« 5月13日(月) オッタチカタバミ | トップページ | 5月15日(水) ミヤマヨメナ »

5月14日(火) イチョウ

190514ityou1
ついに撮影できたイチョウの雌花です。ここ数年、いまの時期はかなり熱を入れて探しまくっていたのに、ずいぶんと手間取らせてもらいました。
ただし、これはズル画像で、この枝は拙の指が支えています。地上には途中挫折組の卵子(と柄)がたくさん落ちているのに、いくら見上げてもそれをつけた枝が見当たらないのです。今年もダメかとうなだれたら、風折れして落ちたこの枝がありました。
つまり、イチョウの雌花(卵子)はこのように短枝につき、その短枝ができる枝は目視では見つけにくい高所にあるらしいのです。今回は時期的にかなり遅すぎたので、次は木の高みに肉薄しやすい雌株を見つけておく必要があります。
190514ityou2
拾った短枝を大事に持ち帰り、カットモデルを作ってみました。卵子の先が尖っているのは穴のあった痕で、そこから雄花の花粉が入り込み、丸く窪んでいる室の液のなかで秋まで生長し、精子となってようやく雌雄合体が起きると言います。 190421ityou_m
その花粉を送る雄花がこれで、撮影は先月21日です。魚の白子を思わせる葯がまだ割れていなくて若い段階ながら、この1週間後には穂がすっかり枯れ落ちました。雌花に負けず劣らず、ベストショットを得るのには苦労させられます。

<補注> 文中で「卵子」としているのは牧野博士の説に従ったもので、イチョウの雌花相当部分は一般には「胚珠」と表現されます。

過去のきょう 2018 野沢菜 2017 メキャベツ  2016 トウダイグサ  2015 ゲウム(セイヨウダイコンソウ、ベニバナダイコンソウ)  2014 ベニウツギとタニウツギ  2013 シライトソウ  2012 アメリカアサガラ  2011 アオハダ  2010 コンニャク  2009 ギシギシ  2008 オオカメノキ  2007 ヤセウツボ  2006 タラヨウ  2005 ゼニアオイ  2004 エゴノキ

|

« 5月13日(月) オッタチカタバミ | トップページ | 5月15日(水) ミヤマヨメナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月13日(月) オッタチカタバミ | トップページ | 5月15日(水) ミヤマヨメナ »