« 8月18日(土) キヌア・チェリーバニラ | トップページ | 8月20日(月) アラゲハンゴンソウ(ルドベキア・ヒルタ) »

8月19日(日) フサフジウツギ

180819husahujiutugi
ここは草木ブログなのだから、画像面積では圧倒的に劣っていても、主役はやはりフサフジウツギなわけです。ところが、当のそのフサは付け根側2/3がもう枯れて縮んで黒変してしまって、見る影もありません。
さぁどうする…とIrfanViewをイジッていたら、あっ、こんなことができるんだぁと大発見(笑)です。これからは都合悪い部分はこの手で決まりです。
しかし、アゲハ類はせわしく飛び回って落ち着かない吸蜜をするのが相場なのに、このキアゲハというのはとてもサービス精神に富んでいます。いくつかポーズを変えて、じっくりと写させてくれました。真っ黒お目々がチャーミーです。

<補注1> ブッドレア属はフサフジウツギに限らず、種類があることがわかりました。したがって、この記事タイトルも暫定となります。(2019年7月21日
<補注2> コフジウツギを知り、トウフジウツギを見たあとだと、上の写真の木をフサフジウツギとは言い切れなくなりました。この撮影のときの別の写真を見ると、花の近くの枝には稜がありません。また、花のつき方は房の下方が空いているように見えます。つまり稜がないことでコフジウツギかフサフジウツギである可能性があり、花が全周に咲かないのであればフジウツギ・コフジウツギ・トウフジウツギのいずれかの可能性があることになります。
要するに、見分けポイントを知らずに撮っていたわけで、改題まではしないでおくとして、この写真だけだと「ブッドレア属のなにか」としかわからないことを大反省しておきます。(2019年8月20日

過去のきょう 2017 シナミズキ 2016 ハクサンボク 2015 ヒメタイサンボク 2014 キレンゲショウマ 2013 ハリギリ 2012 サンカクイ 2011 オオセンナリ 2010 ヒメチドメ 2009 サルナシ 2008 アオツヅラフジ(雌株)  2007 マツブサ 2006 ミニトマト 2005 シロバナサクラタデ 2004 ムラサキゴテン

|

« 8月18日(土) キヌア・チェリーバニラ | トップページ | 8月20日(月) アラゲハンゴンソウ(ルドベキア・ヒルタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月18日(土) キヌア・チェリーバニラ | トップページ | 8月20日(月) アラゲハンゴンソウ(ルドベキア・ヒルタ) »