撮影しました。名前(Tricolor)どおり、ピンク・白(淡黄)・緑が混じる葉は、遠くからでも目を惹きます。そして、近づいて見ると茎の色も生長段階によってそれぞれで、なかなか芸達者なヤツだと感心します。
191006lime
ただ、なにを派手と見るかは人それぞれだろうと思い直し、こんなイポメアにもレンズを向けてみました。これは例の「テラスシリーズ」の一角を成すテラスライムです。
191006maple
そしてこうなれば「テラスシリーズ」の残り一つもここに載せたくなります。テラスメープル、色も形も垢抜けています。一足早く紅葉を見るようなもので、モミジの木の下をこれで敷き詰めたら、ずいぶんと奇抜な錦秋を楽しめそうです。

<補注> 「テラスシリーズ」三品はサントリーフラワーズの商品なのに対し、トリカラーは素性(開発者)がわかりません。

過去のきょう 2018 セイタン 2017 ミズナラ 2016 イソフジ 2015 マーガレットコスモス 2014 シナユリノキ 2013 ナンヨウザクラ 2012 ツルボ 2011 キセルアザミ 2010 アンズ 2009 ヤマボウシ 2008 タラヨウ 2007 コメナモミ 2006 シラハギ 2005 コブシ 2004 ザクロ

| | コメント (0)

10月5日(土) カラスザンショウ

191005karasuzansyou
これはあの台風15号のせいか、そのあとの17号のせいか、ふと見上げたカラスザンショウの太めの枝がバリリンと割れ、白い木目が陽に輝いていました。
ずいぶん白くてきれいな材だなぁと感心し、記録しておくことにしたものの、絡めて撮りたい葉(カラスザンショウの証明)がどうあがいても写し込めません。左奥の緑色物体は別の木の葉なので、これは思い切りぼかしておきました。
さて帰宅してこの部分を切り出してみたら、葉っぱなどまるで無用でした。はるか空中の枝までこれだけ刺々しいとはさすがにカラスザンショウです。
さて、テーマはこの材です。調べたら、「用途は特になし」だそうで、たしかに組成が荒い感じで質(たち)が悪そうです。実は食べる気にもならない性状だし、木は使い物にならないどころか触る気にもならない…ここまで人間に媚びないカラスザンショウというのは、なにか崇高な存在なのではあるまいかと思えてきます。

過去のきょう 2018 エノキグサ 2017 シロガネヨシ(パンパスグラス) 2016 アレチウリ 2015 オニヤブソテツ 2014 ホソバオケラ 2013 ガマ 2012 ナツハゼ 2011 コナラ 2010 デュランタ(タイワンレンギョウ) 2009 フジカンゾウ 2008 センブリ 2007 コバノガマズミ 2006 オオバショウマ 2005 ヒガンバナ(農薬変化) 2004 キンモクセイ

| | コメント (0)

10月4日(金) ステルンベルギア

191004sternbergia
あ、ステルンベルギアだ!と、この覚えにくい名前がスルッと出てきたのはうれしいことでした。13年前の今ごろ掲載したきりだったし、その間、植えてくれるところはまったく増えないので、記憶が消滅もしくは減耗している恐れが十分でした。
すぐに忘れるだろうとあきらめがちの名前が案外に頭に残るという現象は、昔からソラヌム・ラントネッティーとかオステオスペルマムで体験済みです。意味を理解しなければ覚えられないだろうというのは自分の勝手な思い込みで、ものの名前はリズムや語呂や弾み(?)でしっかり記憶に組み込まれることがあるようです。
ただ、この写真には反省しきりです。まず絞りを開放(F2.8)のままで撮ってしまったことです。ボケ味が好きなのでいつもそう設定していて、このときも特に考えることなくパシャパシャとやってしまいました。そのせいで、ヒガンバナ科の証明である苞でくるまれた蕾(花より奥側)がボケてしまいました。
さらに、苞にくるまれているなら、そのなかに花は複数あるはずなのに、それを確認しようとはまったく考えつきませんでした。ここに載せるに当たって写真をつらつら眺めていて、アーァと自分に腹を立てているわけです。
さて、これらの課題を解決するために、すぐまたこの場所に出向くべきか、あるいは球根を入手して、来年以降に手元で思うさま撮りまくるか、やや苦しい二択です。

<補注> 1カ月も経ってからこの場所を訪ねたら、花はとうに終焉し、ステルンベルギアがヒガンバナと同じ生態であることだけを確認してきました。(2019年11月7日

過去のきょう 2018 ヒヨクヒバ 2017 アワブキ 2016 サザンカ 2015 ハンノウツツジ 2014 ホソバヒイラギナンテン 2013 シナサワグルミ 2012 クサヨシ 2011 ナガエコミカンソウ 2010 ギンミズヒキ 2009 アキグミ 2008 イノコヅチ 2007 キジョラン 2006 シラヤマギク 2005 ウスギモクセイ 2004 メキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (0)

10月3日(木) クリ

191003kuri
栗拾いを楽しめるまではあと少しの感じです。ということは、先日食べたゆで栗は早生タイプなのか、なんらかの方法で早めに出荷されたものだったのでしょう。
その栗を、ウチの奥方が「栗剥き鋏」でチョキチョキやっていたのには驚きました。何年か前、ワタシが金物屋の店先で「そんなもの」を見つけ、「あんなもの、誰が買うんだろうねえ」と笑い合ったはずなのです。「包丁があれば済む話なのにねえ」と言い合ったはずなのです。少し強い口調でワタシがなじるのも道理だったと思います。
ところが奥方、落ち着いたものです。「包丁でやるのは手が痛いのよ。危ないしね」「ほら、これなら簡単でしょ」「これ、食べていいよ」と示された大ぶりの剥き栗4個をパクパクやってすっかり満足した爺さんは、スゴスゴと退散するばかりでした。

<クリの過去記事>5月27日:雄花の咲き始め ☆ 6月3日:雌花 ☆ 6月12日:雄花(満開状態) ☆ 6月23日:雌花、雄花 ☆ 7月16日:実、雌花の残骸 ☆ 7月23日:若い実

過去のきょう 2018 センニチコウ 2017 ナツエビネ 2016 ナンテンハギ 2015 コウホネ 2014 ビャクブ 2013 タカノハススキ 2012 ヤマコウバシ 2011 キャラボク 2010 アオハダ 2009 サイカチ 2008 エゴノキ 2007 ノブキ 2006 マルバハギ 2005 タケノコイモ 2004 クサギ

| | コメント (0)

10月2日(水) サワギキョウ

191002sawagikyou1
その花じゃなくて、もっと前、右側の花びらにしがみついて、背中をシベにこすりつけるんだよ…なんて指導がクマンバチに通じるわけはなくて、あっと言う間に飛び去ってしまいました。右の翅が千切れているのに、元気なものです。
サワギキョウまでがクマバチ媒花かどうかは不明でも、マルハナバチとは仲良しらしいので、大型の蜂が花粉媒介をするのは事実のようです。そんな彼らの行動の成果が写真の左下に連なって見えています。
191002sawagikyou2
ちょっとだけクチナシの実を思わせる、魅力的な形です。萼の下側が膨らむから、サワギキョウは下位子房タイプ、というのはこのごろの新知識です。

過去のきょう 2018 ハイビスカス・アーノッテアヌス 2017 ウバメガシ 2016 コウヤボウキ 2015 ナンテン 2014 ムクゲ(ルーシー) 2013 サザンカ 2012 オオケタデ 2011 ソリダスター 2010 ヤブマメ 2009 スイフヨウ 2008 ハナヅルソウ 2007 タマシロオニタケ 2006 ステルンベルギア 2005 ガマズミ 2004 クジャクソウ

| | コメント (0)

10月1日(火) カラタネオガタマ

191001karatane
あ、空種(からたね)じゃなかった…というのはオヤジギャグ以下の軽口です。花の香りにばかり拘っていた唐種(からたね)オガタマの実を見つけました。
郵便ポスト色でやや扁平という種はモクレン属(Magnolia)に共通のパターンです。ただ、ふつうのオガタマノキがそうであるように、この仲間の実はゴツゴツとたくさんの種が寄り集まるのに比べ、唐種はずいぶんとあっさりめでした。
花のときから2個並んで咲くのか、それとも1個の花が2個の実をつけるのか、花から実への変化過程を観察する課題ができました。おっと、それより先に、この種もまたミヨーンと白い糸でぶら下がるのかを確認しなくてはなりません。

過去のきょう 2018 タンバホオズキ 2017 ラセイタソウ 2016 シカクマメ 2015 ナガボノシロワレモコウ 2014 ヒメジソ 2013 ジュズダマ 2012 サンショウ 2011 ハゼノキ 2010 ウラジロハコヤナギ(ギンドロ) 2009 チャノキ 2008 プルメリア 2007 アケボノソウ 2006 ゴンズイ 2005 ハゲイトウ 2004 シュウメイギク

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »