« 12月31日(日) エビスグサ | トップページ | 1月2日(火) スイセンノウ(フランネルソウ) »

1月1日(月) ヒゼンマユミ

180101hizenmayumi1
元日から景気の悪い話です。1年前に初めてヒゼンマユミを見つけたのは、この黄色い殻がもっとたくさんついていて、遠くからでも目立ったからでした。
それが今回はこの程度です。花のときはヘテロという新しい知識に浮かれ、その少なさに気づかなかったものの、青い実になり、さらにほんのり色づいてくるに従い、実の数が前年よりグッと減っていることは疑いようがなくなりました。さらに、期待していた殻の中身=赤い種がもうありません。なんじゃこりゃ!の不景気です。
180101hizenmayumi2
せっかく1年待ったのに…とボヤキながら種を探したら、あるにはありました。ただ、その色が思ったより薄くて、これでは赤ではなく朱色です。さらにふつうのマユミと違い、殻が開くと種はけっこう慌てて落ちる性質なのでした。
やれやれ、初めてこの木を知ったとき、庭木に最適ではないかと思ったのは少し買いかぶりでした。とは言いながら、1年休んだら、今年はきっと当たり年、景気よく花を咲かせ実をつけてくれることを祈って元日の題材に取り上げました。

<追録> 残念ながら実のつきは2018年もあまり良くありません。青い実がパラパラとしか見つからないわりに、実を落としてしまった柄(残骸)ばかりが目立ちます。この柄は触るとすぐに落ちて痕跡が消えるので、去年の秋はこんな残骸があったことさえ気づきませんでした。(2018年7月9日)
180708h
過去のきょう 2017 シンゴニウム 2016 セントウソウ 2015 オオベニゴウカン 2014 ヘクソカズラ 2013 カンアオイ 2012 センジュラン  2011 アカマツ 2010 アカマツ 2009 ゴヨウマツ(ヒメコマツ) 2008 ダイダイ 2007 ハタザクラ 2006 ユズリハ 2005 クロマツ

|

« 12月31日(日) エビスグサ | トップページ | 1月2日(火) スイセンノウ(フランネルソウ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月31日(日) エビスグサ | トップページ | 1月2日(火) スイセンノウ(フランネルソウ) »