« 6月7日(金) センダン | トップページ | 6月9日(日) キュウリノキ(ナガバノゴレンシ) »

6月8日(土) ムラサキ

190608murasaki0
あまりに悲しかったのはこれが室内展示品だったことです。秩父・武甲山でこれが保存栽培されていて、それを公開しているというので駆けつけました。
たしかに、百聞は一見に如かずで、前に「もしかしたらセイヨウムラサキか」と補注をつけた一品は、明らかに本物とは違いました。両種の差を端的に示すのが最初の写真で、本物は情けないほどにヒョローンと一本立ちでした。洋物は枝が元気よく横へのびて、ざっと見た感じがもうワサワサしているのです。
190608murasaki1
そして花や葉の違いです。本物の花は純白でやや大きめ(直径1cm程度)、洋物の花も白くはあっても、帯黄白色と言われてややミルキーなのです。サイズも両方見ると納得で、キュッと詰まり気味に感じます。葉は本物の方がずっと毛深く、そして葉脈もまるで平行脈に見えてしまうほどに縦に深く走ります。 190608murasaki2
今回はヤッコラサッコラ出かけたわりには酷い写真しか得られない悲しい遠征だったものの、唯一の「やったね」はこの一枚です。滅多矢鱈には見られない紫根はなるほど高貴なご様子で、つまらない2枚の写真をカバーしてくれそうです。

過去のきょう 2018 フクギ 2017 ヒゼンマユミ 2016 オオバヤシャブシ 2015 ハマクサギ 2014 イ(イグサ) 2013 トネリコ 2012 カラスムギ 2011 ジャーマンアイリス 2010 カナウツギ 2009 ギンリョウソウ 2008 アケボノフウロ 2007 シロバナヤエウツギ 2006 ウラジロチチコグサ 2005 モミジルコウ(ハゴロモルコウソウ) 2004 ナンキンハゼ

|

« 6月7日(金) センダン | トップページ | 6月9日(日) キュウリノキ(ナガバノゴレンシ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月7日(金) センダン | トップページ | 6月9日(日) キュウリノキ(ナガバノゴレンシ) »