« 2月21日(水) フクジュソウ(秩父紅) | トップページ | 2月23日(金) シュンラン »

2月22日(木) キハダ

180222kihada
はぁ~、ホントだ。葉痕のなかから冬芽が出ています。ハクウンボクで知った葉柄内芽という冬芽のタイプ、さっそく3例目(注)を確認です。
キハダは、鈴なりの実に惹かれたのが最初の出会いでした。以降、薬湯を楽しむことまでして親しんだはずなのに、へぇ~、気づかなかったなぁ…です。
調べてみると、まだまだヌルデとかハリギリとかユクノキとか、葉柄内芽の仲間はいるようです。分類的にはまったく関係ないこれらの木が、どうして同じシステムを持つのか、逆に言えば同科同属でもなぜ自分だけこのシステムなのか、冬が来るごとに、ゆっくりゆっくり考えてみようと思います。

<補注> 2例目はスズカケノキ(プラタナス類)で確認しました。
<追録> 芽吹きの様子をとらえました。(2018年4月8日)
180408kihada
過去のきょう 2017 ヒトデカズラ(フィロデンドロン・セローム)  2016 ハルジオン 2015 パラミツ(ナガミパンノキ、ジャックフルーツ) 2014 アスコセンダ(洋ラン) 2013 ハス(行田蓮) 2012 ヒメシャラ 2011 クコ 2010 ピレア・モリス 2009 ギンヨウアカシア 2008 フィカス・アルテッシマ 2007 クモマグサ 2006 ナガバジャノヒゲ 2005 ミヤマウグイスカグラ

|

« 2月21日(水) フクジュソウ(秩父紅) | トップページ | 2月23日(金) シュンラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月21日(水) フクジュソウ(秩父紅) | トップページ | 2月23日(金) シュンラン »