« 5月7日(月) ヒマラヤトキワサンザシ | トップページ | 5月9日(水) ウグイスカグラ »

5月8日(火) ヒメイズイ

180508himeizui1
終わった花のなかには青い実が潜んでいて、アマドコロと同じしくみであることがわかります。ただ、茎が斜めに撓うアマドコロに対し、こちらは草丈が小さく(15~30cm)て直立するので、雰囲気からしてずいぶん差があります。葉が小判型であるところも、ほかのこういう系統の草類とは一線を画します。
180508himeizui2
こちらは花が開く前の様子です。なんて大きな手なんだと自分で呆れつつ、これの方がスケール写し込みよりもずっとわかりやすいと自画自賛です。
で、文字化け防止のためにこの写真に貼り付けた漢字が「いずい」です。アマドコロの漢名だそうで、どうしてこういう「ちょっと違うもの」にはわざわざむずかしい名前を持ち出すのか、やけに腹立たしいことです。
サンカヨウしかり、マルバオウセイしかり、ニオイカントウなんてのもありました。こういう教養の垂れ流しは、この世界の一種公害ではあるまいかと憤激するフリをしながら、「へへ、いっぱい覚えたぞ」と目尻を下げる爺さんでした。

<補注> 花が開いた様子はこちらです。

過去のきょう 2017 ペチコート水仙  2016 トガクシショウマ  2015 クジャクシダ  2014 ハナエンジュ(バラアカシア)  2013 ツタバウンラン(ツタガラクサ)  2012 クレマチス・アーマンディ  2011 カジノキ  2010 ハイノキ  2009 ツボスミレ(ニョイスミレ)  2008 イヌガヤ  2007 ヒイラギソウ  2006 リムナンテス  2005 アサツキ  2004 ウツギ

|

« 5月7日(月) ヒマラヤトキワサンザシ | トップページ | 5月9日(水) ウグイスカグラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月7日(月) ヒマラヤトキワサンザシ | トップページ | 5月9日(水) ウグイスカグラ »