« 2月18日(月) デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ) | トップページ | 2月20日(水) パセリ »

2月19日(火) シナアブラギリ

190219sinaaburagiri1
自分のパーツが自分に刺さる…こういうことの起こる確率とはどのぐらいレアなものでしょう。しかし、前にも一度、同じような状況を見ています。はた衛門が二度見られるくらい、木々にとっては「よくある」事態なのでしょう
190219sinaaburagiri2
いや、シナアブラギリの冬の姿に驚いたのはそんな珍事ではなく、その先でした。それぞれの枝の先端は、これ、紛れもなく冬芽(頂芽)でしょうに、芽と言えばエネルギッシュでしょうに、この乾き具合はまるでミイラです。
ただ、調べると、たぶんこれでフレッシュ状態のようです。側芽はまだまだほんの赤ちゃん状態だし、花から始まって実の鑑賞だけにとどまっているシナアブラギリとの付き合いは、もう少し深めてみないといけないようです。

過去のきょう 2018 ミズヤツデ(ラシア・スピノサ) 2017 ココヤシ 2016 ジンチョウゲ 2015 シマムラサキツユクサ 2014 クスノキ、ほか2種 2013 キンカチャ 2012 エビモ 2011 タチバナ 2010 タコノキ 2009 キバナセツブンソウ 2008 バイモ 2007 カキナ 2006 マサキ 2005 オウレン

|

« 2月18日(月) デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ) | トップページ | 2月20日(水) パセリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月18日(月) デンドロビウム・ファレノプシス(デンファレ) | トップページ | 2月20日(水) パセリ »