« 3月7日(水) タマネギ | トップページ | 番外編 : 水鳥2種 »

3月8日(木) モミジバスズカケノキ

180308momidibasuzukake
この冬、例年になく木々の冬芽を見るのが楽しくなったのは、ハクウンボクの「葉柄内芽」という変なしかけを知ったからでした。
おかげで、そのしかけを持つ仲間としてキハダプラタナス類の「そこ」を見直し、「ホントだぁ」とうれしがっていたら、ふと気づきました。葉痕側だけ見ているけれど、落ちた葉の柄って、やっぱりポケット状になっているのでしょうか?
で、ハクウンボクやキハダの木の周囲を探しても、もはや落ち葉は風に吹き飛ばされ、見つけにくい状態でした。ところがプラタナスの葉はこれだけ枯れてもけっこう重さがあり、しかも丈夫で、たくさん残っていました。
労せず葉柄のポケットを確認できました。思った以上にハッキリして大きく、ほぼカプセルと言える形状です。次はこの葉が枝から離れる瞬間、つまりカプセルから冬芽が顔を出すところを目撃したいという欲が湧いてきます。

過去のきょう 2017 ロマネスコ 2016 セイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ) 2015 ガジュマル 2014 ハボタン(珊瑚系) 2013 スイレン 2012 マルバマンネングサ 2011 クロベ 2010 メタセコイア(雄花) 2009 ハーデンベルギア 2008 ハナキササゲ(オオアメリカキササゲ) 2007 ヒイラギナンテン 2006 フキ(ふきのとう) 2005 クリスマスローズ

|

« 3月7日(水) タマネギ | トップページ | 番外編 : 水鳥2種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月7日(水) タマネギ | トップページ | 番外編 : 水鳥2種 »