« 2月13日(水) ビワモドキ | トップページ | 2月15日(金) オオホウカンボク »

2月14日(木) ヒトスジグサ(アグラオネマ・コスタツム・イムマクラツム)

190214hitosujigusa
そう言えばアグラオネマは一つだけ、しかも品種がわからずじまいのものを載せたままだったことを思い出しました。レオンの見直しもしていなくて、懺悔です。
などとしおらしげなことを言いながらヒトスジグサです。ふつう、アグラオネマ属の皆さんはアグラオネマ・○○と学名そのままで呼ばれるのに、このアグラオネマだけ(たぶん・注)はたいそう立派な和名をお持ちなのです。
ただ、ご面体を拝見すると、この特別好待遇には納得です。主脈が葉身と別色の場合、側脈にもその色が入り込みそうなものなのに、それが一切ありません。白一筋の主脈が偉そうに見えても、分をわきまえた側脈こそが傑物です。

<補注> 本文で「(和名を持つのは)このアグラオネマだけ」としたのは間違いだったことが早速わかりました。セスジグサというアグラオネマもあり、それはAglaonema costatumのことで、白一筋の主脈の脇に斑が入るようなのです。
対して斑のないこの写真のものはAglaonema costatum Var.immaculatumで、つまりセスジグサの変種がヒトスジグサという関係のようです。
というわけで、当初「ヒトスジグサ(アグラオネマ・コスタツム)」としていたタイトルに「イムマクラツム」を付け足しておきます。(2019年3月18日)

過去のきょう 2018 シナミズキ 2017 イワニガナ(ジシバリ) 2016 ヤクチ 2015 コクテンギ 2014 バンダ(洋ラン) 2013 オモト 2012 カラマツ 2011 ノカンゾウ 2010 ヘンヨウボク(クロトンノキ) 2009 リョウメンシダ 2008 コバノカモメヅル 2007 ナギイカダ 2006 アテツマンサク 2005 ヘンヨウボク(クロトンノキ)

|

« 2月13日(水) ビワモドキ | トップページ | 2月15日(金) オオホウカンボク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月13日(水) ビワモドキ | トップページ | 2月15日(金) オオホウカンボク »