« 7月10日(火) ヒイラギ | トップページ | 7月12日(木) ヘツカニガキ »

7月11日(水) シナノアキギリ

180711sinanoakigiri1
ふつうのキバナアキギリかと思って見過ごすところでした。加えてこんな薄暗がりで、被写体もまだ育ちきっていないし、写真的にも期待できない状況でした。
それでも撮っておけばいいことはあるものです。これは初の出会いになる種類で、シナノアキギリでした。花が全部黄色で、葉に出っ張りがありません。
180711sinanoakigiri2
さらに酷い写真ながら、見分けポイントの追加確認です。キバナアキギリは雌シベの先や雄シベの葯が紫なのに対し、その気配がありません。葉も、キバナアキギリの肩は怒っていて鉾型なのに、こちらはなで肩の円心形です。
名前が秋桐なので、こんな暑さのなかで咲くのはどんなもの?と疑問に思ったら、開花時期はいまごろで間違いありませんでした。西日本の大被害もあるし、地球がおかしくなってるよ!と訴えようと思ったのに、肩透かしです。

過去のきょう 2017 ノカラマツ 2016 マヤラン 2015 キソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア) 2014 ムクゲ(白花笠) 2013 カラムシ(雄花) 2012 スモモ 2011 クサスギカズラ 2010 ギンバイソウ 2009 コバギボウシ 2008 イランイラン 2007 ラムズイヤー 2006 ゴシキドクダミ 2005 アガパンサス 2004 カラスウリ

|

« 7月10日(火) ヒイラギ | トップページ | 7月12日(木) ヘツカニガキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月10日(火) ヒイラギ | トップページ | 7月12日(木) ヘツカニガキ »