« 6月29日(金) ヒメアシボソ | トップページ | 7月1日(日) ナンブソウ »

6月30日(土) ツタ(ナツヅタ)

180630tuta1
近所のお屋敷の塀がズズズーッとツタで覆われていて、今年こそツタの花を撮るのだと「決意」していたので、ここは第一の標的でした。
「ころはいま」とばかり出撃し、深々とした葉を掻き分けると、あれれ? 見えるのは雌性期になったものばかり、長い塀をズンズン掻き分け続けても雄シベと花びらは一つも出てきません。足下に目をやると、死屍累々とばかりに緑の小片と黄色の粉が降り積もっているではありませんか。え?遅かった?
180630tuta2
しかし、ちゃんとリザーブの撮影場所を持っているのです。昔、大きなケヤキに絡んだ紅葉をとらえ、「説明無用、ツタ」などとうそぶいたのがここでした。根もとの笹藪を漕ぎながら近づくと、あった!ありました。立派な雄性期の花です。
180630tuta3
ここはこうして雄性期のものとそれが終わった雌性期のものが共存しています。念のため第三の場所も確認したら、そこも同じく雌雄期混在でした。
となると、あの長い塀がすべて雌性期だったのが不思議です。蕾はまだたくさんあった(注)ので、大きなリズムであの塀全体は同調しているのでしょう。

<補注> カプセル状で蕾に見えたものは実でした。したがって、雌雄期が何度か繰り返すのではないかという予測はまったく的外れで、1カ所目はほかの場所に比べて開花時期が早かっただけのようです。(2018年7月20日)

過去のきょう 2017 ピンオーク 2016 トキワマンサク 2015 モモ 2014 タイトゴメ 2013 クマヤナギ 2012 タチアオイ 2011 ネコノチチ 2010 フタリシズカ 2009 ボリジ 2008 モミジバゼラニウム 2007 ハマカンザシ 2006 ブーゲンビリア 2005 セイヨウノコギリソウ 2004 ヒョウタン

|

« 6月29日(金) ヒメアシボソ | トップページ | 7月1日(日) ナンブソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月29日(金) ヒメアシボソ | トップページ | 7月1日(日) ナンブソウ »