« 3月6日(火) サルナシ | トップページ | 3月8日(木) モミジバスズカケノキ »

3月7日(水) タマネギ

180307tamanegi
畑を見かけるたび、タマネギが花をつけていないかチェックするのに、いままでどうも縁がありません。花が咲くまで放置してくれる人が少ないのか、あるいはふつうのネギの葱坊主だと思って(けっこう似ている)見過ごしてきたか、どちらかです。
そこで辛抱たまらず、まだ蕾もないシーンです。この段階だと、葉はヒョロついて、ふつうのネギとの違いは明らかなので、この畑をこれから見張ることにします。
で、転んでもただでは起きずに黒ビニール(マルチ)に注目してみました。タマネギの場合、わりとこの育て方が多いので、その理由に興味がありました。
野菜というのは原産地の気候下で一番健やかに育つ(つまり生育効率もいいし、おいしくもなる)ので、寒さには強いタマネギとは言え、こうやってわずかに地温を上げてやるのがいいらしいのです。たしかに、先日掲載のケールはマルチなしでした。
ビニール一枚で地温がどれほど違うものか測ってみたくなります。しかし、他人の畑に温度計を差し込むのもためらわれるので、そんなものだと思うことにします。

<補注> 上の写真の状態から、まだかまだかと追いかけ続けて2カ月半、ようやく花が開き(↓)ました。(2018年5月24日)
0524
葉の間から花茎が出て、そこに蕾があるのを見つけたのは4月17日のことでした。
0417
それから、花をくるんでいる薄皮が破れて個別の花蕾が展開したものの、ここから「開花」までがじつに長い道のりでした。(2018年撮影:5月10日)
0510
あちこちのタマネギ畑を覗き歩いたおかげで、例の紫色のタマネギも見つけました。ただ、この畑では、ふつうのタマネギにも紫の方にも蕾はついていませんでした。(2018年撮影:5月21日)
0521
過去のきょう 2017 ツノハシバミ 2016 フキタンポポ 2015 クンシラン 2014 シラカシ 2013 オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ) 2012 ヒメサザンカ・エリナ 2011 マンサク 2010 ジャノメエリカ 2009 キルタンサス 2008 バショウ 2007 エリカ・コロランス・ホワイトデライト 2006 クロッカス 2005 セツブンソウ

|

« 3月6日(火) サルナシ | トップページ | 3月8日(木) モミジバスズカケノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月6日(火) サルナシ | トップページ | 3月8日(木) モミジバスズカケノキ »