« 2月8日(金) アガベ・吉祥冠 | トップページ | 2月10日(日) ネオベンサミア・グラシリス »

2月9日(土) ギョリュウモドキ(カルーナ)

190209calluna

この時期は公園などの花壇はビオラばかりなのに、あれれ~、なんだかワケのわからないコーナーがありました。高さ20cmほどの枝がパオパオと一面に茂り、そこに小さな飾り餅のような物体が無数についているのです。
寄ってみました。飾り餅はどうやら花とその蕾のようです。枝先にはこれからのびるであろう葉芽があり、株元にはクチュクチュした葉がついています。
引いてみました。ピンクに見えるもの、白&緑のもの、あとオレンジに見えるものなど、いくつかの種類が混植されていました。そして、「カルーナ」という名札もあったので、労せず正体が知れました。ただし、カルーナにはいくつも種類があり、それらの寄せ植えということで、きょうのタイトルは種名にとどまります。
そのカルーナは学名であるとともに園芸名でもあります。一方、和名のギョリュウモドキは妙に重々しくて、双方のギャップが大き過ぎです。名前を貸してあげたギョリュウが「俺、そんなチビじゃないけどね」と笑っていそうです。

<補注1> ギョリュウモドキは名前(英名)的にエリカと近いだけでなく、近縁でもありました。(2020年12月7日
<補注2> 蕾の存在はハッキリしないくせに、株全体の色目がクッキリきれいなカルーナがありました。(2021年2月11日

過去のきょう 2018 ツルギキョウ 2017 リュウキュウカンヒザクラ 2016 キンギョバツバキ 2015 アリマウマノスズクサ 2014 ヘンヨウボク(クロトンノキ) 2013 フブキバナ 2012 クズ 2011 グズマニア 2010 セントポーリア 2009 タチツボスミレ 2008 カリン 2007 ハラン 2006 ツクバネガキ(ロウヤガキ) 2005 コエビソウ

|

« 2月8日(金) アガベ・吉祥冠 | トップページ | 2月10日(日) ネオベンサミア・グラシリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月8日(金) アガベ・吉祥冠 | トップページ | 2月10日(日) ネオベンサミア・グラシリス »