« 6月17日(月) ヤブニッケイ | トップページ | 6月19日(水) ムクロジ »

6月18日(火) フタマタイチゲ

190618hutamataitige
梅雨とは名ばかりの強烈光線の下、あれれ、お前は!?と眉をしかめました。前回は名前の「フタマタ」をからかったのに、今度は「イチゲ」を糾弾です。
○○イチゲというのはだいたいが早春植物であって、いまごろは姿を消します。なのにこの勢いはなんとしたものですか。何階建てにも茎がのびて、4月に見たときよりは倍ぐらいの高さになっているではありませんか。
…という驚きは単に無知のさらけ出しでした。キンポウゲ科イチリンソウ属(Anemone)には、たしかに早春植物の一群があるものの、属名をそのまま名乗るアネモネもあればシュウメイギクもこの属で、決して「フタマタ」だけが異常ではないのでした。
思わぬ事実を知って「知恵がついたなぁ」と喜ぶ気持ちの一方で、「属っていったいなんなんだよぉ」という怒りもフツフツで、始末の悪い素人です。

<「正常」なイチゲたち> ☆ イチリンソウ ☆ ニリンソウ ☆ キクザキイチゲ ☆ ユキワリイチゲ ☆ アズマイチゲ ☆ ヤブイチゲ

過去のきょう 2018 ウリノキ 2017 コルクガシ 2016 ベニバナヤマシャクヤク 2015 サワフタギ 2014 ワタナベソウ 2013 コクテンギ 2012 ヒルザキツキミソウ 2011 ハナショウブ(沖津白波) 2010 テイカカズラ 2009 クロバナロウバイ 2008 イワタバコ 2007 ニッコウキスゲ 2006 ベニバナ 2005 マツバギク 2004 サルスベリ

|

« 6月17日(月) ヤブニッケイ | トップページ | 6月19日(水) ムクロジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月17日(月) ヤブニッケイ | トップページ | 6月19日(水) ムクロジ »