« 12月24日(月) ペペロミア・アルギレイア(シマアオイソウ) | トップページ | 12月26日(水) シマサンゴアナナス »

12月25日(火) アマミヒイラギモチ

181225amami_hiiragimoti1
奄美の固有種で、現地でも絶滅が危惧されています。これは植物園で保護育成されているもので、見上げるほどの丈に育っていました。
雌雄異株なので、この時期に雌株を見られたのはラッキーでした。しかも、「ヒイラギモチ」という呼び方については、先月「認識改め」したばかりです。今回、「奄美版」を載せることでそのおさらいもできました。
181225amami_hiiragimoti2
この木が面白いのは、若い枝の葉がいかにもヒイラギっぽいことです。もっとも、若いと尖るのはヒイラギに限らずイブキでも見られるので、植物では特に珍現象というわけではなさそうです。もっとも、人間だってそういうことがあったりして、もうどうにも尖ることができなくなった男の目にはまぶしく映るツンツンです。

過去のきょう 2017 カラスザンショウほか(時間差離脱総集編) 2016 フユイチゴ 2015 モクレイシ 2014 サネカズラ 2013 マユミ 2012 モミ 2011 ルメクス 2010 コウヨウザン 2009 クロガネモチ 2008 ハマゴウ 2007 ノササゲ 2006 シロタエヒマワリ 2005 キンメイモウソウチク 2004 ボケ

|

« 12月24日(月) ペペロミア・アルギレイア(シマアオイソウ) | トップページ | 12月26日(水) シマサンゴアナナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月24日(月) ペペロミア・アルギレイア(シマアオイソウ) | トップページ | 12月26日(水) シマサンゴアナナス »