« 7月5日(木) カリブラコア・ティペットダブル | トップページ | 7月7日(土) キツリフネ »

7月6日(金) イヌガヤ

180706inugaya
カヤ類の実はいまごろ目立ち始めるらしく、2年前のまったく同じ日にカヤを載せていました。あのカヤはやや散漫な実の付き方だったのに比べ、今回見たイヌガヤはマスカットぶどうを思わせる豊穣さです。実1個の形もほぼマスカットです。
おっと、カヤは「実」と言ってはいけないのでした。図鑑だとこれを「種子」としていて、カヤ類は裸子植物(ソテツやイチョウも)なので果実ではないのでした。
この裸子植物のしくみがよくわかりません。どうやら胚珠が剥き出しということらしくても、その意味が理解できていないのです。幸いに(?)、カヤもイヌガヤも花の段階から観察不足でした。これからはもう少し入魂の付き合いが必要です。

<追録> 裸子植物の理解は後回しとし、とりあえずイヌガヤ葉先が痛くないことを自分の指先で表現してみました。同時に、葉裏の気孔帯がカヤと比べてボンヤリと太いことも確認です。(2018年7月8日)
180708inugaya
<補注> カヤの葉先の鋭さと細い気孔帯を確認しました。(2018年7月18日

過去のきょう 2017 ソテツ(雄株) 2016 カヤ 2015 ウメ 2014 バイケイソウ 2013 サルナシ 2012 サフィニア 2011 カジカエデ(オニモミジ) 2010 イワガラミ 2009 ノカンゾウ 2008 ボッグセージ(サルビア・ウリギノサ) 2007 ギンロバイ 2006 ヤマモモ 2005 リョウブ 2004 モミジアオイ

|

« 7月5日(木) カリブラコア・ティペットダブル | トップページ | 7月7日(土) キツリフネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月5日(木) カリブラコア・ティペットダブル | トップページ | 7月7日(土) キツリフネ »