« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

4月30日(月) フタマタイチゲ

180430hutamataitige
うーん、名前がどうも…。別にこのイチゲさんがA男とB夫の二股かけているわけではなくても、フタマタという響きとこの貞淑そうな花とがアンマッチです。
じつは深裂して360度の広がりを持つように見えるこの葉は2枚なのです。葉の下部で茎が分岐し、そのそれぞれから出た葉があたかも1枚に見えています。
なにも、そんな裏側を覗いて名前をつけなくてもよさそうなものなのに、学者さんの感覚はストレートなものです。「じゃあ、お前ならどうする?」と自問して出た答えは「八つ裂き一華」でした。せっかくのうららかな春がギュッと冷え込みます。

過去のきょう 2017 キズイセン(イトバスイセン) 2016 カスマグサ 2015 カキドオシ 2014 アズキナシ 2013 クワガタソウ 2012 フゲンゾウ(普賢象) 2011 ヤマナシ 2010 フゲンゾウ(普賢象) 2009 イヌスギナ 2008 ツリガネズイセン 2007 ゴウダソウ 2006 ウンゼンツツジ 2005 ナガミヒナゲシ 2004 トチ

| | コメント (0)

番外編 : 虫の名前メモ(2018年4月)

1_benikometuki
<ベニコメツキ> 翅の深いオレンジ色が魅力です。加えてこの触覚です。惚れてしまいました。脇にいる芋虫は正体不明です。
2_kurourihamusi
<クロウリハムシ> ベニコメツキとは反対のカラーリングです。見かけてレンズを向けるとすぐ逃げるので、焦ってブレました。
3_yuumadarasyakuga
<ユウマダラシャクガ> これはゴージャスです。そして、落ち着いています。もしかして死んでる?と思って触ったら、ヒラヒラ飛んでいきました。名前からして夕方が活動時間帯らしく、お昼寝中だったのでしょう。
Sujibenikokega
<スジベニコケガ> 冗談でしょ!と笑ってしまいました。色合いにも絶句だし、背なか(肩)にはなんと人面を背負っています。神様がヒマだったんでしょうか。
Agehamodoki
<アゲハモドキ> 笹の葉に綿ゴミ!と思ったら、ニュクッとそれが動きました。ウォッとビビるこちらを尻目に、ニニョッ、クニッと動いて、これでは擬態の意味がありません。
Kurobanesirohigenaga_m
<クロハネシロヒゲナガ・雄> 金色の翅に惹かれて近づいたら、ワ、なんですかそのヒゲは! そんなんで飛べるんかいとからかったら、ヨタヨタと飛んで行きました。
Kurobanesirohigenaga_f
<クロハネシロヒゲナガ・雌> 金ピカの翅は同じでも、雄よりひとまわり大きい雌です。触角も雄とはぜんぜん違って、 短くて先に細かい毛がたくさん生えていました。
Kibaraherikamemusi
<キバラヘリカメムシ> ほかのカメムシよりはグッとスマートで、カラーリングもシックです。こういう色使い、ちょっと真似てみようかなと誘われます。
Ootyabaneseseri
<オオチャバネセセリ> 前に掲載したのは単独行動だったのに、今度はラブラブ状態です…と言いたいところでも、お二人の関係は不明です。左のお方があとからやってきて、最初は左手の花をチューチューしていたのに、だんだん移動して、右の花に移りました。ちょっかい出された感じの右側のお人は、プイッと飛んでいってしまいました。

| | コメント (0)

4月29日(日) マンゴー

180429mango1
へー、マンゴーってこうやってできるのでした。これでいま指の先くらいだったので、全部の実が食べられるサイズまで大きくなったらすごいことです。1個500円として、ヒーフーミー…、うひょー、マンゴー農家、バンザイです。
180429mango2
同じ木なのに、まだ結実していない枝もあります。雌雄同株ということはわかっても、拡大してみたところでなにがどうなっているのか判然としない花なので、だいたいの眺めだけにしておきます。細長い葉が特徴的な大きな木でした。

<追録> 6月はじめの沖縄に行ったら、露地でこんな風に実が大きくなっていました。(2018年6月3日)
180603okinawa
過去のきょう 2017 ヤマブドウ 2016 アズサ(ヨグソミネバリ) 2015 ナツグミ 2014 クサタチバナ 2013 アリドオシ 2012 ヒメオドリコソウ 2011 ヒノキ 2010 メグスリノキ(雄花) 2009 マムシグサ 2008 エンレイソウ 2007 サルトリイバラ(サンキライ) 2006 ムサシアブミ 2005 モチツツジ 2004 シダレザクラ

| | コメント (0)

番外編 : 金と銀

Kinran180426
相次ぐメダルに湧いたピョンチャンも、過ぎてみれば遠くになりにけりで、あのころの寒さはどこへやら、野ではキンランが花盛りの季節となりました。
初めてその存在を知ったころの貴重品扱いはどこへやら、撮り方に窮して、葉に花の影を映してみました。ツワブキやらハナイカダやら、ホソバタイサンボクやら、影絵遊びはわりと自分の趣味みたいです。
180426ginran
さて、こちらはキンランよりもむしろ稀少と思えるギンラン…ゆえにふつうに撮ったのではありません。光線状態がまったくダメなのは大きな建物の陰だったからで、なんと、住宅地の斜面でこれを見つけてしまいました。
キンランが珍しくなくなり、ギンランはついに子供に踏みつけられそうな場所で見られるようになったとは、日本、ひょっとして素晴らしい国ですか?

| | コメント (0)

4月28日(土) キバナイカリソウ

180428kibana
ほんのりとして心安らぐ色合いです。ふつうのイカリソウの花色だと、異形の姿がやたら強調されてクドクドしいのに、こちらはとても清純な感じです。
ただ、前にたくさんの株が寄り集まったところを撮影した記憶があります。それなのに、過去掲載リストにキバナイカリソウが出てきません。つい4日前にシラネアオイがない!と焦ったのと同じです。どうも、春は載せたいモノが目白押しで、後回しにしたまま過去ファイルに埋もれているものがこのほかにもあるようです。
Kibana170420
探したら、すぐに出てきました。それほど悪い写真でもないし、やはり上記の経緯で出しそびれてしまったものでしょう。あるいは、真んなかに写った花茎がチョン切れているのに心を痛めたものか、過去の自分に問いかけても答えは出てきません。

過去のきょう 2017 ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ) 2016 マキノスミレ 2015 タンチョウソウ(イワヤツデ) 2014 ナニワイバラ 2013 キンギョソウ(矮性種) 2012 イチヨウ(一葉) 2011 チョウセンレンギョウ 2010 リンゴ 2009 ヒョウタンボク(キンギンボク) 2008 ベニバスモモ(ベニスモモ) 2007 カントウタンポポ 2006 リュウキンカ 2005 モミジバフウ 2004 コデマリ&オオデマリ

| | コメント (0)

4月27日(金) シダレヤナギ

180427sidare_f1
あれからほぼ1カ月、柳絮にはまだ早過ぎるだろうとは思いながら、なにせ存在の稀有な雌株ですから、念のために訪れてみました。うぉ、白く輝く穂があります。シダレヤナギの奥様は、やたらとせっかちなお方でした。
180427sidare_f2
もっとも、まだ実の熟していない穂もあって、この先まだ少し、この真っ白の綿毛はフワフワと空中を漂ってくれそうです。
180427sidare_f3
この写真の下部の目盛りは定規で、刻みは1mmです。したがって、拡大した写真は実物のほぼ10倍ですから、この綿毛の繊細さがわかります。毛についているであろう種は、この日はまったく確認できませんでした。
それでも、ジッと上を見上げていると、ポッと白いものが空を飛びます。それを撮ろうとはしたものの、どこから出るか、どっちへ流れるか、さっぱり予測不能で、綿毛の飛び交うシーンはまたの機会にしておきました。

過去のきょう 2017 ムラサキヤシオツツジ 2016 ブナ 2015 セイシカ 2014 トキワナズナ(ヒナソウ、フーストニア) 2013 カイノキ 2012 ガザニア(クンショウギク) 2011 シナレンギョウ 2010 チドリノキ(雌花と雄花) 2009 ユズリハ 2008 ワサビ 2007 シロバナアケビ 2006 カブ 2005 ゲンゲ(レンゲソウ) 2004 スオウ

| | コメント (0)

4月26日(木) マルバオウセイ

180426marubaousei
ポリネーターとしての蜜蜂はいるし、花やら茎やらにも当然ながら目は行くものの、この写真のキモは葉の形です。その幅がじつに福々していて、ふつうのナルコユリとはちょっと違うものだろうということが推察できます。
おっと、比較物として「ふつうのナルコユリ」を出すには、その前段階として、やはり花に言及しないといけません。かつて、似た種類との見分けを下手な絵で書き留めていたのがここで役に立ちました。花と柄との接合部に小さな緑の膨らみがあるので、これがナルコユリの系統であることには自信が持てます。
で、漢方でナルコユリの根茎が黄精(オウセイ)なので、めでたくマルバオウセイの名前の要素分解(?)はできました。しかし、「マルバナルコユリではいけないんでしょうか」と、ついあの女性議員さんの真似をしたくなります。しかも、黄精のことを調べると、そこにはカギクルマバナルコユリという超レアものの名前が登場してくるわけで、ズブズブと音を立てて深みにはまっていく気がします。

過去のきょう 2017 原種チューリップ 2016 タヌキラン 2015 クリンソウ 2014 オオデマリ 2013 ヤマブキソウ 2012 クヌギ 2011 ヤマシャクヤク 2010 サラサモクレン 2009 トウグミ 2008 カラスムギ 2007 ルイヨウボタン 2006 イヌザクラ 2005 ホタルカズラ 2004 ムクロジ

| | コメント (0)

4月25日(水) チャンチンモドキ

180425modoki1
ふつうのチャンチンの花は毎年撮り損なっているというのに、この春は「モドキ」の花を見てしまいました。このチャンチンモドキ、「モドキ」どころか、背が高い本家よりもさらに大きくて、鬱蒼と空を覆ってくれていました。
その「モドキ」呼ばわりされた原因の羽状複葉は、別にチャンチンではなくてもセンダンの名を借りてもよかっただろうと思う風情です。特に、チャンチンの葉がこの季節には赤いという特性が「モドキ」にはないようなので、不満が募ります。
180425modoki2
と、ブータレながらも、せっかく見た花なので、望遠目一杯の写真から切り出してみました。本家の花は白いのに、こっちは赤かい!?とまたもや難癖をつけながら、モドキはモドキでけっこうかわいいじゃないかとニンマリです。

過去のきょう 2017 テンダイウヤク 2016 チョウジガマズミとオオチョウジガマズミ 2015 チョウセンゴミシ 2014 アルブカ・スピラリス 'フリズルシズル' 2013 クロモジ 2012 タチツボスミレ 2011 ハルリンドウ 2010 ギョイコウ 2009 オオカナメモチ 2008 キンギョソウ 2007 オオバベニガシワ(雌花) 2006 オオバベニガシワ 2005 ベニドウダン 2004 キングプロティア

| | コメント (0)

追加編 : シラネアオイ

090510siraneaoi
きょうの本編(シロバナシラネアオイ)に書いたようないきさつで、あわてて「ふつう」のシラネアオイを収録です。
ずいぶん昔、大型連休明けに東北の山で撮りました。
花のあと、二股に分かれて膨らむ実が面白くて、それもしつこく撮った記憶があるので、古いファイルから探せたら、それもあとでここに入れておこうと思います。

<追録1> 実ができた段階の写真を見つけました。しかし、これではまるで捕り物に使う刺股(さすまた)です。このあと、両側の種がグンと膨らんでフグリ状態になったはずなので、もう少し探してみます。(撮影:2008年6月13日)
080613
<追録2> めでたくフグリ状態の写真を見つけました。上の6月の写真もそうであるように、これもフラッシュを使っていて、夏にかけて森がどんどん薄暗くなっていることがわかります。(撮影:2013年7月11日)
130711b

| | コメント (0)

4月24日(火) シロバナシラネアオイ

180424sirobana
へー、シラネアオイの白花種? どうせ園芸品だろうなぁ…と思ったら、これはシロバナシラネアオイとして区別されるものでした。ふつうのシラネアオイの学名の後ろにf. leucanthumと続くので、シラネアオイの別品種であるとわかります。
さてそれでは「ふつう品」にシンクさせようとしたら、おや、リストに見つかりません。いやいや、もう何度も撮っているし、花後の実までここに載せたつもりだったのに、ブログにも蔵にも、シラネアオイは1回も登場していないようです。
キツネにつままれた思いだし、リストがなにかエラーを起こしているのかと不安になります。あとで「あったじゃーん!」となる確率が5割くらいと恐れながら、とりあえずきょうの「追加編」として「ふつう」も収録しておくことにします。

過去のきょう 2017 ナガハシスミレ 2016 コチャルメルソウ 2015 チョウジソウ 2014 トネリコ 2013 ジュウニヒトエ 2012 コナラ 2011 ヤマブキソウ 2010 フサザクラ 2009 ゴマギ 2008 マルバアオダモ 2007 ヒメウズ 2006 シラユキゲシ 2005 モッコウバラ 2004 タケノコ

| | コメント (0)

4月23日(月) ホソバシャリンバイ

180423hosobasyarinbai1
あれだけたくさんの実をつけていたことに納得する咲きっぷりです。自生地での様子を見ないで言うのは憚られても、沖縄諸島の植物がこれだけ不自由なく花を咲かせ実をつけるのだから、日本の亜熱帯化は間違いないことなのでしょう。
180423hosobasyarinbai2
その花は5枚の花びらがスクリューのように巻いていて、シャリンバイそのものよりはキョウチクトウに似た感じがしました。丸々して賑やか(雄シベが派手)な感じの「ふつう」に比べ、スマートで涼やかな風情です。
ただ、沖縄現地の写真だと、枝振りはもう少し密だし、花びらは巻かずに開き、シベももっと赤くて数も多いのが主流のようです。この差が、南の島を離れて無理に育つストレスだとしたら、この木には申し訳なくても喜んでおくことにします。

過去のきょう 2017 ツタ(ナツヅタ) 2016 オオヤマザクラ 2015 ヒメカジイチゴ 2014 ヤブニンジン 2013 モミジバフウ 2012 ヤマエンゴサク 2011 ナガバモミジイチゴ 2010 チドリノキ(雄花) 2009 ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ) 2008 コモンセージ 2007 ウラシマソウ 2006 ヒメコウゾ(雌花) 2005 ライラック 2004 ムラサキツユクサ

| | コメント (0)

4月22日(日) トダスゲ

180422todasuge
オオバコの果穂を思わせる姿です。しかしこれは埼玉では絶滅危惧種なので、オオバコのように穂をしごいてママゴト遊びに使ってはいけません。
その果穂の最上部にある筆の穂先状のものが雄花です。全体が膝丈程度なので、この雄花はじつにささやかな存在ではあっても、雌花は直下で花粉を待ち受けているので、送粉の効率はいいのでしょう。
さて、このスゲにも戸田の名が冠されていて、前にトダシバのときも同じ疑問を抱いたように、なぜ戸田と特定されたのか、不思議です。志木から遠くはない町であるだけに、植物名に二度も登場するなんて!と妬んでしまいます。

過去のきょう 2017 ニリンソウ 2016 ホザキノイカリソウ 2015 ツボスミレ(ニョイスミレ) 2014 フジモドキ(チョウジザクラ、サツマフジ) 2013 オドリコソウ 2012 オウゴンカシワ(ナラガシワ) 2011 トキワマンサク 2010 ウコン(鬱金桜) 2009 ゲッケイジュ 2008 ムベ 2007 オキナグサ 2006 ブルーベリー 2005 サクラソウ 2004 ナシ

| | コメント (0)

4月21日(土) ヌルデ

180421nurude
ヌルデの過去掲載を調べたら、4回がすべて9月と10月でした。黄葉が始まるとたしかにこの木は目立つし、それとときを同じくして雌花・雄花が賑やかになるし、そのあとは実で塩分補給ができるし、どうもヌルデは秋の木なのでした。
ただ、それでは春はどうでもいいのかというと、いえいえ、この若葉や新枝の瑞々しさには心躍るものがありました。葉軸にはすでに羽が生えています。
となれば、あとは夏と冬のヌルデです。夏にこの木陰で休んだ記憶がないし、どんな冬芽だったかも思い出せなくて、季節の巡りが待ち遠しくなります。

過去のきょう 2017 エゾノウワミズザクラ 2016 マルバノキ 2015 ウグイスカグラ 2014 シロヤブケマン 2013 コナラ 2012 クッカバラ(フィロデンドロン・クッカバラ) 2011 アブラチャン 2010 チューリップ(突然変異) 2009 ハラン 2008 ニワトコ 2007 オーニソガラム 2006 ヤマグワ 2005 ニワトコ 2004 ムクロジ

| | コメント (0)

4月20日(金) シベリアヒナゲシ(アイスランドポピー)

180420papaver_nudicaule
これを見て「ヒナゲシがきれいだねー」と語り合っているご夫婦がいて、うーむ、シベリアヒナゲシなんですけど、略してヒナゲシでもいいかと妥協です。
ただこれ、いまどきシベリアヒナゲシと呼ぶ人はほぼ絶滅で、ふつうはアイスランドポピーです。なのでやっぱりあのご夫婦は種類を混同していたのか、それともそんな次元は超越して、この手はみんな「ヒナゲシ」としていたのか、思い出しては悩みます。
要は両方とも二重構造の名前が問題で、シベリアだろうがアイスランドだろうが、なにせ寒いところのものなのです。つまり、日本の夏は苦手です。見ごろはこの先少しですから、面倒な呼び名なんてうっちゃって、この愛らしさを楽しむが勝ちです。

<補注> シベリアではないヒナゲシ(=アイスランドではないポピー)の取り直し画像(およびシャーレーポピー)は翌月下旬に収録しました。(2018年5月26日

過去のきょう 2017 ナルコユリ 2016 エンコウソウ 2015 カテンソウ 2014 ミツバアケビ 2013 アケボノセンノウ 2012 ワビスケ(紺侘助) 2011 ヤマコウバシ 2010 サネカズラ 2009 サトザクラ 2008 ヤマフジ・昭和紅 2007 ヒメフウロ 2006 タチイヌノフグリ 2005 カロライナジャスミン 2004 ナノハナ

| | コメント (0)

4月19日(木) コウゾ

180419kouzo_m
高さが4mを超える木で、雄花が真っ盛りでした。似ているクワよりも花の付き方が派手だし、カジノキに比べれば花穂のシベが疎らで、葉が薄手です。
たぶんこれがコウゾの雄株…探し求めていた彼氏です!と言い切れれば幸せだったのに、うれしさと不満が綱引きです。気持ちのなかで探していたのは雌雄同株のコウゾだったのでした。ところがこの木は完全に雄オンリーです。
コウゾはカジノキヒメコウゾが交雑したもので、カジノキの血が濃いと雌雄異株になり、逆だと雌雄同株になるというのが定説です。つまり、今回見つけた木も、これまで雄花がないと嘆いてきた木も、みなカジノキ系なのでしょう。
ということで、ヒメコウゾ系コウゾが雌花と雄花を同居させている姿を見るまで、この話は完結しません。長い・長い物語になりそうです。

過去のきょう 2017 ヘラノキ 2016 ザイフリボク 2015 トウゴクミツバツツジ 2014 ユキモチソウ 2013 ムレスズメ 2012 プリムラ・ブルガリス 2011 エイザンスミレ 2010 クスノキ 2009 フサザクラ 2008 トウモクレン 2007 マツバウンラン 2006 オニタビラコ 2005 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ) 2004 ハウチワカエデ

| | コメント (0)

4月18日(水) レンリソウ

180418renrisou
在地願爲連理枝という長恨歌の一節に出て来る、あの連理です。先月、「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」を見たとき、あの映画は長恨歌が鍵になっていて、悲しいかな、思い出すのはせいぜい比翼連理という言葉だけでした。
帰宅して長恨歌をおさらいしたら、ゲゲッ、800以上もの漢字がのたうっていて、こりゃー、「その長さが恨めしい歌」なのでした。
で、これは連理の枝ではなく、葉が連理(2枚の葉が1カ所から)なのでした。まだ株は幼くて、画面左側のやや育った葉でも、長さは6cmくらいです。
もちろん、スイートピーを思わせる花はまだ蕾もありません。此恨綿綿無盡期、この悲しみは綿々と続いて尽きるときなし…と嘆くのは早計というもので、こうして名前の由来をしっかり押さえておけば、次は心置きなく花に迫れることでしょう。

<追録> 葉の長さは10cmほどまでになり、開花していました。春の2週間というのは激速です。(撮影:2018年4月30日)
180430renriso1
花は次々と咲いてくるので、連休中なら十分に楽しめそうです。
180430renriso2
過去のきょう 2017 オクノカンスゲ 2016 ブルンネラ 2015 イヌノフグリ 2014 カシワ 2013 キケマン 2012 シダレヤナギ 2011 シラカシ 2010 コクサギ 2009 ハボタン 2008 シモクレン 2007 ホオノキ 2006 イロハモミジ 2005 ツルニチニチソウ 2004 モクレンとコブシ

| | コメント (0)

4月17日(火) トチュウ

180417totyuu_m
杜仲のことは途中で忘れていたなぁ、とオヤジ的に反省しながら、オッサンの脇毛みたいな雄株の花に見入りました。この黒い紐状物体は雄シベの葯で、花粉を放出したあとの段階のようです。花びらは最初からありません。
180417totyuu_f
雄株がオッサンの脇毛なら、雌株は嫁さんのツノでした。尖った柱頭が2本目立つだけで、こちらにも花びらなどという余計(?)なものはありません。子房が最初から翼果の形を成していて、これなら秋までの途中(杜仲)観察は無用でしょう。
必要なのは雄花についての知識で、どうも本場中国ではこの花粉をなにかの薬にしているらしいのです。通販サイトには「男人云々」とあって、ちょっと怪しい雰囲気なのに、悲しいかな中国語は不案内です。薬事法の関係か、日本ではこの花粉は徹底的に無視されているので、来春は花粉の盛りに自分で試したいものです。

<追録> 杜仲の実や葉にはゴム状の成分があり、食害する虫への対抗策だろうと言われています。(2018年4月24日)
180424totyuu
過去のきょう 2017 ホウキモモ 2016 シロバナマンサク(フォザギラ) 2015 リョウブ 2014 キバナカタクリ 2013 オンツツジ 2012 ソラマメ 2011 ミツガシワ 2010 アズキナシ 2009 バッコヤナギ 2008 イスノキ 2007 ネギ 2006 エノキ 2005 アカメガシワ 2004 ハタザクラ

| | コメント (0)

番外編 : アゲハ2種

Ageha
<アゲハ> アゲハ類はみな○○アゲハというのかと思っていたら、「ただのスミレ」と同じように「ただのアゲハ」がいるのでした。ただのスミレにただのアゲハが止まってくれたら絶好のオヤジギャグネタなのに、残念でした。
Jakouageha
<ジャコウアゲハ> こちらは雄のお腹が麝香のような匂いを持つというアゲハです。もちろん、カメラでとらえるのが精一杯で、匂いなどとてもとても…。
去年の夏、このジャコウアゲハの幼虫をウマノスズクサの葉裏に見つけて驚いたものでした。今回の写真には、ジャコウアゲハの成虫に特徴的な胴体のオレンジ色の筋がかろうじて写っていたのが救いです。
140518jakouageha
古いファイルのなかから、もう少し写りの良いジャコウアゲハ(↑)を見つけました。撮った当時(2014年春)は種類を調べきれなかったようです。

| | コメント (0)

4月16日(月) キャッツテール

180416catstail
ハッと気づいてからもう4年、月日の流れは速いものです。ベニヒモノキを再掲載したときに「そう言えば」と思い出した「猫の尻尾」をようやく捕まえました。
もっとも、季節的にはやや早めに過ぎたのか、シベがまだこれからのび出そうという花穂が目立ちました。もう少し毛深い尻尾が次の課題です。
ところで、このキャッツテールとベニヒモノキは草と木でありながら同属です。ときどき感じ入るように、草木の境は紙一重のこともあるわけで、さらに、このエノキグサ属の盟主であるエノキグサなんて、草のくせに木の名前をもらっています。なんだかワヤクチャの世界だなぁと呟きながら、たぶん自分の頬はいま緩んでいます。

過去のきょう 2017 ホソバヤブレガサ 過去のきょう 2016 ヒトリシズカ 2015 ゴウダソウ(ルナリア) 2014 ササベザクラ(笹部桜) 2013 チゴユリ 2012 コブクザクラ 2011 キクモモ 2010 ウラシマソウ 2009 ザゼンソウ 2008 アオキ 2007 カーネーション 2006 ツルニチニチソウ 2005 ハタザクラ 2004 ハタザクラ

| | コメント (0)

追加編 : ハナヤスリ2種比較

180416hiroha
ヒロハハナヤスリとコヒロハハナヤスリ、字面だけだとたった1文字の違いがわかりにくくてウロウロします。ただ、写真の栄養葉の福々しい形(葉の付け根が横に広く張っている)を見ると、ヒロハ(広葉)という名づけには深く頷くことができます。
3月末にここに掲載したときは、まだこの部分が少し捲いていたのでヒロハらしさが薄かったものが、3週間経って文字どおりのヒロハハナヤスリになりました。
180416kohiroha
問題はこちらのコヒロハハナヤスリです。上のヒロハと同日の撮影なので、生長状態に差はありません。未熟なのではなく、そもそも栄養葉の基部がほっそりとして、全体がふつうの「葉っぱ型」です。
なので、広葉に対比させたら狭葉と名付けるべきだったろうに、あろうことか小広葉とされてしまいました。広い葉なのに小さいとは自己撞着もいいところです。おまけにカタカナだと、どこが違うか、わかりにくいったらありゃしません。
という憤激はグッと腹に収めて、これで二つの見分けをマスターできたことだけを喜んでおきましょう。この知識を土台にして、同科同属のほかの面々にも早く出会いたいものです。

| | コメント (0)

4月15日(日) メグスリノキ(雌株)

180415megusurinoki_f
女性のことを「迫力の容貌」と評したら、人間の場合は失礼でも、樹木が相手なら問題はないでしょう。いかにもノーマルでかわいらしい雄株の花に比べると、ついカマキリの雌を連想して、「食べちゃうぞ!」と吹き出しをつけたくなります。
すでに実のプロペラ部分も備えていて、できあがった実だとこの恐ろしげな柱頭がないので、受粉の役目を果たすと、早晩落ちてしまうようです。
違う年の比較なので、雄株と雌株の開花時期を単純には比較できなくても、若葉の開き加減を見れば、メグスリノキの雌花は決して「男焦らし型」ではなく、雌雄同時か雌花やや先行タイプに見えます。この点も、なにやら男を待ち受けて「食べちゃうぞ!」とニンマリしているように思えて、気弱な爺さんはブルってしまいました。

過去のきょう 2017 オオバベニガシワ 2016 ウコン(鬱金桜) 2015 ツバキ(崑崙黒) 2014 センダイタイゲキ 2013 ツバキ(九重) 2012 アネモネ 2011 ハタザクラ 2010 ハシバミ 2009 ハリエニシダ 2008 ミドリウスバサイシン 2007 ラショウモンカズラ 2006 ヤブタビラコ 2005 シロバナハナズオウ

| | コメント (0)

4月14日(土) ワダソウ

180414wadasou1
花の径はせいぜい1cmくらいのものだし、背丈もくるぶし程度です。その気で探さないと、のんびり野歩きでは見つかりそうにありません。
そもそもが積もった落ち葉やほかの草には負けやすいので、里山的な手入れされた環境でないと育ちにくいようです。ただ、中山道・和田峠に多かったからという名前からすると、昔の峠がそんなに手入れされていたかという疑問が残ります。山道でも人の通行が多ければ、都合のいい環境ができたものでしょうか。
180414wadasou2
花は1茎に1個が標準なのに、ここのものはなかなかサービス良好でした。花びらが5枚でその先が割れるので、桜が地面で咲いているみたいです。

過去のきょう 2017 ヒヤシンソイデス・ヒスパニカ(シラー・カンパニュラータ) 2016 ムサシアブミ 2015 カキドオシ 2014 ハシバミ 2013 コスミレ 2012 レンギョウ 2011 スギ 2010 サルトリイバラ(サンキライ・雌花) 2009 オオイワウチワ 2008 ハナノキ 2007 ムレスズメ 2006 コオニタビラコ 2005 アケビ

| | コメント (0)

4月13日(金) メギ

180413megi1
次の春を待ってメギの花を撮影する…と言ったはずと思って確認したら、それは2013年の秋のことでした。このごろ時間がダマになってきて、5年もほったらかしていたという罪悪感は薄く、「おう、メギが咲いたか」と横柄なものです。
180413megi2
花びらに貼り付いている雄シベは用済みのようで、花が開きかけのときに雌シベにチュッとやっています。いや、自家受粉は避けたいだろうし、そのタイミングだと葯はまだ割れていないかもしれません。その辺を解明しながら、ポリネーターまで写し込んだ写真は、また「次の春」の課題にしておきましょう。
Megi180315
オマケは1カ月前(3月15日撮影)のメギの様子です。まだ蕾が固いうちからメギをしっかりマークしていたわけで、横柄なわりに気が小さいオジサンです。

過去のきょう 2017 ザイフリボク 2016 ミツバツツジ 2015 ニワザクラ 2014 レンプクソウ(ゴリンバナ) 2013 ミツバツツジ 2012 プリムラ・ジュリアン 2011 ツバキ(王昭君) 2010 ニッコウネコノメソウ 2009 オオリキュウバイ 2008 タピアン 2007 ムラサキケマン 2006 スズメノテッポウ 2005 シロバナタンポポ

| | コメント (0)

4月12日(木) モモイロバイカイカリソウ

180412momoirobaikaikarisou1
全体の姿や葉の形からしてイカリソウの種類とは察しがついても、花の形がふつうのイカリソウよりはふっくらとしています。前に見たバイカイカリソウと同じで、イカリソウのくせに碇が目立たないタイプです。
180412momoirobaikaikarisou2
ただ、バイカイカリソウほどには梅の花っぽくなくて、ささやかではあっても距がキュンとのびだしています。そこが長ったらしい名前になった曰くのようで、イカリソウトキワイカリソウに色変わりがあるのとは、少しわけが違います。

過去のきょう 2017 ツクシスミレ 2016 サルオガセ 2015 ヒイラギソウ 2014 クロモジ(雌花) 2013 ヒトリシズカ 2012 ユキヤナギ(ピンク) 2011 アマナ 2010 エンレイソウ 2009 ホソバアカメギ 2008 クレマチス・白万重(しろまんえ) 2007 プリムラ・マラコイデス 2006 アンスリウム 2005 ハナカイドウ

| | コメント (0)

4月11日(水) クロキ

180411kuroki1
名前的には対になるシラキ(白木)の枝ならたしかに白っぽく感じたのに、このクロキ(黒木)の幹や枝はそこまで特徴的ではありません。むしろ、厚手で繁くつく葉が光を遮り、樹下がどことなく暗いので、クラキの間違いかと邪推してしまいます。
そのクラキ、いやクロキが花をつけていて、白い花がこんなにつくのだから、全体がもっと明るく見えても良さそうなのに、やはりクラキでした。ホームグラウンドは九州南部らしいので、そちら方面でならもっと見映えがするのでしょう。
180411kuroki2
分類的にはシラキとはまったく無縁で、ハイノキと同科同属でした。
そうと知ってから眺めれば、固まって咲く白い花とか、革質の葉とかに共通点が見られます。そのハイノキと同じように、関東のお庭では見かけにくい木なので、今回撮ったこのクラキさん(しつこい!)には末永く元気でいてほしいものです。

<追録> 2週間後、けっこうな確率で結実していました。(2018年4月24日)
180424kuroki
過去のきょう 2017 ウスガサネオオシマ 2016 クヌギ 2015 ジューンベリー 2014 ヒキノカサ 2013 ミカイドウ 2012 ヤブレガサ 2011 アオキ 2010 ヒメウズ 2009 タンチョウソウ(イワヤツデ) 2008 八重咲き水仙・エルリッチャー 2007 イカリソウ 2006 ゲンゲ(レンゲソウ) 2005 ハタザクラ

| | コメント (0)

4月10日(火) ヒゴスミレ

180410higosumire
見分けがわかりやすくて喜んだエイザンスミレよりもさらにうれしい葉です。「別にお前だけが丸くないやんけ!」とマルバスミレに毒づいたように、スミレ類の葉はどれもこれも同じように見える節穴の目にとって、じつに輝いて見える葉です。
そして、花があっさりと単純な色であることも美点です。たまにほんのり赤くなるものがあるようでも、色みが揺れて頼りにならない他種よりはずっと明確です。
問題はその生息域が特に肥後に限らないという名前です。きのうのレンギョウがまさに名前どおりの限定地域版だったのとは大違いです。ただ、これはエイザンスミレですでに納得した事柄で、きょうはあっさり「名前は記号」説に与します。

過去のきょう 2017 ハボタン 2016 イワウチワ 2015 ムサシアブミ 2014 アカシデ(ソロ) 2013 タチイヌノフグリ 2012 ヒカゲツツジ 2011 スギナ(ツクシ) 2010 カタクリ 2009 ベニコブシ 2008 原種チューリップ 2007 ジロボウエンゴサク 2006 カラスノエンドウ 2005 アオキ

| | コメント (0)

追加編 : ヒメサザンカ二態

180405himesazanka
温室で開いた花を2月に載せました。やはり露地の開花を見たいと願っていたら、およそ1カ月半の時間差で、ヒメサザンカが花開きました。
180409elina
そしてこちらは園芸種のエリナ(エリナ・カスケード)です。そもそも近所にあるこのエリナがなかなか花開かず、ヒメサザンカには焦らされてきたわけです。
ずいぶん待たせてくれたわりには…などと不満は言わず、その慎ましやかな開き具合を堪能させていただきました。

| | コメント (0)

4月9日(月) ショウドシマレンギョウ

180409syoudosima1
レンギョウ5点セットの完成です。4点目だったヤマトレンギョウは展葉前で花だけというかなりの「とりあえず」だったのに対し、こちらはほぼ満点画像です。
ヤマトレンギョウの変種だとは言いながら、住む場所が違えば性格は大きく異なり、花が先行するヤマトに対し、こちらは葉が先行して花がいまごろでした。名前どおり小豆島、それも一部地域にしか自生しない品種で、写真のものは植栽品です。
180409syoudosima2
雌雄異株で、ここのものは雄株でした。ふつうのレンギョウでずいぶん苦労して覚えた花柱の長さの違いを思い出すなら、この株の花は突き出た雄シベの奥に雌シベ(花柱)が慎ましやかに控えていました。
180409syoudosima3
葉の鋸歯が目立たない(あることはある)のがこのレンギョウの特徴だそうで、その点も展葉のタイミングと併せて、母種であるヤマトとの違いになります。ということは、やはりヤマトの葉を写すことは不可欠で、「5点セット完成」は取り消しです。

過去のきょう 2017 ヤブデマリ、イヌシデ、ボケ 2016 イヌブナ 2015 セイヨウトチノキ 2014 キジムシロ 2013 フウ 2012 スズメノヤリ 2011 ヒノキ 2010 イヌコリヤナギ 2009 ベニバナトキワマンサク 2008 ムラサキウンラン(ヒメキンギョソウ、リナリア) 2007 アジュガ・レプタンス(セイヨウジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ) 2006 レンギョウ 2005 ドウダンツツジ

| | コメント (0)

4月8日(日) ニオイカントウ

180408nioikantou
ニオイカントウは漢字だと匂款冬です。やたらにおごそかなお名前でいらっしゃるので、てっきり古来から由緒のあるお血筋かと思ったら、肩透かしでした。なんとはるばる地中海方面から、昭和の時代に持ち込まれたそうで、なんかこう、結婚詐欺師が綾小路とか名乗るのと一緒の感じです。
匂+款冬の最初のパーツ「匂」の素(花)は、残念ながらご用済みの体でした。ただ、盛りでも形はこんなものだし、色も左端の花は少し面影を残しています。
後ろのパーツ「款冬」はフキ類のことを指す言葉で、初めて聞きました。フキとかツワブキとかノブキとかマルバダケブキとか、本邦諸先輩がみなあっさりと「フキ」を名乗るのに対し、なんたる思い上がりでしょう…と、自分の無知蒙昧を突かれた弱みから、遠来の客人にやたら冷たい視線を送るはた衛門でした。

過去のきょう 2017 ウラシマソウ 2016 ホウチャクソウ 2015 マルバスミレ 2014 バイカシモツケ(リキュウバイ、ウメザキウツギ、マルバヤナギザクラ) 2013 ユーフォルビア・ラクテア 2012 カツラ(雌株) 2011 ワビスケ(数寄屋)  2010 ジロボウエンゴサク 2009 シロバナアケビ 2008 ヤマザクラ 2007 バイモ 2006 ムシクサ 2005 ヒサカキ

| | コメント (0)

4月7日(土) アベマキ

180407abemaki1
アベマキの完全ショットです。風に吹かれた一枚の若葉が煌めいています。写真全体がアンダーなのは決して暗がりでの撮影なのではなく、大木ゆえに自分で自分を暗くしていることがこれで示されています。うむ、完全な言い訳です。
で、花盛りです。花粉まき散らし真っ最中の雄花の先に雌花が写っています。大木であること、若葉の美しさ、雌雄の花、これだけのことを一枚に盛り込めば、うむ、やはりこれは完全ショットです。あとは光の回り込みさえ良ければ(涙)。
180407abemaki2
で、雌花と雄花です。雄花の葯は全開後で、かなり黒ずんでいます。なのに雌花はまだ幼くて、上の写真のものよりさらに緑色です。これが赤みを増して開いて、柱頭が子細に見える写真が撮れたら、今度こそ本当に完全ショットです。

<追録> 2週間後、柱頭が赤黒く変化した雌花をとらえました。(2018年4月22日)
180422mebana
過去のきょう 2017 ツバキ(蝦夷錦) 2016 ツクバネウツギ 2015 ロドレイア 2014 センボンヤリ 2013 レンギョウ 2012 アオイスミレ 2011 ガマズミ 2010 アズマネザサ 2009 トキワイカリソウ(白花) 2008 ヒメシデコブシ 2007 ノウルシ 2006 スモモ 2005 スギナ

| | コメント (0)

4月6日(金) フタバアオイ

180406hutabaaoi0
フタバアオイがものすごく元気よく葉を輝かせていました。
180406hutabaaoi1
と、それだけでは仕方ないので、「双葉」である証明写真です。たしかに、地中から上がってきた1本の茎がすぐに二股に分かれ、それぞれ葉をつけています。
ん、その股の部分から余計なものが…? これ、男の子?
180406hutabaaoi2
花でした。作りはカンアオイに近くても、色合いがキュートです。ただ、こうして持ち上げてやらないと、うつむいてばかりのはにかみ屋さんだし、なにせ拙の指がこんな巨大に見えてしまうサイズなので、鑑賞には少しばかり不向きでした。

過去のきょう 2017 セントウソウ 2016 セリバオウレン 2015 ヤブカンゾウ 2014 ハナイカダ(雄株) 2013 グズマニア・ヒルダ 2012 シダレカツラ 2011 ラッパ水仙 2010 イチリンソウ 2009 カランコエ(八重) 2008 ノボロギク 2007 トウダイグサ 2006 センボンヤリ 2005 ボタン

| | コメント (0)

4月5日(木) ザクロ

180405zakuro
ザクロは春の目覚めが案外に遅いことに初めて気づきました。というより、過去掲載はだけで、それはつまりしか見ていなかったわけです。
染井吉野がそろそろ散り果てようというころ、小さくて尖った真っ赤な芽(たぶん葉芽)が噴き出すのでした。花芽らしきものを探しても、芽は1種類だけです。記憶では、花は5月のうちから見ているので、このあと一気呵成なのでしょう。
そして枝です。風変わりな花と実に比べると、なんとも「フツー」です。葉がものすごく密につくので、影の存在となる期間が長すぎて、拗ねたものでしょうか。そう言えば幹も、ゴツゴツして渋いというイメージがあるだけです。
ということで、次にザクロが登場するとすれば、幹と枝をジミーに鑑賞させていただいて、あわよくば花芽も「見つけたーッ」といきたいものです。

<追録> 育つ場所が違えば生長度合いも異なるわけで、たった4日だけあとだというのに、ここまで葉が展開している1本(↓)に遭遇しました。幹の荒々しい感じは、記憶のとおりでした。(撮影:2018年4月9日)
180409zakuro
過去のきょう 2017 ネコヤナギ 2016 アケボノツツジ 2015 ミシマザクラ 2014 オキナグサ 2013 デンドロビウム(ピンクドール・洋ラン) 2012 ウバユリ 2011 ニワトコ 2010 ノウルシ 2009 シナミズキ 2008 ヤマモモ 2007 キランソウ 2006 ミケリア 2005 レンギョウ

| | コメント (0)

4月4日(水) イタドリ

180404itadori
うぉっ、きれい!と撮ったまでは良くても、初めての場所だったので、ここにいつもなにが生えていたものか不明です。タデ科だろうとは思いながら、写したあとの野歩きの間、この真っ赤な若葉の正体が気になって仕方ありませんでした。
ただ、途中でどうかした拍子に「スカンポ?」とひらめきました。イタドリの名ではなく子供のころの味を思い出すところが記憶の不思議なところです。
思いついてからカメラのモニターで確認すると、葉脈に深い皺があり基部が切形であること、その葉が互生であること、さらに茎がもうこれだけ太いことなど、イタドリとしての要件はすべて満たしていました。やったね!の気分です。
あとはこの段階で株の雌雄がわかれば大満足というものです。ひょっとして茎の味に差があったりして(笑)。芽吹きでの雌雄判別は来世の課題です。

過去のきょう 2017 ハナニラ 2016 オオミスミソウ(ユキワリソウ) 2015 ハラン 2014 アブラチャン 2013 ソシンカ 2012 オオカンザクラ 2011 キクザキイチゲ 2010 ハナニラ 2009 チョウジザクラ 2008 ノジスミレ 2007 アザレア 2006 ヤブレガサ 2005 カタクリ

| | コメント (0)

4月3日(火) ヨウコウ

180403youkou1
いろいろ作出される桜のなかで、わりと「有名ブランド」です。濃いピンクが華やかで、樹形もまとまりが良く、病害虫にも強いことが好まれているようです。
その色の派手さ加減を示すのに、後方の染井吉野がひと役買ってくれました。木々にあまり興味のない知人の言によれば「このごろ、桜が白っぽくなった」そうで、こういう派手め系が幅をきかすと、染井吉野あたりは肩身が狭くなることでしょう。
180403youkou2
面白いのは、この「陽光」を作り出した人が、あの「伯方の塩」の初代社長さんだということです。なんでも、数年前にはその人を描いた映画(主演:笹野高史)も作られたそうで、DVDレンタルの手続きをしました。届くのが楽しみです。

<補注1> ヨウコウ(陽光)の交配親はアマギヨシノカンヒザクラ(タイワンヒザクラとも)です。
<補注2> 映画「陽光桜」、桜極道とでも言うべき人生が濃厚に描かれていました。主人公・高岡正明が亡くなった翌日、あの911事件が勃発したことを初めて知りました。

<追録> 味は不明でも、結実性はいいようです。尖った形が独特でした。(2018年4月26日)
180426mi
過去のきょう 2017 ハナノキ 2016 コナラ 2015 ヨコハマヒザクラ 2014 ツワブキ 2013 ミヤマカタバミ 2012 ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) 2011 ミヤマウグイスカグラ 2010 ムスカリ 2009 シダレザクラ(イトザクラ) 2008 シダレザクラ(イトザクラ) 2007 スノーフレーク 2006 ムクゲアカシア 2005 ムスカリ

| | コメント (0)

4月2日(月) ノラボウナ

180402norabou1
いわゆる武蔵野地域の野菜です。江戸時代、五日市近辺で栽培が始まったそうで、天明・天保の飢饉を救った作物として、いまでもこの辺では親しまれています。
野良坊と漢字を当てることはあっても、「坊」の意味は不明のようです。野良生えの音便だとする説が最有力でも、農民が年貢逃れのため、「野良にボーッと生えているだけで、役に立たない」と言い訳したという異説もあります。かなりのコジツケに思える一方で、農民たちの苦心が偲ばれて、ちょっと惹かれます。
180402norabou2
上がってくる花茎を摘んでは食べ、摘んでは食べます。そのため、ひとさまの畑で蕾がこの先立派に開いた写真を得るのはむずかしいはずです。西洋アブラナの系統だというので、だいたいあの手の花だろうと思っておくことにします。

<追録> 奇特にも花を咲かせている畝がありました。花茎の徒長がすさまじいことに仰天です。(2018年4月8日)
Norabou_hana
過去のきょう 2017 ラッパ水仙 2016 スミレ 2015 ヒメスミレ 2014 レンギョウ(雌花) 2013 ムユウジュ 2012 サルココッカ・コンフサ 2011 ヤマコウバシ 2010 ゴンズイ 2009 テンダイウヤク 2008 イチハツ 2007 ヤマエンゴサク 2006 ニリンソウ 2005 シデコブシ

| | コメント (0)

4月1日(日) オオバヤシャブシ

180401oobayasyabusi1
女性上位が「オオバ」、男性上位が「ふつう」のヤシャブシなので、上から若葉・雌花・雄花の順に並ぶこれはオオバヤシャブシになります。いつも撮り損なっていた大葉さんの開花シーンをめでたくとらえることができました。
180401oobayasyabusi2
まずは雄花序です。地面にボタボタ落ちているので、たやすく接写できました。花粉を出し切ってもはや用済みでも、なかなかに美的です。
180401oobayasyabusi3
対して雌花序です。落ちないし、高いところにあるし、雌シベまでわかるように撮れるかなぁと心配したのに、どうにか赤いピロピロが写せました。余録で葉っぱが顕微鏡写真のように見えてくれて、大葉さんの美を堪能できました。

過去のきょう 2017 マダケ 2016 白キンギョツバキ 2015 アマギヨシノ 2014 ショウジョウバカマ 2013 レウイシア 2012 シャガ 2011 ヒイラギバツバキ 2010 クヌギ(雄花) 2009 イカリソウ 2008 アカシデ 2007 カテンソウ 2006 アブラチャン 2005 ユスラウメ

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »