« 3月10日(土) スキミア(ミヤマシキミ) | トップページ | 3月12日(月) カラタチ »

3月11日(日) バビアナ・セダルベルゲンシス

180311babiana
秋に植えた球根が、早春からこうして開花します。毛だらけの葉が、いかにも寒さに強そうです。ものすごく寸足らずなことも耐寒性にはプラスみたいです。
バビアナにはホザキアヤメという和名があり、このセダルベルゲンシスならアヤメに見えなくもありません。分類的にもアヤメ科ではあります。
ただし、ホザキというほど花茎が立ち上がらない(連続開花する花穂を作らない)し、ほかの品種の花(濃いピンクや白)はとてもアヤメには見えません。バビアナはバビアナでいいかということで、自分的にはこの和名はスルーです。

<補注> この植物は、流通的にはセ「デ」ルベルゲンシスと表記されることが多いようです。ただし、「学名はカタカナ読み」の原則に従えば、cedarbergensisはセダルベルゲンシスだし、発音的にもこの方がしやすいので「ダ」を採用します。

過去のきょう 2017 ビヨウタコノキ 2016 クリスマスローズ・ピンクフロスト 2015 カラクサケマン 2014 バンペイユ(晩白柚) 2013 ヒスイカズラ 2012 オウバイ 2011 リンドウ 2010 ハチジョウキブシ(雄花) 2009 クリスマスローズ(フォエチダス) 2008 アセビ 2007 シラー・シベリカ・アルバ 2006 ネモフィラ・ペニーブラック 2005 シバザクラ

|

« 3月10日(土) スキミア(ミヤマシキミ) | トップページ | 3月12日(月) カラタチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月10日(土) スキミア(ミヤマシキミ) | トップページ | 3月12日(月) カラタチ »