« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

9月30日(日) カシワバゴムノキ(フィカス・リラタ)

180930kasiwabagomunoki
葉の上に載せたカードとの対比からすると、大きな葉なら横幅は40cm前後ということになります。通販サイトは「室内観葉植物としてお薦め」などと安直に言ってくれるものの、こんなものを気軽に置けるお部屋なんてそうそうあるわけが…。
といういつもの僻(ひが)み節は脇に置くと、この葉はじつに魅力的です。部屋のサイズは別にすると(しつこい!)、やはり「大きいことはいいことだ(古い!)」的感覚は人間には備わっていると思わざるを得ません。
いつもの見慣れたゴムノキとは違う葉の形も、あるいはその色艶も、なにか新鮮に心に訴えかけます。葉の色合いの面白さということなら、以前、アルテッシマを取り上げてはいても、この雄大さとは比較になりません。さらに、軍配型の葉を持つフィカスということで言えばトリアングラスがあっても、性状がまるで違います。
などなど書き連ねているのは「これ、欲しい」のサインとは知りつつ、我がリビングに目を戻しては深いため息を漏らすはた衛門でした。

過去のきょう 2017年 アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) 2016年 ツピダンサス(斑入り) 2015年 クサボタン 2014年 ナナコバナ 2013年 コブシ 2012年 トウガラシ(八ツ房) 2011年 アシ(ヨシ) 2010年 ヒメムカシヨモギ 2009年 シモバシラ 2008年 ホソバヒイラギナンテン 2007年 リンドウ 2006年 ミドリマイ 2005年 コスモス 2004年 オオオナモミ

| | コメント (0)

9月29日(土) ネズミノオ

180929nezuminoo
去年の掲載よりは2カ月も早く、花穂にグッと迫ってみたのに、もう花は終わって、粟(アワ)の粒を思わせる実になっていました。花と言っても、どうせ例のイネ科の小穂(苞頴)なのだから…とは思いながら、かなりのくやしさです。
ただ、前回の写真は大雑把に過ぎたので、その補完くらいにはなるでしょう。単純な1本の穂だと思っていたこのネズミの尻尾は、じつはたくさんの小枝がビッシリと寄り添ったものとわかります。
などと書きながら、いまジワッと後悔しています。このアワ粒のような実をどうして試食してみなかったのでしょう。それはたぶんこうして拡大してみてこその後悔で、現場ではこれはまさにネズミの尻尾に見えたのだと思うことにします。

過去のきょう 2017年 マルバハタケムシロ 2016年 ミルトニア・スペクタビリス・モレリアナ 2015年 ヤマホタルブクロ 2014年 アオツヅラフジ 2013年 マツヨイグサ 2012年 ククイノキ 2011年 ナツユキカズラ 2010年 スズムシバナ 2009年 オオハナワラビ 2008年 クロサンドラ 2007年 マイヅルソウ 2006年 ハエドクソウ 2005年 ヒガンバナ 2004年 ハゼラン

| | コメント (0)

9月28日(金) シクンシ

180928sikunsi
久しぶりにシクンシを見ました。お昼前、11時半の撮影です。前に10時45分午後2時ころの状態を撮影していて、花の色合いの変化(白から赤へ)具合を少しだけ小刻みに確認することができました。
ただ、今回は前と違う木なので、単純な時間比較だけではないのがミソでもあり困ったところでもあります。まず、花びらの反り返りの強さが今回の目立つ点です。また、赤く変化したその色味がわりと単純な紅で、以前の木の花色は赤く変化したあとでも、ベースにピンクを強く含んで見えたのと少し違います。
そして紅白の混じり具合も今回の方がまばらです。同じ枝でも、まだ白いものともう真っ赤なものが交じっています。さらには蕾もたくさんあります。
調べて見ると、シクンシの花は1日目の夕方に開き(白)、翌日はピンクで、次の日に赤くなって落花するリズムなのだそうです。そういう目で見ると、この写真の中央下部には落ちた赤い花があって、これが4日目の姿なのでしょう。思いがけず写っていた花殻にも意味があるなんて、シクンシ恐るべしなのでした。

過去のきょう 2017年 アカガシワ 2016年 ヤマボウシ 2015年 クレロデンドルム・ウガンデンセ(ブルーエルフィン) 2014年 ナンテンハギ 2013年 ヒッコリー 2012年 ツルマメ 2011年 メヒシバとオヒシバ 2010年 セイヨウカラハナソウ(ホップ) 2009年 シオン 2008年 チョウジタデ 2007年 カンボク 2006年 ヤマジノホトトギス 2005年 ケイトウ 2004年 セイタカアワダチソウ

| | コメント (0)

9月27日(木) ヤツマタオオバコ

180927yatumataoobako
葉はいかにもオオバコなのに、花穂が全然違います。ヤツマタというくらいで、長くのびた穂がたくさん分岐して賑やかです。
例の八岐大蛇(やまたのおろち)と同じで、日本人はちょっと数が多いとすぐこの「八」を当ててしまいます。植物にはヤツデがあるし、サッカーファンには八咫烏が親しいし、落花生好きなら八街市を思い出すという具合です。
ただ、このヤツマタオオバコはトウオオバコ(未収録・海岸に多いらしい)の品種という位置づけです。いつもの中抜けはくやしくても、その欠けピースが見つかるときのうれしさに期待しておきます。おっと、収録すべきオオバコには、そのトウオオバコと姿が似るセイヨウオオバコもありました。やれやれ、うれしさ期待よりは道の遠さにややうんざり…というのが偽らざる心境です。

過去のきょう 2017年 ステゴビル 2016年 ヤブマメ 2015年 コモチシダ 2014年 ラクウショウ 2013年 ヒガンバナ 2012年 ダンコウバイ 2011年 シラカシ 2010年 イガオナモミ 2009年 ヤブラン 2008年 アメリカアゼナ 2007年 ミズカンナ 2006年 ヒデリコ 2005年 ホオノキ 2004年 ペンタス

| | コメント (0)

9月26日(水) リンボク

180926rinboku
前に見たリンボクも巨大だったし、今度も木もそれよりは劣るとしてもなかなかの貫禄でした。それがまっ白に飾られていて、見事な眺めです。
ただ、その一部がなにかモゾモゾとうごめいていて、なんだろうとレンズを向けたらこんなシーンが撮れました。「白と黒」とでも題しましょうか。かつて「黒と白」と題してカラスの食性に疑問を呈しています。今回はどうやらリンボクの花を食べていたようで、蜜がある分、ナンキンハゼの実よりは納得のいく行動でした。
いや、ことはカラスではなくリンボクです。リンボクの実が熟しきるまでまだ追跡していなくて、5月末の青い状態で記録が止まったままです。今度の木は少しだけアクセスのいいところにあるので、次の夏の楽しみとしておきます。

過去のきょう 2017年 ヤブニッケイ 2016年 ウラジロノキ 2015年 イヌシデ 2014年 ツノナス(フォックスフェイス) 2013年 ホオノキ 2012年 ショクヨウギク(料理菊・もってのほか) 2011年 キャットミント 2010年 フウトウカズラ 2009年 リンボク 2008年 ヒメクグ 2007年 ジャコウソウ 2006年 ヌスビトハギ 2005年 アレチヌスビトハギ 2004年 コブシ

| | コメント (0)

9月25日(火) ミナ・ロバータ

180925mina_lobata1
これでも朝顔です。学名がIpomoea lobataですから、ふつうのアサガオと同じくヒルガオ科サツマイモ属(イポメア属)ということになります。
では、これからこの花がロート状にパッと開くのかというと、これでお仕舞いなのだからショボい朝顔もあったものです。写真下部中央に脱落しかけの花とか、その左に花(と雄シベ)が抜け落ちて残った雌シベ(白い糸状)が見えています。
180925mina_lobata2
オレンジの蕾が膨らんで黄色くなり、最後にお口をプッと開き、そこから雌シベ・雄シベを覗かせると、次の日は花冠脱落と相成ります。
Mina_lobata0903
種を播いたのは5月の末でした。半月ほどして芽が3本だけ出て、暑くなり出したら暴力的に蔓をのばし始めました。ただし出てくるのは蔓と葉だけで、ふつうのアサガオが夏らしく咲き誇っているのを尻目に9月に入ってもウンでもスンでもありません。もしかしてこれはこのまま終わるのではないかと不安が湧いてきます。
Mina_lobata0910
変化があったのは9月10日でした。葉の脇から花芽(らしきもの)が出てきました。発芽からじつに丸3カ月です。
Mina_lobata0911
翌日には花冠部分に色が差し始めました。そしてここから冒頭の写真状態になるまではアレヨアレヨでした。この勢いならば、かなり秋遅くまで花を咲かせ続けそうな気がします。待たせてくれた分、そのくらいはお勤めしてもらわないと間尺に合わんな、と、計算高いことを考えてしまうケチ衛門でした。

過去のきょう 2017年 ツルマメ 2016年 ヤブタバコ 2015年 イワシャジン 2014年 オオモクゲンジ 2013年 エゴマ 2012年 ムクロジ 2011年 スダジイ 2010年 オニバス 2009年 ヒオウギ 2008年 クサネム 2007年 オオモクゲンジ 2006年 ハナセンナ 2005年 シロシキブ 2004年 フウセントウワタ

| | コメント (0)

9月24日(月) ハイビスカス・レモンフラミンゴ

180924lemon_flamingo
二段咲きタイプのハイビスカスです。ここ数年、面白いなと思って写してみてはボツにしてきました。姿がなんだかあざといし、そのわりに二段構造をわかりやすく撮れなくて、赤やらオレンジやらクリームやら、いろんな花色でボツ続きでした。
それならこの淡い黄色はよほどうまく撮れたのかと言えば赤面ではあっても、長いシベの先(柱頭)が花弁化しているのだと理解はできます。こういう咲き方を、業界ではフラミンゴタイプというようで、これはレモンフラミンゴです。
じつはこのボンボンのなかには雌シベが隠れていて、つまり柱頭で花弁化したのはハタザクラと同じく雄シベなのだとわかります。それがわかってみると、いままであざといと思っていた姿が急に親しげに見えてくるから不思議です。

過去のきょう 2017年 ヒュウガミズキ 2016年 アメリカニワトコ 2015年 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ) 2014年 オトコエシ 2013年 ナンキンハゼ 2012年 シュロソウ 2011年 オカボ(イネ) 2010年 ヌルデ 2009年 ミズワラビ 2008年 ダンドボロギク 2007年 サンゴジュ 2006年 カラスノゴマ 2005年 アスパラガス 2004年 シュウカイドウ

| | コメント (0)

番外編 : おフランス製スマホ

180924wiko_3
2011年暮れ、iPhone 3GS(中古)を手に入れたのがスマホライフの始まりでした。以降、GALAXY SC-02B(中古)、Covia F4sFREETEL(現・MAYA SYSTEM) Priori2、そして2015年秋購入の同・Priori3と、ここまでは「スマホ(のハード価格)はせいぜい1万円」というのが自分の価値観でした。
ただ、さすがにこのグレードにはいろいろ不足点が見つかり始めました。そこで2016年秋に選んだのがZenFone 3でした。自分としてはずいぶん張り込んだ値段だったし、当然に機能にも満足で、助手1号にも色違いをあつらえたほどです。
そんな「はた衛門スマホ史」におフランス製(生産は中国)が加わりました。ことの起こりは使用中のMVNOの設備変更で、11月以降、LTE非対応のスマホが使えなくなるというのです。これに引っかかるのが助手2号(Priori2使用)で、遊んでいるPriori3に替える手があるにしても、それでは少しかわいそう(古すぎ&低機能すぎ)です。
ただ、彼女までZenFone 3にするのも芸がない(し、金もない)ので、もうちょい安くて気の利いたスマホが出ていないものか、探してみました。
写真手前の赤いボディがそれで、Wikoというフランスメーカーのものです。g08という機種で、ネットフリマで未開封品をかなりお得に入手しました。触ってみると、CPUがSnapdragon430なのに、まるでストレスなしの動きです。そして、画面がくっきり鮮明で、とても見やすいのです。写真は室内照明のせいでやや色がかぶってはいても、奥に置いたZenFone 3より画面が格段にきれいです。(両機種の輝度設定は同じ)
また、電池の持ちが良く、充電が速い(アダプターは1Aにもかかわらず)のも美点です。さらに18:9の画面がそこはかとなくオシャレなのです。これを使ってからZenFoneを握ると、なんとなく時代遅れを使っている気分になるのは困ったものです。
先日発売になった新iPhoneのようになんやかやで20万超というスマホは買う気力も財力もないわけで、これからもその1/10くらいの「実用品」でしぶといスマホライフを楽しみ続けるつもりです。

| | コメント (0)

9月23日(日) コリウス(ジゼル)

180923coleus_giselle
ジゼルと言ったら白のイメージなのに、その名をつけられたコリウスはこんなちょっと気色悪い(でも美しい)葉色でした。血管のような葉脈は死者につながるのか、作出してネーミングした人の思考回路に全然ついていけません。
ただ、きれいはきれいで、つい逆光遊びをしてしまいました。そして、その逆光を逃れた葉が幾枚か見えているので、本来の葉色がわかるのがミソです。
しかし、たまたま公園の花壇で名札がついていたから助かったものの、いったいコリウスにはどれだけの品種があるものやら…。そのそれぞれが生育過程で微妙に色味を変えるので、名前を覚えて正解するなんて、夢のまた夢です。

過去のきょう 2017年 ツルフジバカマ 2016年 エゴマ 2015年 タカサゴユリ 2014年 タムシバ 2013年 オオベンケイソウ 2012年 サネブトナツメ 2011年 アカメガシワ 2010年 オオバチドメ 2009年 ヤブマメ 2008年 アゼナ 2007年 シナアブラギリ 2006年 コナギ 2005年 ヤブツルアズキ 2004年 ナナカマド

| | コメント (0)

9月22日(土) アメリカデイゴ(カイコウズ)

180922kaikouzu
いい色です。惚れ惚れします。しかし、この花の色に魅せられるのはなにもいまに始まることではありません。夏の初めにもう二度も取り上げています。
それがまたですから「しつこいぞ」と思わなくはなくても、もう9月も下旬です。本当の咲き出しがいつかは記録していなくても、過去二度の花の写真がそろって6月の下旬ということは、たぶんそのころ目に付き出すのでしょう。そこからもう3カ月、ルックスだけではなく体力的にもかなりのスタミナ系の木と見ました。
花を引き立てている緑の葉さえ、冬さなかまで枯れ残って笑いを誘ってくれます。花と葉がそれぞれにここまで役者の木、ちょっとお気に入りです。

過去のきょう 2017年 ダンコウバイ 2016年 シェフレラ・アルボリコラ・スターシャイン 2015年 ホオノキ 2014年 トレニア(ハナウリクサ) 2013年 イタビカズラ 2012年 ハブソウ 2011年 アレチヌスビトハギ 2010年 ノチドメ 2009年 アカネ 2008年 ツユクサ 2007年 カワラケツメイ 2006年 チヂミザサ 2005年 オトコヨウゾメ 2004年 ミヤギノハギ(ナツハギ)

| | コメント (0)

9月21日(金) ヘビウリ

180921hebiuri
ヘチマキュウリが近縁ではあるまいかと考えてしまう実です。まっすぐに育つと1mは超えるものが、つむじを曲げるとこうしてのたくってくれて、不用意にこれに出会うとヒヤッとします。いや、心の準備があったとしても、こりゃたまりません。
ところが、素性としてはヘチマやキュウリは無関係で、カラスウリの仲間(ウリ科カラスウリ属)であることは花の写真のときに触れました。あのとき、実の写真が撮れなくて、じつはかなりくやしかったのに、案外早めにリカバリーできました。
キカラスウリ(同科同属)のとき、実のワタを試食していて、このヘビウリはもう少しまともに食材として使えるようです。もっとも、これが八百屋に並ぶことは考えにくく、「ヘビ料理」は育てた人だけが楽しめる「秘密の味」のようです。

過去のきょう 2017年 スズメウリ 2016年 プロステケア・コクレアタ・アルブム 2015年 イワガネソウ 2014年 ヒノキアスナロ 2013年 ツルリンドウ 2012年 ヤマグルマ 2011年 カラスザンショウ 2010年 ハダカホオズキ 2009年 ケツユクサ 2008年 ミズタマソウ 2007年 ミズタマソウ 2006年 ヤマハギ 2005年 オトコエシ 2004年 ナツメ

| | コメント (0)

9月20日(木) ヤブニッケイ

180920yabunikkei
去年の初掲載と時期的には大差ないのに、実のいくつかが黒くなっていました。その黒々した実を眺めながら悲しくなるのは、去年地面に落ちていた(その実のおかげでこの木の存在に気づいた)実が黒かったのかまだ緑のままだったのか、まったくもって思い出せないことです。手にとってマジマジ見たであろうに…。
こういうのは記憶(保持)力の薄れなのか、それとも記憶入力段階(記銘力)になにか問題があったのか、考え込みます。このごろ、仕事の肝心なこともスッポリ思い出せないことがあって、多少の肌寒さを覚えることが出てきました。
いやいや、自虐的に落ち込むよりはこの木をヤブニッケイだと覚えていたことを喜ぶ方が前向きです。もし、この実を見て、葉を見て、枝を見て、図鑑と引き比べて「そうか、これはヤブニッケイというのか」などとやるようになったら、そのときこそが年貢の納めどきでしょう。そんな日は迎えたくありませんけれど。

<補注> 花どきをとらえました。(2019年6月17日

過去のきょう 2017年 クサギ 2016年 クロモジ 2015年 シナアブラギリ 2014年 カラムシ 2013年 ムラサキナツフジ(サッコウフジ) 2012年 オトコエシ 2011年 マコモ 2010年 キセワタ 2009年 マルバハッカ(アップルミント) 2008年 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2007年 ソテツ(雄株) 2006年 アシタバ 2005年 シロシキブ 2004年 フジバカマ

| | コメント (0)

9月19日(水) コヤブラン

180919koyaburan
一面の○○というのをウリにした公園はいくつかあっても、その○○はネモフィラだったりコスモスだったり、さすがに見目のいい花畑ではあるわけです。
そこへいくと、まさかコヤブランで家族連れを呼び込もうというところはないはずで、あんな広大なスペースに比べればごくささやかながら、これはもしかして日本最大のコヤブランの群落ではあるまいかと心躍ってしまいました。
ただ、気になるのはコヤブランの実です。ふつうのヤブランの場合、花よりも黒曜石のような実が目立つのに、コヤブランのそれを見た記憶がないのです。もしかして結実しないとか、あるいは緑や茶色で終わってしまうとか、不幸な結末を心配しながらも、また北風が吹き始めたらここに来てみることにしました。

過去のきょう 2017年 ヤブツルアズキ 2016年 ハエジゴク(ハエトリグサ、ハエトリソウ) 2015年 カンガレイ 2014年 マキエハギ 2013年 シシオクマワラビ 2012年 テウチグルミ 2011年 サンシュユ 2010年 アオハダ 2009年 フジマメ 2008年 カラスウリ 2007年 カゼクサ 2006年 ミズキンバイ 2005年 シロバナマンジュシャゲ 2004年 ツリフネソウ

| | コメント (0)

9月18日(火) カラタチ

180918karatati
カラタチというのはカラスアゲハの食草だったのだと知りました。そう言えばこの春、意外なほど早くに葉を失ったカラタチを見たのは、もしかしてこの蝶の幼虫のせいだったのかといまごろ気づくボンクラ頭です。
さらに腕はナマクラでくらくらしつつ、5年前の初の出会いよりは少しだけハッキリとカラスアゲハ(雄)の色合いをとらえました。相変わらずせわしいヤツで、止まっているときでさえ、微妙に動いているようです。
さていまにして思うのは、先年の場所にはカラタチはもちろん、コクサギなどミカン科の木はなかったことです。調べてみると、カラスアゲハは湿地で水を飲むのが好きらしいとわかりました。たしかにそんな場所とそんな動きでした。
今度水気のある場所とかミカン科の木の根もとに立ったときはじっくりと待ち、尾に赤い模様の入ったカラスアゲハの雌をぜひ写してみたいものです。

<追録> カラタチはカラスアゲハだけではなくナミアゲハの食草でもありました。幼虫のナミアゲハとカラスアゲハはかなり似ているものの、模様がちょっとシンプルなので、これはナミアゲハだと思います。(2018年10月1日)
181001namiageha1
親御さん(か、先輩?)も来ていました。(同上)
181001namiageha2
過去のきょう 2017年 オオイタビ 2016年 アワブキ 2015年 アワブキ 2014年 オジギソウ 2013年 シロバナヤマハギ 2012年 センニンソウ 2011年 オオバコ 2010年 キレハノブドウ 2009年 ボントクタデ 2008年 ノダケ 2007年 ヒトエスイフヨウ 2006年 タカサブロウ 2005年 ヒガンバナ 2004年 シキミ

| | コメント (0)

9月17日(月) センナリヒョウタン

180917sennaribyoutan
あとは収穫するだけ、つまり花や葉はもうすっかり終わった状態です。あの恐ろしかった夏が懐かしく思えるほど、いい風が吹くようになりました。
千成瓢箪というのはふつうのヒョウタン(Lagenaria siceraria)の変種(var. microcarpa)です。ブログを始めた14年前に育てたのはその「ふつう」の方で、小さなプランターだったにもかかわらず、実は20cm近くになりました。
あれに比べると、千成は寸詰まりです。長さがせいぜい6~7cmで、その代わり「数で勝負」とばかりにたくさんぶら下がります。これが景気よく見えるので縁起物とされ、太閤さんが金色に塗って馬印にしたというわけです。
つまりはその時代からこの変種は存在したわけです。いったい、最初に「縮んだ」のはいつごろのことで、その変化がどうやって固定したものでしょう。それを考えると、戦国時代のロマンとはまた一風異なった夢を見ることができます。

過去のきょう 2017年 ユウガギク 2016年 トキリマメ 2015年 マウンテンミント 2014年 キハギ 2013年 ベニシダ 2012年 ヒトエスイフヨウ 2011年 キミガヨラン 2010年 トウゴマ 2009年 トウガン 2008年 コバノカモメヅル 2007年 ハシカグサ 2006年 コウヤマキ 2005年 ヌルデ 2004年 ワレモコウ

| | コメント (0)

9月16日(日) シロモジ

180916siromoji
シロモジの実の謎が深まってしまいました。11月の10日過ぎには、黄葉はきれいだったものの実が一つもなくて、いつ、どんな具合に失われるものかを確認することが自分の課題になっていたのです。(花どきの様子はこちら
初夏、まだ実が小さいとコケシのように立っているものが、8月の末には青いスモモのようにお尻の割れ目を見せてうつむき始めていたのです。そのときは実の数はまだまだたくさんで、さあいったいこの先どう変わるか楽しみでした。
ところがこれ(↑)です。この半月、さしたる変化を見せないまま、数だけが著しく減っていました。青いまま落ちるとでも言うのでしょうか。あるいはこれでもう十分においしくて、鳥さんたちがパクパクやってしまうのでしょうか。
たった一つしか見つからなかったものを試食するのもはばかられるし、この木に近づいても逃げ出す鳥もいなかったし、いったい全体シロモジの実はいつどこへ行ってしまうのやら、けっこう難儀な課題を抱え込んでしまったようです。

過去のきょう 2017年 ヤマグワ 2016年 プルメリア 2015年 スネイルフラワー 2014年 シュウブンソウ 2013年 ミケリア(ミケリア・マウダイエ) 2012年 ママコノシリヌグイ 2011年 マルバアメリカアサガオ 2010年 ミズアオイ 2009年 カンレンボク 2008年 モミジガサ 2007年 アオツヅラフジ 2006年 サルスベリ 2005年 ヒネム 2004年 ツルボ

| | コメント (0)

9月15日(土) オオバナイトタヌキモ

180915oobanaitotanukimo
おととし、ムジナモにお熱をあげた副産物としてタヌキモを取り上げました。その記事に「タヌキモ科タヌキモ属は種が多く」と書いたことをいまあらためて調べ直し、その多さが「200種以上」と知って、完全降参、戦意喪失です。
ただし、前回掲載のものは「なに」タヌキモかさっぱり不明だったのに、今回は名札付きのものだったおかげで、ようやく200分の1ほどが明らかになりました。このオオバナイトタヌキモは埼大・金子教授の講座で知った名前です。同教授はイヌタヌキモの名前もあげていらしたので、せめてそのあたりまでは収録して、タヌキモ掲載率を100分の1まで高めたいというのがはた衛門のこのごろの願望です。
さて、もし100分の1になったら、これを氷山の一角と言ってよいのかダメなのか考えました。水面上に現れる氷は物理学的に計算すると全体の10分の1なのだそうで、トホホ、我が願望はこんな決まり文句も使えない低レベルのものでした。

過去のきょう 2017年 コカモメヅル 2016年 シマツナソ(モロヘイヤ) 2015年 センニチコウ 2014年 ミツバウツギ 2013年 ヒメガマ 2012年 イイギリ 2011年 エノキ 2010年 マルバチシャノキ 2009年 ソクズ 2008年 ヤマジノホトトギス 2007年 コボタンヅル 2006年 トキリマメ 2005年 ホワイトベルベット 2004年 タラノキ

| | コメント (0)

9月14日(金) ミソナオシ

180914misonaosi
見た感じはかなりクシャクシャーッとした花で、前回掲載のときはそこを解明する気などまったく起きなかったようです。いま、当時の写真を見ると、「全体をとらえている」というプラス評価の反面、「花の形がわからない」と酷評もできそうです。
そこで、撮影時期は前回とほぼ同じで、当然に様子も一緒のミソナオシをシゲシゲと見つめ直し、きれいに開いた花を一つだけようやく見つけました。おお、なんとも感動的にマメ科らしい姿です。いわゆる蝶形花です。
赤とか青とか、もう少し色味があればわかりやすいし撮りやすいのに…という不満は傍観者の勝手であって、ご本人は味噌直しに全力投球なのでしょう。

過去のきょう 2017年 ヤマブキ(一重) 2016年 ウスギコンロンカ 2015年 エビヅル 2014年 ツリガネニンジン 2013年 サルトリイバラ(サンキライ) 2012年 オオエノコログサ 2011年 アメリカアサガオ 2010年 トウテイラン 2009年 コヤブラン 2008年 フユイチゴ 2007年 ノアサガオ 2006年 ガマズミ 2005年 ニラ 2004年 ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)

| | コメント (0)

9月13日(木) クルマバナ

180913kurumabana
このブログを始めた当初にイヌゴマをクルマバナと勘違い(後日タイトル修正)したまま、13年も経っていました。たぶんそのころは「早くクルマバナを載せよう」と思っていたはずで、それがいつの間にか「どこかでリベンジ掲載はしただろう」にすり替わったらしく、ここしばらくはクルマバナを撮ろうという気が失せていました。
それなのに、花もずいぶん終息期に来て、ちょっと気に入った画像が撮れました。これは載せておきたいと過去掲載を調べたら、ありません。うーん、自分ではあまり思い込みのない性格だと思っていたのに、これは危ない兆候です。
「ジョハリの窓」で言えば「盲点の窓」というヤツで、たまに家族から「こうだ」と言われる自分にはとても反発を感じます。クルマバナを煎じて飲んだら、もう少し素直になって「解放の窓」が大きくなる…ことはないだろうなぁと開き直りです。

過去のきょう 2017年 アカソ 2016年 スパティフィラム 2015年 シロバナシナガワハギ(コゴメハギ) 2014年 キササゲ 2013年 ナンバンギセル 2012年 ナツユキカズラ 2011年 オウゴンニシキ(オウゴンカズラ) 2010年 キバナキョウチクトウ 2009年 マルバタマノカンザシ 2008年 ノシラン 2007年 オオブタクサ 2006年 キツネノマゴ 2005年 ウラハグサ(フウチソウ) 2004年 フジ(ノダフジ)

| | コメント (0)

9月12日(水) ハクウンボク

180912hakuunboku
たしかにねー。芽がふつうに葉の脇から出るよりは、この葉柄内芽式の方が保護する部材が不要です。省エネというか、無駄のない賢い方法です。
あ、いや、この仕掛けをジッと見ていたら、賢いかどうかわからなくなりました。もし仮に落葉が12月だとして、冬の寒さはそこからのはずです。一番寒い時期を、カバーなしになった芽は裸で耐えるというのでしょうか。
やれやれ、先月のモミジバスズカケノキに続き、葉柄内芽の離層はもうできていることは確認できたものの、肝心の芽がどんな方式なのかを確かめていません。今度は無理にプチッと引きちぎるのはやめて自然の落葉を待ち、そこで現れた芽が薄着なのか厚着なのか、失礼ながら見せていただくことにします。

過去のきょう 2017年 ヌルデ 2016年 アンジェラ(つるバラ) 2015年 ミソナオシ 2014年 ハンゲショウ 2013年 モクレイシ 2012年 カナムグラ 2011年 クルクマ 2010年 タコノアシ 2009年 シュウカイドウ 2008年 マルバルコウ 2007年 キツリフネ 2006年 ツユクサ 2005年 ハギ 2004年 ヒガンバナ

| | コメント (0)

9月11日(火) ゴマノハグサ

180911gomanohagusa1
幸運というのはたまにはやってくるもので、一度は見失ったゴマノハグサの「その後」をとらえることができました。自分的にかなりのレアものだったこの草をようやく見つけたのが去年の7月初めでした。それからは定期的にそこを訪れたというのに、すぐに見失ってしまったのです。今年もダメで、ちょっとあきらめ気味でした。
それが、まったく別の場所で思いがけない再会です。盛夏を越して、花穂はびっしりの稔りを迎えていました。実の頭に雌シベがくず糸のように残っています。花の写真からは想像しにくいほどの実の数なので、かなり連続的に開花したようです。
180911gomanohagusa2
驚いたのは紅葉の早さです。今年のクソ暑さのせいが多少はあるにしても、周囲はまだまだ緑なので、ずいぶん気の早い質であることはたしかのようです。こんなに目立つ色合いのものを見失った恥ずかしさに、わが頬まで赤く染まりました。

過去のきょう 2017年 コバノカモメヅル 2016年 ダイサギソウ 2015年 メリケンムグラ 2014年 ナナコバナ 2013年 ミズタマソウ 2012年 ウラジロガシ 2011年 カジカエデ(オニモミジ) 2010年 カラムシ 2009年 シオン 2008年 ドイツトウヒ 2007年 ムシカリ 2006年 イボクサ 2005年 ダールベルグデージー 2004年 ニラ

| | コメント (0)

9月10日(月) トケイソウ

180910tokeisou1
冗談でしょ…と言いたい草木はいろいろあっても、トケイソウにかなうモノはなかなか見つかりません。なにせ、花でも十分に奇態なのに、実までこれですから。
トケイソウに言わせれば、「知らなかったアンタが間抜けなのよ」でしょうか。「仲間にはこれでイガイガに包まれたのもいるのよ」だそうです。
180910tokeisou2
地面に落ちていた実の中身を確かめてみました。両手の親指に力を込めたら、ポンと音を立てて割れました。オツユがドピュッとくるのを警戒していたので、完全に肩すかしです。なかにはオネバにくるまれたタネが数粒入っていました。
それを根もとにおいてみました。これは完全に木でしょう。自分で育てている人から、「最初は草です」と教えてもらってはいても、ここまでくれば立派に木です。もっとも、この「幹」に年輪があればの話で、もし自分で育ててここまで生長した「木」を切ってみる度胸はないので、きょうもまた「草または木」にしておきます。

<補注> ベニバナトケイソウを収録しました。(2019年1月26日

過去のきょう 2017年 キレハノブドウ 2016年 イヌビワ 2015年 ギンコウボク 2014年 アキカラマツ 2013年 コクチナシ(ヒメクチナシ) 2012年 イワガネゼンマイ 2011年 カワラケツメイ 2010年 ヤナギタンポポ 2009年 メドハギ 2008年 ノシバ 2007年 ハネミギク 2006年 ヤハズソウ 2005年 イチイ 2004年 ヤマボウシ

| | コメント (0)

9月9日(日) タイマツバナ(モナルダ、ベルガモット)

180909monarda
暖簾をしまいかけたお店にあわてて駆け込んだ気持ちです。花がほとんど散り去って、緑の花床が饅頭のようです。一応は花壇なのに、ほかの草に押され、まじめな話、きょうあすにでも苗の入れ替え作業がありそうな様子です。
そこで有終の美を見せているのは白い苞葉です…と偉そうに言うのはあとづけの知識で、6月・7月に花を愛でているときは、こんなパーツに気づきませんでした。そんな過去写真を見返すと、たしかに満開どきから苞葉はちゃんと存在しています。
面白いのは、花が深紅の場合、朱色の場合、ピンクの場合とそれぞれに、苞葉も微妙に花色を写した色合いに見えることです。ということは、今回見つけたここには、自分的にはベルガモットと呼びたい白いタイマツバナが咲いていたはずで、そうわかってから見直すと、散り残りの花びらはたしかに白なのでした。

<補注> 真冬の幼生の姿はこちらです。(2019年1月11日)

過去のきょう 2017年 ナス 2016年 ネコノシタ 2015年 ノコギリソウとセイヨウノコギリソウ 2014年 アキニレ 2013年 ミドリヒメワラビ 2012年 ゴンズイ 2011年 イヌザクラ 2010年 サジガンクビソウ 2009年 シュロソウ 2008年 ガンクビソウ 2007年 キレンゲショウマ 2006年 カラスウリ 2005年 マメアサガオ 2004年 マーガレットコスモス

| | コメント (0)

9月8日(土) オオバイヌツゲ

180908oobainutuge
どうにも半端な時期に出会ったもので、寒くなれば黒々として目立つ実なのに、まだ葉に紛れています…と書いておかないと、あとでこの写真を見直したとき、自分で実を見過ごしてしまいそうです。イヌツゲらしく、けっこうな数の稔りです。
ただ、イヌツゲにしては葉がふくよかです。イヌツゲの変種で、標準和名はオオバイヌツゲでも、別にマルバイヌツゲという呼び方もありました。自分だったらヒロハイヌツゲにしたのになぁというのは余計な付け足りです。
雌雄異株なので、雌株の所在はこうしてわかりました。花の時期にここで雌花を撮り、ほかの場所で雄花(雄株)を見つけ、その前にここで真っ黒クロスケを写しておけばオオバイヌツゲについては一応完結です。ことがそう簡単に運ばないことは百も承知の上で、計画だけはいつも簡単にできあがります。

過去のきょう 2017年 ツブラジイ 2016年 ドラセナ・レフレクサ 2015年 イチイ 2014年 ナンバンギセル 2013年 アメリカノウゼンカズラ(黄花) 2012年 ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ) 2011年 シラヤマギク 2010年 ゴジカ 2009年 キツリフネ 2008年 ミヤコグサ 2007年 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2006年 キカラスウリ 2005年 ナガホノシロワレモコウ 2004年 シュクシャ

| | コメント (0)

9月7日(金) コスツス・ルカヌシアヌス

180907cosutus_lucanusianus
記憶の襞をコショコショとくすぐる葉のつくりでした。ショウガを思わせるおおらかな葉が螺旋状につき、背丈ほどにものび上がっています。
たぶんあれと同じ…と思い出したのは先月載せたコモスス・ベイケリです。花はまるで違う感じでも、それに惑わされずに仲間と判断できたのはうれしいことでした。根元には「コスツス・ルカヌシアヌス」という名札がありました。
それでさらにうれしかったのは、コモスス・ベイケリが正確にはCostus comosus var. bakeriであり、コスツス属であることを覚えていたことです。たかだか3週間ちょっと前の記事内容とその植物の印象を覚えていたことに舞い上がるのもどうかとは思いつつ、このごろとみに怪しさを増す記憶回路に少しだけ自信を取り戻しました。

過去のきょう 2017年 ツユクサ(白) 2016年 スギモリケイトウ 2015年 アッケシソウ 2014年 ミズメ 2013年 エビネ 2012年 コマツナギ 2011年 ウワミズザクラ 2010年 ヒシ 2009年 ヤマナシ 2008年 ハグロソウ 2007年 サラシナショウマ 2006年 コブナグサ 2005年 ウコン 2004年 ママコノシリヌグイ

| | コメント (0)

9月6日(木) ヒヨクヒバ(イトヒバ)

180906hiyoku_zentai
5月に悩んだイトヒバ&ヒヨクヒバ問題にひと区切りつけます。名標板に「ヒヨクヒバ」とあった木を、複数の植物園で眺めてみました。この間合いで見る限り、これがヒヨクヒバであってイトヒバではないことなどわかるはずがありません。
180906hiyoku_ha
なので、グッと近づいて葉を手にとってみました。いくら目を皿にしたところで、4カ月前の同趣旨の写真と区別することは自分には不可能です。
180906hiyoku_mi
ならば実は?と目を転じたところで結果は同じです。

そこで再度名標板に目をやると、そこにはChamaecyparis pisifera Endl. cv. Filiferaとありました。つまりサワラの園芸種ということです。そこでこの学名をYListであたると、標準和名はヒヨクヒバ、別名としてイトヒバとありました。なんのことはない、5月にこうしてちゃんと調べれば、四の五の悩む必要はなかったわけです。
ところがさらにヒヨクヒバをあたっていくと、C. pisifera Endl. var. filiferaというものも出てきて、前者は園芸品、こちらは変種ということになります。ただし、標準和名・ヒヨクヒバ、別名・イトヒバという呼び方は両者一緒です。
深い世界を勝手に括る失礼を許してもらうと、ヒヨクヒバないしイトヒバと呼んでいる木には変種と園芸種がある(注)ものの、どちらであってもヒヨクヒバという名前の方を優先すべきだということのようです。先の記事もタイトルは修正しておきます。

さてこれで自分的に一件落着かというと、いつものことながらまたも余計な問題を抱えてしまうのです。YListで「イトヒバ」を検索すると、Thuja orientalis L. 'Flagelliformis'という木に行き当たるのです。和名がイトヒバ、別名はイトスギです。さらにこのThuja orientalisにはvar. pendulaとする種類も(和名・別名は園芸種に同じ)あり、なんとヒヨクヒバに変種と園芸種があるのと同じ構造なのです。
つまり、コノテガシワ(Thuja orientalis)に近い種類にもイトヒバはあるので、ヒヨクヒバのことを別名で呼ぶのはかなり地雷を踏む行為に思えてきました。
さらに別名イトスギであるイトヒバをここに収録するというノルマもできました。さてイトスギとはいつ会えるものやら、そのときまで、ここに書き連ねた面倒な話を覚えていられるものか、混迷と自虐を綯い交ぜにした楽しい旅は続きます。

<補注1> 大きな台風のおかげで、これまで樹種を特定できないでいた木がヒヨクヒバとわかり、その材質まで確認することができました。(2018年10月4日
<補注2> 「園芸品と変種がある」とした理解が間違いであるとご指摘をいただきました。詳しくご説明いただいているので、この点の記事書き直しはせず、下のコメントを参照とさせていただきます。(2019年6月13日)

過去のきょう 2017年 コウゾ 2016年 ディジゴセカ(ディジゴセカ・エレガンティシマ) 2015年 エゾノコリンゴ 2014年 ヒヨドリバナ 2013年 ヒトツバハギ 2012年 オニバス 2011年 アマクリナム 2010年 ツノナス(フォックスフェイス) 2009年 イチヤクソウ 2008年 ヤマシャクヤク 2007年 ウワミズザクラ 2006年 ギンドロ 2005年 リコリス・オーレア 2004年 イタドリ

| | コメント (2)

9月5日(水) ウコン

180905ukon1
13年も前の記事を補完する画像です。当時はたぶんシャッターを押すときには白い苞葉を花だと思っていた嫌疑が濃厚です。帰宅後の調べでそれを知り、あわてて写真を見直したら、黄色い蕾がどうにか見つかったという寸法です。
そんな学習効果は長い年月にも消滅することがありませんでした。このごろ、鮮明であるべき過去の記憶が消えている自覚が頻々とあって不安だったので、わずかながらも自信回復です。ウコンは肝臓に効くだけではなかったようです。
今回の撮影は過去のものより日にちが幾分早かったにもかかわらず、花はしっかり開いていました。そして苞葉の色づきも進み、まさに葉色(緑)を呈した上に赤みまで加えていました。ずいぶんきれいな苞葉もあるものです。
180905ukon2
さて、本当の花に迫ってみると、開いた口に2本の牙があります。ただ、ボーッと写しただけではそのつくりがさっぱりわかりません。牧野博士はかなりの字数を尽くしてそこを解説してくれているのに、何度読み返しても理解ができません。恥ずかしながら、今回は蕾から一歩前進ということだけで満足しておきます。

過去のきょう 2017年 クマツヅラ 2016年 ハゲイトウ 2015年 ウンラン 2014年 アベマキ 2013年 モミジガサ 2012年 ランタナ 2011年 シマトネリコ 2010年 ツリガネニンジン 2009年 フジカンゾウ 2008年 ムカゴイラクサ 2007年 タムラソウ 2006年 ナンバンギセル 2005年 ヒメマツバボタン 2004年 モクレン

| | コメント (0)

9月4日(火) バラ(プリンセス・ドゥ・モナコ)

180904princess_de_monaco
これぞバラ、バラ中のバラという風情です。四季咲き性の大輪で、夏の暑さにもへこたれず凜として咲き誇ります。
プリンセス・ドゥ・モナコとは、モナコ王妃となったグレースケリーのことです。彼女が自動車事故で亡くなった1982年、このバラは発表されました。まるで美女がバラに転生したかのようなストーリーに、偶然とか不思議の凝縮を感じます。

過去のきょう 2017年 エノキ 2016年 キリ 2015年 マテバシイ 2014年 トクサ 2013年 ムベ 2012年 コンテリクラマゴケ 2011年 ヒャクニチソウ(矮性) 2010年 イチビ 2009年 オオリキュウバイ 2008年 アズマカモメヅル 2007年 クロホウシ 2006年 イトススキ 2005年 アメリカノウゼンカズラ 2004年 フサケイトウ

| | コメント (0)

9月3日(月) ノコギリシダ

180903nokogirisida1
衒いのない直截な名前に好感が持てる羊歯です。鋭く切れ込んだ鋸歯が、たしかに鋸状です。ただ、浮世絵などに出てくる鋸はすべて片刃なのに対し、この羊歯を鋸にたとえた人の念頭にあったのは明らかに両刃でしょう。
ということは、両刃鋸ができたのは明治以降とのこと(出典:竹中工務店のサイト)なので、このネーミングはそれ以降の可能性が高くなります。いわゆる本草学から近代的な植物分類学に切り替わる時代が想像されてワクワクします。
180903nokogirisida2
その鋭い鋸歯を宿した小葉(1回羽状複葉)は左右非対称で、穂先側の耳がグイッと長めです。また、奥に写ったものの葉軸(本来の葉柄)は緑色なので、このパーツには緑から暗紫色までの変化幅があることがわかります。
葉の表側は艶めいて、そこに葉脈が深く刻まれています。さらに裏返すと、車のタイヤ跡のようなソーラス(胞子嚢群)があって、ちょっと個性の光る羊歯です。

過去のきょう 2017年 バアソブ 2016年 レックスベゴニア 2015年 レモングラス 2014年 オオモクゲンジ 2013年 ダイコンソウ 2012年 シマトネリコ 2011年 ヘラノキ 2010年 トレニア(ハナウリクサ) 2009年 オオマルバノホロシ 2008年 メボウキ 2007年 ゲンノショウコ 2006年 サワギキョウ 2005年 ガガイモ 2004年 ラッカセイ

| | コメント (0)

9月2日(日) オオバゲッキツ

180902oobagekkitu
大葉ではないふつうのゲッキツをまだ知らないし、そのゲッキツ(月橘)という名前も生硬に過ぎて親しみを持てません。つまり、このオオバゲッキツという代物は自分のなかでどうにもピンと来ないのに、たまたま写せました!という記録です。
ナンヨウザンショウ(南洋山椒)という別名は自生地と葉の感じを示しています。また、英名のカレーノキ(Curry tree)とか中国名の「調料九里香」がこの木(葉)の用途を示していて、インドあたりでは広く用いられる香辛料だと言います。
本来は見上げるほどに大きくなる木なのに、写真のものは鉢植えです。花はすでに終わっていて、ちょっとそそられる実がついていました。ただし、この実の種には毒があるのだそうで、名前とともにしっかり覚えておかなくてはなりません。

過去のきょう 2017年 アカマツ 2016年 カゴノキ 2015年 ウリハダカエデ 2014年 キツネノマゴ 2013年 ヤマボウシ 2012年 カナムグラ 2011年 ハナトラノオ(カクトラノオ) 2010年 シロネ 2009年 ツルガシワ 2008年 ミズカンナ 2007年 ヒメシロネ 2006年 イヌタデ 2005年 ハス 2004年 ピンクノウゼンカズラ

| | コメント (0)

9月1日(土) ヌスビトハギ

180901nusubitohagi1
ヌスビトハギがこんなに「咲き誇って」いるのは初めて見る気がします。名前のせいでもあるまいに、大概が密やかな佇まいだったはずが、この場所では向こうが霞むほどに盛大な咲きっぷりでした。しばしゆったりと鑑賞です。
180901nusubitohagi2
ただ、それだけで終わらないのが困った性格です。ついググッと寄って、手頃なひと枝を見上げてみました。花からサングラスへの変貌過程の確認です。
枝の右側下部にその回答がありました。花びらが落ちたあと、子房がそのサイズを増していこうとしています。「タネも仕掛けもありません」という手品師の口上が聞こえてきそうで、ハハァ、こういうタネと仕掛けになっていたのかと合点です。

過去のきょう 2017年 ヒルムシロ 2016年 イヌトウバナ 2015年 ミズキンバイ 2014年 ムクゲ 2013年 シュウブンソウ 2012年 ヤブデマリ 2011年 ハリギリ 2010年 トウワタ(アスクレピアス) 2009年 キバナアキギリ 2008年 ケンポナシ 2007年 アゲラタム 2006年 ヘクソカズラ 2005年 センニンソウ 2004年 マツムシソウ

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »