« 1月15日(火) ミルトニア・バートフィールド・ドロレス | トップページ | 1月17日(木) タイワンツバキ »

1月16日(水) ネリネ・ウンドゥラタ(ヒメヒガンバナ)

190116nerine_undulata
だいぶ苦しげではあっても、年の内からしぶとく・しぶと~く咲き続けています。そもそもの花びらが細くて縮れているので、枯れたあとでも色が濃くなっただけみたいなゴマカシ効果があります。冬にはありがたい、華やかな存在です。
じつはこの花よりも苦しげなのははた衛門でした。どうやら花びらの細いこの種類はNerine undulataで、和名をヒメヒガンバナというらしいのです。
ただ、ネリネにはもう少し花びらの幅が広い種類もあり、あちらはNerine sarniensis、およびそれを母種とする園芸種群なのです。さらにそれ以外にもNerineにはいくつかの系統があって、和名のヒメヒガンバナがどこまでをカバーするものか、いまの自分にはよくわからないのです。頼りのYListもNerineやヒメヒガンバナのことはまったく無視してくださっています。
自分の過去記事の写真を見直しても、2004年のものはundulataっぽいし、2011年のものはsarniensis系だろうとは思うものの、どちらも街でたまたま撮ったもので、その素性を調べることはいまとなっては不可能です。
というわけで、今回のタイトルは少し長くなったわりに、過去記事のタイトルはそのままにしておくことにしました。たった3文字で済んでいたものがじつはみんなとても不完全な名前だなんて、どうにも気色悪い事態になったものです。

過去のきょう 2018 ナガバハグマ 2017 シナマンサク 2016 ブーゲンビリア 2015 プリムラ・マラコイデス 2014 ラッキョウヤダケ 2013 ウメモドキ 2012 キカラスウリ  2011 コチョウラン 2010 ニオイザクラ(ルクリア) 2009 トボシガラ 2008 トウカエデ 2007 ユキワリソウ 2006 ウメ 2005 スズカケノキ

|

« 1月15日(火) ミルトニア・バートフィールド・ドロレス | トップページ | 1月17日(木) タイワンツバキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月15日(火) ミルトニア・バートフィールド・ドロレス | トップページ | 1月17日(木) タイワンツバキ »