« 2月9日(土) ギョリュウモドキ(カルーナ) | トップページ | 2月11日(月) ビャクダン »

2月10日(日) ネオベンサミア・グラシリス

190210neobenthamia_gracilis
わ、くす玉だぁ…とうれしくなりました。花の塊全体は男の握り拳ほどもあって、なかなか立派です。そして色合いがまた反則っぽいかわいさなのです。
ただし、このランの特徴は花ともう一つ、葉なのです。「くす玉」とともにこのランの説明には必ず出てくる「のよう」というのがそれで、ちょっとランっぽくありません。スッとのびる茎に次々と葉が出て、根生葉がふつうであるランとは異質です。
名前にネオとあるので、作出された園芸種かと思えば、タンザニアの山に育つ珍種(1属1種)でした。ベンサムさんという植物学者にちなんだ学名(Neobenthamia gracilis)だそうで、どうしてネオにされてしまったのか、どこかにネオではないベンサミアがあるものなのか、一つ知れば一つ謎が増える、困った世界です。

過去のきょう 2018 ダイオウマツ 2017 ヒメオドリコソウ 2016 ウラジロチチコグサ 2015 ベンガルボダイジュ 2014 球根ベゴニア(ハンギングタイプ) 2013 ミズバショウ 2012 イヌツゲ 2011 ナガバノモウセンゴケ 2010 カトレア 2009 ムサシアブミ 2008 ハマボッス 2007 ナワシログミ 2006う ウメ(紅梅) 2005 ジャノメエリカ

|

« 2月9日(土) ギョリュウモドキ(カルーナ) | トップページ | 2月11日(月) ビャクダン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月9日(土) ギョリュウモドキ(カルーナ) | トップページ | 2月11日(月) ビャクダン »