« 10月3日(水) センニチコウ | トップページ | 10月4日(木) ヒヨクヒバ(イトヒバ) »

追加編 : 台風被害の木々

181001akamegasiwa
きょうの本編で述べたように、台風24号はかなりの爪痕を残してくれました。その被害の一端を、倒れた木々から見てみます。
根こそぎとはまさにこのことで、直径20cmほどのアカメガシワがこのとおりでした。
181001sawara
こちらは、きょうの本編・ヒヨクヒバの元品種であるサワラです。直径40cmほどの主幹が根こそぎやられた上に、大枝がこうして数カ所折れていました。
こういう様子をヒヨクヒバと併せ考えると、サワラの系統はやや折れやすい(割れやすい)木質なのかもしれません。
181001niseakasia
これはニセアカシアで、用水をまたぐ橋になってくれたのはいいとして、さらに農道までふさいでくれたのは困りものでした。おかげでこの先の田んぼの持ち主たちは刈り入れどきに回り道を余儀なくされたのでした。

<追録> やや珍しい木であるシラキもやられていました。おかげで、と言えば不謹慎ながら、いかにも白い材質が確認できました。(2018年10月7日)
Siraki

|

« 10月3日(水) センニチコウ | トップページ | 10月4日(木) ヒヨクヒバ(イトヒバ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月3日(水) センニチコウ | トップページ | 10月4日(木) ヒヨクヒバ(イトヒバ) »