« 4月15日(日) メグスリノキ(雌株) | トップページ | 4月16日(月) キャッツテール »

追加編 : ハナヤスリ2種比較

180416hiroha
ヒロハハナヤスリとコヒロハハナヤスリ、字面だけだとたった1文字の違いがわかりにくくてウロウロします。ただ、写真の栄養葉の福々しい形(葉の付け根が横に広く張っている)を見ると、ヒロハ(広葉)という名づけには深く頷くことができます。
3月末にここに掲載したときは、まだこの部分が少し捲いていたのでヒロハらしさが薄かったものが、3週間経って文字どおりのヒロハハナヤスリになりました。
180416kohiroha
問題はこちらのコヒロハハナヤスリです。上のヒロハと同日の撮影なので、生長状態に差はありません。未熟なのではなく、そもそも栄養葉の基部がほっそりとして、全体がふつうの「葉っぱ型」です。
なので、広葉に対比させたら狭葉と名付けるべきだったろうに、あろうことか小広葉とされてしまいました。広い葉なのに小さいとは自己撞着もいいところです。おまけにカタカナだと、どこが違うか、わかりにくいったらありゃしません。
という憤激はグッと腹に収めて、これで二つの見分けをマスターできたことだけを喜んでおきましょう。この知識を土台にして、同科同属のほかの面々にも早く出会いたいものです。

|

« 4月15日(日) メグスリノキ(雌株) | トップページ | 4月16日(月) キャッツテール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月15日(日) メグスリノキ(雌株) | トップページ | 4月16日(月) キャッツテール »