« 1月24日(水) コチャルメルソウ | トップページ | 番外編 : ジョウビタキ »

1月25日(木) ヒュウガミズキ

180125hyuga
種が飛び出るシーンはやっぱり無理(前回レポートのときからあきらめ気味)だったし、殻はすでに空でした。それでも大して落胆しなかったのは、2本のツノがそれぞれ真っ二つに裂けて剽軽な姿になることを確認できたからです。(トサミズキも同じ)
右の殻など「ヤンヤの喝采」とタイトルをつけたくなります。そしてやっぱりこれ、スペースインベーダーの敵キャラを思わせます。12年もの昔、トサミズキの実が割れているのを見たとき、同じことを考えたものでした。
ただ、自分はその方面が疎くて断言できなかった当時と比べると、いまは「インベーダー」「キャラ」で検索するとイヤになるほど画像を確認できます。自分がイメージしているのは敵キャラだったこともわかりました。便利な時代です。

過去のきょう 2017 ムラサキケマン 2016 キソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア) 2015 コルディリネ 2014 シラン 2013 オオツワブキ 2012 ドイツトウヒ  2011 セツブンソウ 2010 カニクサ 2009 シロマツ 2008 イイギリ 2007 コバノタツナミ 2006 ウツギ 2005 フユザクラ

|

« 1月24日(水) コチャルメルソウ | トップページ | 番外編 : ジョウビタキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月24日(水) コチャルメルソウ | トップページ | 番外編 : ジョウビタキ »