« 6月18日(月) ウリノキ | トップページ | 6月20日(水) イソノキ »

6月19日(火) ミヤマオダマキとヤマオダマキ

日本のオダマキには、代表的なものとして、オダマキ、ヤマオダマキ、ミヤマオダマキの3種があります。もちろん、それ以外のマイナー種もたくさんあって、それらを全部見ようとしたら、あと2回は生まれ変わらなくてはなりません。
ただ基本3種のなかの第一歩と言えるオダマキがどうにもわかりません。素性的にはミヤマオダマキを園芸用に改良したもののように思えても、なかなか「これ!」と言えるものに会えないでいるうち、今年も開花時期が過ぎてしまいました。なので1カ月ほども時期遅れながら、とりあえずほかの2種を掲載しておきます。
180619miyama
まずは上に述べた経緯で、ミヤマオダマキです。いつも過剰表現だなと思う「ミヤマ」なのに、オダマキの場合はわりと適切で、一応深山らしい場所で咲きます。そんな環境に適応してヤマオダマキよりも背が低めです。花色も淡くて、かなり派手めな色合いのヤマオダマキとはずいぶん雰囲気が違います。
180619yama1
その派手めさんがこちらで、まずは背の高さがわかる画像です。
180619yama2
そして花びらと萼の区別です。一見すると、臙脂色の萼から距が出ているように思えても、じつは黄色の花びらが裾濃になり萼の間からのび出して距となっているのがわかります。その先端は球になっていて、こういうつくりはミヤマも共通です。

<補注> 花壇でセイヨウオダマキを写したのはずいぶん昔のことでした。

過去のきょう 2017 ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー) 2016 ヒオウギアヤメ 2015 アフリカホウセンカ(インパチェンス) 2014 ムクロジ 2013 ササユリ 2012 ガクアジサイ 2011 ナナミノキ(雌株) 2010 キョウガノコ 2009 エゾヘビイチゴ(ワイルドストロベリー) 2008 ミヤマウグイスカグラ 2007 イチヤクソウ 2006 サクラ(染井吉野) 2005 コムラサキ 2004 コムラサキ

|

« 6月18日(月) ウリノキ | トップページ | 6月20日(水) イソノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月18日(月) ウリノキ | トップページ | 6月20日(水) イソノキ »