« 12月2日(土) マメグンバイナズナ | トップページ | 12月4日(月) ツルマメ »

12月3日(日) ヒイラギ

171203hiiragi_f
おととい、セイヨウヒイラギを載せて、じつはそこでふつうのヒイラギの実にも触れようと考えました。ところが「おっと!」、ヒイラギの実を撮影していません。
過去3回の登場は、蕾状態が1回と開花状態が2回、それぞれでシツコイほどに葉の形にはこだわっているものの、実を気にした様子は皆無です。かつ、ヒイラギが雌雄異株であることには気づいていなかった雰囲気ありありです。
そこであらためてヒイラギの雌株(両性花)を撮影です。庭木としては花つきの良い雄株が好まれるため、雌株には少し巡り会いにくいはずなのに、ふだんの精進のせい(笑)で、たやすく目の前に現れました。
2本の雄シベを従えて緑の子房から突き出た柱頭が、「夏にはちゃんと実を写しに、ここに来なさいよ!」としたり顔で釘を刺してくれました。

<雄株写真の追加> 上の両性花の写真と比べると、雌シベの痕跡らしきもの(緑色の尖り)をつけた花はあっても、それが長くのび出したり、付け根に子房を備えるものがありません。これが雄花(雄株)です。
171204hiiragi_m3
別の場所の雄株(↓)です。同じように、2本の雄シベに挟まれた場所に小さな尖りはあっても、それが長くはのびず、もちろん柱頭がありません。
171204hiiragi_m1
念のためもう一本、別の場所の雄株(↓)です。これは立派な長屋門を構えた農家の門前にあった古木です。こちらも、雌シベの痕跡のような緑みは認められても、それが突き出たものはありません。
171204hiiragi_m2
なお、この木は古くて大きい(樹高3m以上)のに、葉にはもれなく棘(写真右上方)がありました。古木になると葉が丸くなるというのは、必ずしもすべての木に当てはまることではない可能性があります。

過去のきょう 2016 ハナノキ 2015 サワフタギ 2014 トサミズキ 2013 ハゼノキ 2012 アメリカマンサク 2011 ルドベキア・プレーリーサン 2010 アカメガシワ 2009 フウトウカズラ 2008 タカノツメ 2007 アカカタバミ 2006 スギナ 2005 ナンキンハゼ 2004 ダチュラ

|

« 12月2日(土) マメグンバイナズナ | トップページ | 12月4日(月) ツルマメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月2日(土) マメグンバイナズナ | トップページ | 12月4日(月) ツルマメ »