« 2月21日(木) マカダミア | トップページ | 2月23日(土) ムユウジュ »

2月22日(金) マツバラン

190222matubaran1
懺悔と悔悟が渾然一体の写真です。4年前、偶然に我が物となったマツバランを掲載したとき、その姿を「これがマツバランのすべて」とやっていました。
たしかに、葉や根はないという意味では「茎だけ」の植物ではあっても、シダ類ですから、こうして立派に胞子嚢という「茎以外のパーツ」がつくのでした。
190222matubaran2
まるで花の蕾のように見えても、三室に分かれたカプセルが開くと、そこから出るのは白っぽい粉(胞子)だけです。このカプセル(胞子嚢)は、若いうちは緑色で、それがだんだんに色が上がってきて、最終的には薄茶になります。
なぜいまごろ、マツバランの「その後」に気づいたかと言うと、あの偶発的到来品はいつの間にか姿を消していたからです。よそで初めて「茎以外のパーツ」を見つけ、懺悔と悔悟で動揺したために、二枚の写真は涙で滲んでいます。

過去のきょう 2018 キハダ 2017 ヒトデカズラ(フィロデンドロン・セローム) 2016 ハルジオン 2015 パラミツ(ナガミパンノキ、ジャックフルーツ) 2014 アスコセンダ(洋ラン) 2013 ハス(行田蓮) 2012 ヒメシャラ 2011 クコ 2010 ピレア・モリス 2009 ギンヨウアカシア 2008 フィカス・アルテッシマ 2007 クモマグサ 2006 ナガバジャノヒゲ 2005 ミヤマウグイスカグラ

|

« 2月21日(木) マカダミア | トップページ | 2月23日(土) ムユウジュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月21日(木) マカダミア | トップページ | 2月23日(土) ムユウジュ »