« 3月16日(金) ツルアジサイ | トップページ | 3月18日(日) アオギリ »

3月17日(土) ミチノクフクジュソウ

180317mitinokuhukujusou
ミチノクと名付けられてはいても、北海道以外、全国に分布します。日本に4種あるフクジュソウの原種の一つです。あとの二つは分布が限定的なので、今生でまみえることは最初からあきらめ、このミチノクフクジュソウとふつうのフクジュソウの二つだけはしっかり覚えたいものと願っています。
Hukujusou0226a
こちら(↑)が「ふつう」です。萼(花の外側、茶色く見える)がほかの花びらとほぼ同じ長さです。1枚目写真(ミチノク)の萼は明らかに短めです。
Hukujusou0226b
ところが!なのです。この3枚目も「ふつう」で、これだとむしろミチノクよりも萼が短めです。気にして見ると、「ふつう」の萼の長さにはけっこう差があるのです。
となると、見分けができないじゃないか!となります。ところが、意外にも区別のポイントは単純で、開花時期なのです。
1枚目の撮影日は3月15日なのに対し、2・3枚目(つまりふつうのフクジュソウ)は2月26日です。そして、その状態を見ると、ミチノクがいかにも咲き始め状態(茎が短く、葉の開出が少ない)なのに対し、半月も前の「ふつう」はもうすでにかなり成長段階にあることが明らかです。つまり、ミチノクは遅いのです。

さらに、原種以外にも、先日載せた秩父紅のような園芸品(変種や交雑品)は少なからずあるわけで、フクジュソウを極めるには我が「福寿」が不可欠なのでした。

過去のきょう 2017 ウォールム・バンクシア(バンクシア・アエムラ) 2016 ムラサキオモト 2015 ベニウチワ(アンスリウム・シェルツェリアナム) 2014 ナンテン 2013 ナギイカダ 2012 ウメ(鹿児島紅) 2011 ロニセラ・フラグランティシマ 2010 ソメイヨシノ 2009 ヤマアイ(雌花) 2008 マツバギク 2007 ソテツ 2006 アンズ 2005 トサミズキ

|

« 3月16日(金) ツルアジサイ | トップページ | 3月18日(日) アオギリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月16日(金) ツルアジサイ | トップページ | 3月18日(日) アオギリ »