« 4月20日(土) イボタノキ | トップページ | 4月22日(月) ワラタ(テロペア・スペシオシッシマ) »

4月21日(日) ミツバツチグリとヤエノミツバツチグリ

190421mitubatutiguri
HP(増補版)には収録しているのにこちら(ブログ)には入れ忘れたままという草木が少なくなくて、「もしや?」とミツバツチグリを撮ってみたら正解でした。10年以上前に更新をやめたHPの内容にまだ追いつけない牛歩ブログです。
で、そのHPの2006年記事を読み直したら冷や汗が出ました。ツチグリを草本と解しています。「え、ツチグリってキノコだぞ」とこのごろ掲載した記事を確認し、「どうしてこんな間違いをしたんだ!」と過去の自分を激しく責めました。
ところが、なのです。落ち着いてツチグリのことを調べたら、それはキノコのツチグリ(Astraceus hygrometricus)ではなく、ミツバツチグリと同じバラ科キジムシロ属であるPotentilla discolor(未収録)のことなのでした。つまりずっと昔の自分の方がいまよりしっかり勉強していたことになります。冷汗三斗(注)ならぬ冷や汗二度です。
190421yae
ああ、バカな親父ギャグをひねっている場合ではなくて、せっかく出番を得たミツバツチグリが「八重ちゃんも載せてくれ」とせがみます。
この八重のミツバツチグリの出自はまったくわかりません(注)。自然発生するとも言うし、園芸店で売っていたという情報もあります。この写真はかなりの昔に某植物園で撮りました。いま見直せば雄シベはしっかり存在していて、この八重は雄シベが変化したものではなく単純に花びらが分化したものに思えます。
と、通ぶって細かいことを言っても、それがこの八重ちゃんの秘密解明にはいっこうにつながらず、これでどうやら冷や汗が三度になりました。

<補注> 冷汗三斗(れいかんさんと)は強烈に恥をかくたとえです。なお、ヤエノミツバツチグリは分類的にはミツバツチグリの品種(f.)という扱いです。

過去のきょう 2018 ヌルデ 2017 エゾノウワミズザクラ 2016 マルバノキ 2015 ウグイスカグラ 2014 シロヤブケマン 2013 コナラ 2012 クッカバラ(フィロデンドロン・クッカバラ) 2011 アブラチャン 2010 チューリップ(突然変異) 2009 ハラン 2008 ニワトコ 2007 オーニソガラム 2006 ヤマグワ 2005 ニワトコ 2004 ムクロジ

|

« 4月20日(土) イボタノキ | トップページ | 4月22日(月) ワラタ(テロペア・スペシオシッシマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月20日(土) イボタノキ | トップページ | 4月22日(月) ワラタ(テロペア・スペシオシッシマ) »