« 2月5日(火) アボカド | トップページ | 2月7日(木) ナツツバキ »

2月6日(水) カラテア・マコヤナ

190206calathea_makoyana
カラテア類は温室では下生え的によく植えられています。似たような葉ものが多いなかで、カラテアは茎がない、つまり地面から葉柄が出て、その先に葉が一枚つくという特徴で見分けます。ヒトツバと同じつくりです。
そんなカラテア類が中南米には300種もあるそうで、いろいろ目移りするなかから、かなり派手めのマコヤナを取り上げました。じつはこの派手さにさらに花を添えたくて、掲載をずっと控えてきました。上に「ヒトツバと同じ」とはしたものの、それは茎がないたとえであって、シダではないので立派に花はつけるのです。
このカラテア類をよく知らなかった昔、たまたまカラテア・クロタリフェラの花穂に目を奪われたことがあります。ほかのカラテアも、あのように苞が主体の花をつけるらしく、今回は待ちきれなかったマコヤナを始め、派手な上にもクドクドしい姿を撮影できないものか、悪い趣味に後押しされながら温室の逍遙は続きます。

<補注1> カラテア・ゼブリナ・フミリオを収録しました。(2019年2月16日
<補注2> このマコヤナを細身にしたようなランシフォリアを収録しました。(2019年2月28日

過去のきょう 2018 ハヤザキマンサク(ハマメリス・ベルナリス) 2017 ハルジオン 2016 アオノリュウゼツラン 2015 サンシュユ 2014 ハボタン(名古屋縮緬系) 2013 アシタバ 2012 ハルサザンカ 2011 ジュズダマ 2010 アイグロマツ 2009 ヒメシノ(コクマザサ) 2008 シュロ(ワジュロ) 2007 ヤバイ 2006 アリドオシ 2005 サンシュユ

|

« 2月5日(火) アボカド | トップページ | 2月7日(木) ナツツバキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月5日(火) アボカド | トップページ | 2月7日(木) ナツツバキ »