« 1月17日(木) タイワンツバキ | トップページ | 1月19日(土) ヤッコカズラ(フィロデンドロン・ペダツム) »

1月18日(金) アオギリ

190118aogiri
まさかのスケスケルックでした。どういう役目かよくわからない実の莢は、12月なかごろには枯れ色ながらもまだゴワついて丈夫なものだったのに、あれからの1カ月というのは、まさに寒晒しの期間だったのでしょう。
それにしても、あのころにはすでに自然離脱した仲間も少なくなかったのに、いまこうして見上げれば、「枝を離れたくない」莢と種がまだこんなにいます。
落ちてこそ役割全うの莢と種なのに、なにをそんなにしがみつくのでしょう。あ、そう言えば国産横綱さんの「散り方」を世間はどう評価することでしょう。一方で先任横綱さんは土俵際をクルクル舞いながらも勝ちを拾っていて、たぶんこのアオギリの莢のように、白く抜けるまで散らずに居残るのでしょうなあ。

過去のきょう 2018 コウヤワラビ 2017 アカリファ・ウイルケシアナ 2016 フサフジウツギ(ブッドレア) 2015 ホウレンソウ 2014 ハイカンツバキ 2013 ハンノキ 2012 サンジャクバナナ  2011 シマナンヨウスギ 2010 キジョラン 2009 シロヤブツバキ 2008 サザンカ 2007 カクテル(つるバラ) 2006 ホトケノザ 2005 キソケイ

|

« 1月17日(木) タイワンツバキ | トップページ | 1月19日(土) ヤッコカズラ(フィロデンドロン・ペダツム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月17日(木) タイワンツバキ | トップページ | 1月19日(土) ヤッコカズラ(フィロデンドロン・ペダツム) »