« 9月17日(月) センナリヒョウタン | トップページ | 9月19日(水) コヤブラン »

9月18日(火) カラタチ

180918karatati
カラタチというのはカラスアゲハの食草だったのだと知りました。そう言えばこの春、意外なほど早くに葉を失ったカラタチを見たのは、もしかしてこの蝶の幼虫のせいだったのかといまごろ気づくボンクラ頭です。
さらに腕はナマクラでくらくらしつつ、5年前の初の出会いよりは少しだけハッキリとカラスアゲハ(雄)の色合いをとらえました。相変わらずせわしいヤツで、枝に止まっているときでさえ、微妙に動いているようです。
さていまにして思うのは、先年の場所にはカラタチはもちろん、コクサギなどミカン科の木はなかったことです。調べてみると、カラスアゲハは湿地で水を飲むのが好きらしいとわかりました。たしかにそんな場所とそんな動きでした。
今度水気のある場所とかミカン科の木の根もとに立ったときはじっくりと待ち、尾に赤い模様の入ったカラスアゲハの雌をぜひ写してみたいものです。

<追録> カラタチはカラスアゲハだけではなくナミアゲハの食草でもありました。幼虫のナミアゲハとカラスアゲハはかなり似ているものの、模様がちょっとシンプルなので、これはナミアゲハだと思います。(2018年10月1日)
181001namiageha1

親御さん(か、先輩?)も来ていました。(同上)
181001namiageha2

<追々録> ナミアゲハの幼虫はこんな(↓)風に鳥のウンチに擬態している時期もあるのでした。(撮影:2020年10月5日)
3齢から4齢のときがこのような姿であり、上に載せている緑色状態はこのあとの終齢幼虫(蛹になる前段階)でした。
3rd_instar
過去のきょう 2017 イタビカズラ 2016 アワブキ 2015 アワブキ 2014 オジギソウ 2013 シロバナヤマハギ 2012 センニンソウ 2011 オオバコ 2010 キレハノブドウ 2009 ボントクタデ 2008 ノダケ 2007 ヒトエスイフヨウ 2006 タカサブロウ 2005 ヒガンバナ 2004 シキミ

|

« 9月17日(月) センナリヒョウタン | トップページ | 9月19日(水) コヤブラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月17日(月) センナリヒョウタン | トップページ | 9月19日(水) コヤブラン »