« 2月25日(日) ショカツサイ | トップページ | 2月27日(火) ミドリノスズ(グリーンネックレス) »

2月26日(月) ヤブムラサキとムラサキシキブ

180226raga_1
おやまあ、ヤブムラサキの実がこんな時期まできれいな色で残っていました。萼や枝の毛深さも相変わらずで、自己主張もここまで行けば立派なものです。
そして今回はもう一つの「人と違う」点に注目です。この冬芽、ゴワゴワはしていても、硬い鱗は被っていません。裸芽(らが)というしくみで、アジサイでも見ます。冬芽の多数派形態である鱗芽(りんが)に比べ、ちょっと寒々しい感じです。
180226raga_2b
もちろん、仲間のムラサキシキブも同じタイプです。ゴワつかない分、こちらの芽の方が葉っぱそのものであることがよくわかります。
180226raga_3
ただ、なかには要領のいいのもいて、外側の一枚をこうしてコートのように脱ぎ捨てるのです。仲間を風除けにするなんて、かなり許せないヤツです。

<補注> 記事でリンクさせたアジサイの冬芽はやや開きすぎだったので、あらためてこの季節の状態を掲載しておきました。(2018年2月28日

過去のきょう 2017 ハオルシア・トーツオサ(五重塔)  2016 マスデバリア・インカプリンス(洋ラン) 2015 スリナムゴウカン 2014 ピレア・ヌムラリフォリア 2013 アミメヘイシソウ(レウコフィラ、サラセニア・レウコフィラ) 2012 スギ 2011 ラクウショウ 2010 ムクノキ 2009 カンザクラ 2008 オウバイ(梅) 2007 カワヅザクラ 2006 クリスマスローズ 2005 コハコベ

|

« 2月25日(日) ショカツサイ | トップページ | 2月27日(火) ミドリノスズ(グリーンネックレス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月25日(日) ショカツサイ | トップページ | 2月27日(火) ミドリノスズ(グリーンネックレス) »