« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

10月31日(火) オヤマボクチ

171031oyamabokuti
これまでの掲載では1個2個しか画面に入れられなかったオヤマボクチの花がいきなり20個以上ですから、狂喜乱舞・万歳三唱です。
こういうものは「あるところにはある」わけで、過去にはギンリョウソウとかナンバンギセルとかキチジョウソウに驚かされました。またこのごろは、散々捜索した末に、イヤと言うほど実をつけたヒュウガミズキに弄ばれてしまいました。
もっとも、葉裏の毛を火口にするとか蕎麦のつなぎに使うわけですから、この程度の株数で驚いていては笑われそうです。四方八方をオヤマボクチの花に囲まれたときのために、もう少し大仰な喜びの言葉を仕入れておこうと思います。

<補注> 「あるところにはある」法則の新規事例はマユハケオモトでした。(2020年1月12日

過去のきょう 2016 ハヤトウリ 2015 ミツガシワ 2014 フジバカマ 2013 ダイズ 2012 サンゴジュ 2011 サボテン(金鯱) 2010 ヒキオコシ 2009 エノキ 2008 ゴマキ 2007 ノゲイトウ 2006 マルバフジバカマ 2005 ツワブキ 2004 ミゾソバ

| | コメント (0)

10月30日(月) コムラサキ

171030komurasaki
コムラサキの特徴に、いまさらながらグッと迫りました。花(果)柄と葉柄が枝から出る位置が微妙にずれています。また葉の付け根側半分ほどは鋸歯がありません。似たものとされるムラサキシキブとの明らかな相違点です。
などと字数をムダにせず、ズバッといきましょう。チャバネアオカメムシの幼虫です。成虫になると名前どおり青く(実際はきれいな若緑)なるのに、そしてカメムシ特有の五角形体型になるのに、いまの時期、そんな気配は皆無です。
乗っかっていた葉には欠損部があり、さてはこいつが!と思ったら、カメムシの多くは植物を食べるのではなく汁を吸うだけだそうで、濡れ衣でした。冬に向かって大人になるとはご苦労なことで、コムラサキで良かったらどうぞドンドン吸ってください。

<補注> 実の「老後の姿」を収録しました。(2020年12月23日

過去のきょう 2016 タチバナモドキ 2015 サンゴノボタン 2014 アズキナシ 2013 マルバノキ 2012 キンエノコロ 2011 オウゴンカズラ(ポトス、ゴールデンポトス) 2010 ホソバタイサンボク 2009 ニワナナカマド(チンシバイ) 2008 ズミ 2007 マムシグサ 2006 キチジョウソウ 2005 ダンチク 2004 ツリバナ

| | コメント (0)

10月29日(日) ノコンギク

171029nokongiku
かなり皮肉っぽい絵になりました。「野菊の如き君なりき」などという歯が浮くようなタイトルを、一匹の蝿が台無しにしてくれています。蝿に好かれる君なりき…。
もっとも、野菊という品種はないので、原作でいうそれはノコンギクであろうとか、いやいやヨメナではあるまいか、とかいろいろです。こうやってノコンギクでオチャラケたところで、伊藤左千夫も木下惠介も痛くも痒くもないことでしょう。
ただ、野菊正体説はアバウトでいいとして、「政夫さんはりんどうのよう」というくだりにも、自分は疑問を感じます。民子さんがリンドウ(注1)にどんなイメージを抱いていたか定かではなくても、地を這うようにのびる姿を知っていれば、男を褒める言葉にはなりにくい気がします。いえ、茎のことではなく花ですよとおっしゃるなら、晴天のときしか咲かない気まぐれなヤツなんですねと混ぜっ返してあげましょう。

<補注1> 花屋でリンドウとして売っている直立性のものはエゾリンドウ(の系統)だと思います。(2020年9月28日
<補注2> ノコンギクの冠毛を撮りました。(2021年12月11日

過去のきょう 2016 ダルマギク 2015 アブラススキ 2014 イヌコウジュ 2013 ノササゲ 2012 マテバシイ 2011 シマトネリコ 2010 ヒヨドリバナ 2009 アツバキミガヨラン 2008 コバノガマズミ 2007 マルメロ 2006 アッサムニオイザクラ(ルクリア) 2005 ミセバヤ 2004 モクレン(類)

| | コメント (0)

10月28日(土) ホテイチク

171028hoteitiku
根元の節がぷっくりと膨らんでいて、七福神の布袋様のお腹を思わせるというのがこの竹の名前由来です。そんなに膨らんじゃあ健康に悪いぞ…とか要らぬ心配をしながらそこに目を凝らせば、たしかにこれはチョーメタボです。
ただ、実寸はそれほどはなくて、握ればすっぽりと手に収まるサイズです。グリップ感がいいので、高級釣り竿の手元部分に使われます。
分類的にはマダケの一種なので、節のワッカは二重です。釣り竿には縁がなくても、足下が覚束なくなったら、こんな杖がカッコ良さそうです。

過去のきょう 2016 ケヤキ(品種不明) 2015 ハシバミ 2014 ムクゲ 2013 シリブカガシ 2012 ススキ 2011 マメヅタ 2010 ケナフ 2009 キミガヨラン 2008 イヌザンショウ 2007 ツルコケモモ 2006 クヌギ 2005 クコ 2004 ニラ

| | コメント (0)

10月27日(金) クワクサ

171027kuwakusa
同じように木の名前をもらったエノキグサヒイラギソウに比べると、いまひとつうなずきにくい姿です。桑の葉らしい切れ込みでもあればまだしも…とブータレながら木の方の葉を眺め直したら、あれれ、たしかにつくりは同じでした。
さらに分類を調べるとクワ科なので、まるで別の科(エノキグサ=トウダイグサ科、ヒイラギソウ=シソ科)である上記の2種よりはずっと由緒正しいご身分です。
恐れ入りました!と平身低頭して見直せば、花もいかにもクワ科です。雄花・雌花ともに花びらはなく、白い葯と花糸を見せるのが雄花、子房の間から赤い棘状の花柱を出しているのが雌花です。
などとエラそうに書いてきてクワの花にリンクさせようとしたら、その風変わりな花の様子に右往左往した過去がバレバレになりました。まあ、十年一昔などと言いますし、かつての無知など知らぬふりする厚顔無恥の心が大切です。

過去のきょう 2016 トウガラシ(観賞用・品種名不明) 2015 ヤブソテツ 2014 センダングサ 2013 ヒガンバナ 2012 スダジイ 2011 モクゲンジ 2010 ノハラアザミ 2009 ツヅラフジ(オオツヅラフジ) 2008 原種シクラメン 2007 ニガウリ 2006 タウコギ 2005 ミゾソバ 2004 ヤマノイモ

| | コメント (0)

10月26日(木) シセントキワガキ

171026sisentokiwa
実のサイズが小さい柿というのは、これまでここに琉球豆柿ツクバネガキを収録していて、これが3種目です。果物なら大きい方がうれしいでしょうに、こういう柿が少なからずあるのは、元々は小さかった名残かなと考えたりします。
そんな小型の柿のなかでもこの柿が面白いのは常緑樹だということです。柿類は落葉がふつうだし、琉球豆柿とツクバネガキも葉のない画像を載せています。さあ、この四川常磐柿は寒風募る季節にも葉が元気なシーンが必須になりました。
それでもフライング気味にこの時期に掲載したのは、実の色の移り変わりがかわいらしかったからです。先日のヤブツルアズキも同じ趣旨だったし、一枚の写真に時間を封じ込めたような気がして、ちょっとドヤ顔しています。

過去のきょう 2016 ヒイラギ 2015 エゴノキ 2014 コバノガマズミ 2013 カツラ 2012 ツルニンジン(ジイソブ) 2011 メキシカン・ブッシュ・セージ 2010 アキチョウジ 2009 ムクロジ 2008 ヤマラッキョウ 2007 フェイジョア 2006 ヤクシソウ 2005 ホンコンカポック(シェフレラ) 2004 ツワブキ

| | コメント (0)

10月25日(水) アメリカイヌホオズキ

171025americainu1
アメリカとくれば、つい強大・裕福などというイメージがふさわしく思うのに、このアメリカさんは様子がちょっと逆です。葉は小さめで薄く(ふつうのイヌホオズキと比較)、株の姿も頼りなく横に広がる感じです。
同じくふつうのイヌホオズキに比べると、花も頼りなげです。それは、花びらの裂け方が深くて細いことや、葯が小さくて短いことに起因しています。
171025americainu2
そんな草姿や花に比べると、実はそれほど見劣りしません。ただ、「ふつう」とは萼が違っていて、厚みやサイズは似ていても反り返りがややきつめです。
さて、イヌホオズキ類の学び直しを決意した8月からずいぶん時間が経って、ようやく2種類目収録です。こんなペースじゃ追いつかないよ!と焦る一方で、けっこう寒くなっても見かける彼らのタフさにちゃっかり期待したりしています。

過去のきょう 2016 ヤハズソウ 2015 ハナミョウガ 2014 ホトトギス 2013 サラシナショウマ 2012 キンモクセイ 2011 ヒメイタビ 2010 トラノオスズカケ 2009 カキノキ 2008 コウヤボウキ 2007 クロウエア・エクサラタ 2006 スプレーギク 2005 キヅタ 2004 コスモス

| | コメント (0)

10月24日(火) ヒゼンマユミ

171024hizenmayumi
少ないー、少ないのです。夏には花があんなに咲いていたし、冬にはもう殻だけになってはいても実がたくさんついていました。なのに、今年は実が足りません。
じつはひと月ほど前にも確認したのです。そのときも見つけにくくて、しかしまだ時期が早いから、実が小さくて青い分、見つけにくいのだろうと考えたのです。
ところが、このくらい「マユミ型」を見せて来ても、色だって葉とはちょっと違う感じになって来ても、やっぱり少ないのです。探しすぎて、首、疲れました。
これっていわゆる隔年結果(表年・裏年)でしょうか。豊作の次の年は稔りがプアーになるというあれです。果実と違って、マユミの実くらい、たくさんできても木は疲れないだろうに…と勝手に文句を言いながら、実が黄色く輝き始めたら、「あ、こんなにいっぱいあったんだぁ」と喜べることを期待しておきます。

<補注1> 前にいただいたコメントで、ふつうのマユミには隔年結果の性質があることを教えていただいています。
<補注2> この1カ月後、多少は実のつき具合がいい枝もあることがわかりました。(2017年11月29日
<補注3> 実のつき具合にヤキモキしていたことが恥ずかしくなる景色を福岡県で見ました。(2019年3月11日

過去のきょう 2016 ヒイラギモクセイ 2015 ハナセンナ(アンデスの乙女) 2014 ウダイカンバ 2013 モミジバフウ 2012 ホウチャクソウ 2011 フウセントウワタ 2010 シュウブンソウ 2009 ゴマ 2008 キランソウ 2007 ホウキギ(コキア、ホウキグサ) 2006 オタカンサス 2005 オリーブ 2004 ニシキギ

| | コメント (0)

10月23日(月) イワオモダカ

171023iwaomodaka1
オモダカと言えば必ず話に出るアギナシをこの夏に見つけ、両者の比較ができてひと安堵したものです。で、こんどはこちらのオモダカです。いままでふつうのオモダカのことを調べたとき、ちらりともその存在を知ることがなかった伏兵です。
しかし、こうして眺めると、こりゃーイワオモダカと呼ぶしかないでしょ!という造形で、近縁種のヒトツバよりはずっと気が利いた姿です。
171023iwaomodaka2
ところが、そう感じる人が多ければ盗掘される確率も高まるわけで、埼玉では立派に絶滅危惧種です。稀少種になってしまう原因が環境の変化というなら人間の努力で回復できる望みはあっても、人間の欲が原因となると絶望感しかありません。

過去のきょう 2016 ヒナタイノコヅチ 2015 ナガボノワレモコウとワレモコウ 2014 シロヨメナ 2013 シロホトトギス 2012 ケンポナシ 2011 パキスタキス・ルテア 2010 アカバナ 2009 マユハケオモト 2008 マルバグミ 2007 ツリバナ 2006 チカラシバ 2005 ホウキギ(コキア、ホウキグサ) 2004 マユミ

| | コメント (0)

10月22日(日) ツルグミ

171022turugumi1
グミ科グミ属としては、ここに収録するのが8番目です。Wikiによれば「日本には(中略)十数種がある」らしいので、けっこういい数字になりました。ただ十数種の「数」っていくつよ?という問題はあり、11種と19種では天地の差です。
などと、余計なことは考えず、目先のものを愛でることにします。名前どおりに若枝がビュンビュンとのびて、ほかのグミ類とは感じが違います。葉も、ほかの種類と比べると先が尖ってかなりスマートです。
171022turugumi2
たくさんの蕾をつけていて、来月までドンドン咲きます。1個だけ、ほころんだものがあって、どうやらこの掲載を花どき写真とすることができました。
次は実の写真を撮りたいわけで、それは冬を越して来春のことになります。グミには春に咲いてすぐ稔るタイプ(ナツグミ、アキグミなど)と、ナワシログミのように冬の間にじっくり実を生長させるタイプがあって、このツルグミはその苦労人型です。苦労の結晶がどれだけいいお味になるか、春が楽しみです。

<過去掲載のグミ類(50音順)>アキグミ ☆ ダイオウグミ ☆ トウグミ ☆ ナツグミ ☆ ナワシログミ ☆ マルバアキグミ ☆ マルバグミ

過去のきょう 2016 トチュウ 2015 ジュウガツザクラ 2014 マルバノキ 2013 パパイア 2012 ホトトギス 2011 アメリカヅタ 2010 トリカブト 2009 オキナワスズメウリ 2008 ウラハグサ(フウチソウ) 2007 ケショウビユ(イレシネ・ヘルブスティー) 2006 ホソバアキノノゲシ 2005 シャクチリソバ 2004 ベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

10月21日(土) シュウカイドウ

171021syukaido_f1
秋海棠の雌花・雄花については、ブログを始めた年にチラリと触れただけでした。そのときの写真でも雌雄の花が別であることはわかるわけで、途中で葉裏の赤色が見事なものには惹かれることがあっても、花のことは放置してきました。
ところが、たいして見かけが変化しない雄花に比べ、雌花はどんどんとその様子を変えることにいまごろ気づきました。まずは番茶も出花の若い雌花(↑)で、知らずに見れば雄シベと間違えそうな黄色い柱頭がややグロテスクです。
171021syukaido_f2
それが儚くなると種が充実し始め、同時に羽も面積を広げます。かつ、それが薄く、硬く変化してきて、次の季節の飛翔に備えていることがわかります。
171021syukaido_m
そんな賢い雌花に比べると、毎日毎日、パッと開いてポンと雄シベを晒すだけのお気楽男子です。花びらが2枚(と萼2枚)という「変なヤツ」です。
171021syukaido_zentai
そして全体像です。雌花が新鮮なのに対し、雄花は終息気味です。自家受粉を避けるため、株ごとに見れば、先行した雄花のあとで雌花が勢いを得ます。それでも図鑑どおりにスッキリとは役目を終えない雄花が「ワイルド」です。

<補注> シュウカイドウが大陸からの帰化植物であることを知りました。(2020年1月30日

過去のきょう 2016 エビスグサとカワラケツメイ 2015 ハグロソウ 2014 サツマイモ 2013 アマチャヅル 2012 キンメイモウソウチク 2011 コミカンソウ 2010 レイジンソウ 2009 ミゾソバ(白花) 2008 ハマトラノオ 2007 ウメバチソウ 2006 アキノキリンソウ 2005 サザンカ 2004 モッコク

| | コメント (0)

10月20日(金) アベマキ

171020abemaki
あのドングリのその後を見たくて訪ねたのに、もう完売でした。ならば足下にないか捜索したものの、収穫ゼロでした。探しにくい狭い場所だったし、そもそも稔り具合はよろしくなかったし、はた衛門と競合する小動物も必死に拾っているのでしょう。
そこで気持ちを切り替えて高みを振り仰いでみたら、落ちる前の葉と、来年の芽が美しく競い合っていました。瑞々しさをやや失って黄緑になった葉柄と、白い綿毛をまとった冬芽のコントラストに心惹かれます。
そして、葉の鋸歯にも注目です。それは鋸歯というよりも明らかに棘で、葉肉がまったくありません。逆光の力を借りないと、こんなことにも気づかないできたわけで、この棘で「観察眼」というヤツをチクチクと刺激しなければなりません。

過去のきょう 2016 ホンカイドウ 2015 ユーカリ 2014 ネコノチチ 2013 ラクウショウ 2012 ヤクシソウ 2011 キクダイダイ 2010 サルビア(サルビア・スプレンデンス) 2009 アオノリュウゼツラン 2008 イワダレソウ 2007 アケビ 2006 アキギリ 2005 キダチチョウセンアサガオ(八重) 2004 ゴールデンピラミッド

| | コメント (0)

番外編 : ミスジマイマイ

171020misujimaimai
周囲の木に絡みついて高くのび上がったキジョランの蔓を目で追いかけていたら、ゲゲゲ、なんですか、この大きなカタツムリは!
キジョランの葉というのはかなり大きいので、そこから勘定するに、直径で4cmくらいはありそうです。この大きさと、樹上で暮らす性質と、そしてこの殻の模様からして、これはミスジマイマイというカタツムリのようです。
その殻の模様には変化があって、名前のミスジは円周方向に3本の筋が目立つことを言うそうです。それに対し、この個体は放射状の柄の方が目立ちます。ただ、その気で見れば一筋・二筋、線が見えていて、その淡さが残念でした。
ところで、その殻の巻き(回転)方向です。前に掲載したヒダリマキマイマイと違って、これはノーマルな右巻きです。唯一ここに掲載のカタツムリがアブノーマル型とは落ち着かないことと思っていたので、これでホッとひと息です。

| | コメント (0)

10月19日(木) バアソブ

171019baasobu
先月の予想は大ハズレでした。残った太い雌シベ痕が鍋の蓋のつまみに見えたので、てっきり実の上部がパカッととれるのだろうと考えたのです。
あにはからんや、その雌シベ痕はこうして三つに割れて開き、なかから小さな茶色の種がこぼれ出すしかけでした。その種が一つだけ、人差し指にくっついているのが笑えます。写真を撮るときも撮ったあとも、ぜんぜん気がつきませんでした。
特に手が汗ばんでいたとかベタついていたとかいうことはないので、このラグビーボール型の種は多少の粘着性を持っているようです。たしかに、パラパラと株下にこぼれるだけでは発展性がないわけで、婆さまはなかなかの知恵者でした。

過去のきょう 2016 トダシバ 2015 カワミドリ 2014 原種シクラメン(ヘデリフォリウム) 2013 コナギ 2012 カンノンチクとシュロチク 2011 ヒシ 2010 タヌキマメ 2009 エノキウツギ(ウオトリギ) 2008 マツブサ 2007 ミヤマガマズミ 2006 ヨモギ 2005 イシミカワ 2004 ギシギシ

| | コメント (0)

10月18日(水) ハンノキ

171018hannnoki1
この小径は少しの雨でもすぐにぬかるみます。大きな川の蛇行箇所に近くて、たぶん地下水位が高いのだと思います。そんなわけで足下注意で歩いていたら、まるで誰かがバラ撒いたような大量の落とし物を見つけました。
171018hannnoki2
こんな場所にはやはりそんな木(水気を好む)が生えるわけで、ハンノキです。これまでは12月(2回)とか1月の雄花に目を向けていたのに、今年は夏のうちからその存在に気づきました。暑かったときは「ずいぶんブラブラと賑やかだなぁ」と思っていたのに、季節が変わればこうして淘汰されることを知り、感慨新たです。
あと4カ月ほど生存競争を勝ち抜けば、愛しの雌花さんに会えるわけで、なんと半年も前から雄花は待ち続け、消耗していくのだと思うと、「男ってエライじゃん」と、まったく根拠も脈絡もない自信が湧き出てくるのでした。

過去のきょう 2016 ウルシ 2015 エゴノキ 2014 ガマズミ 2013 アカガシ 2012 シマススキ 2011 アレカヤシ 2010 コウリンタンポポ イヌショウマ 2009 ヒメグルミ 2008 クスノキ 2007 スズラン 2006 サラシナショウマ 2005 タイワンホトトギス 2004 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

10月17日(火) ヤブツルアズキ

171017yabuturuazuki1
オモチャの鉄琴を思い浮かべました。まったくもって、うまく並んだものです。先日、キレンゲショウマにコケティッシュ大賞をあげたばかりなので、このヤブツルアズキの愉快な彩りには2017年のユーモア大賞を贈呈しておきましょう。
171017yabuturuazuki2
一転、こちらはシリアスな画像です。莢の黒さが深まると、少し触っただけで皮が強烈に捩れて割れます。当然、両手で覆っておかないと、豆は飛び散ります。
パリッ、パリッと手のなかで莢をハゼさせ続けると、小豆がどんどん貯まります。茹でるとふっくらと優しい味で、これはもう、「いまの小豆のご先祖」なんていう距離のある話ではなく、立派に代役を務めることのできる優秀な「作物」です。

過去のきょう 2016 ジョウロウホトトギスとキイジョウロウホトトギス 2015 ヒダカミセバヤ 2014 サイカク 2013 タイアザミ 2012 シマトネリコ 2011 アンゲロニア 2010 ヒイラギモクセイ 2009 キチジョウソウ 2008 ヨウシュイボタ 2007 トウガラシ(タカノツメ) 2006 スズメウリ 2005 クロマイ 2004 サザンカ

| | コメント (0)

10月16日(月) ゴマキ(ゴマギ)

171016gomagi
なれの果てというか末路というか、かなり哀れを誘うゴマキの「いま」です。実が次々と赤く熟す時期がわりと長かったので、その分、くたびれ果てたのでしょう。
美しく輝く実を支えていた果柄は、それでも頑強なつくりを見せたまま残っていて、おとといのクマノミズキの繊細華麗なあれとはかなり対照的です。
木により人により、老後はさまざま…などと辛気くさい締めにしようと思ったら、みすぼらしい枝にはすでに立派な冬芽(注)が備っていました。「おいらにはまた春が巡ってくるんだ。枯れる一方のあんたと一緒にすんなよ」と突き放されたようです。

<ゴマキの過去記事・掲載順> ☆ 枯れかけの葉と実:2008年10月31日 ☆ 花:2009年4月24日 ☆ 賑やかに稔った実:2012年7月7日 ☆ 実の試食:2017年8月29日
<補注> 育った冬芽はずいぶん特徴的な姿です。(2022年1月27日

過去のきょう 2016 ガマズミ 2015 ツクバネガシ 2014 ヒメザクロ 2013 ニッサボク 2012 ツルニンジン(ジイソブ) 2011 アラカシ 2010 ユーパトリウム 2009 キバナノツキヌキホトトギス 2008 エゾユズリハ 2007 アキカラマツ 2006 ツリフネソウ 2005 シュウメイギク(ピンク) 2004 タイワンホトトギス

| | コメント (0)

番外編 : 秋定番

171016aki_teiban
あとはどんな写し方があるか、コスモスを見るたび考えることにします…とほざいたのは7年前の秋でした。あまりに定番過ぎて、いままでヒネった写真ばかりだったコスモスが、満を持して王道・鉄板の姿で登場です。
ただし、ここは美写真ブログではないので、わざわざ黒バックを使ったのではないのがちょいと自慢です。本当の背景はかなり雑然とした生活臭に満ちていたのに、うまいこと完全に黒く落とすことができました。
そして、草木ブログであることを忘れずに、蕾から枯れ上がりまで、花のストーリーもしっかり織り込んでみました。あとはここに虻でも蜂でも訪花昆虫が入ってくれたら!と願う欲張りな心を、世間では「虻蜂取(撮?)らず」と笑います。

| | コメント (0)

10月15日(日) ツルギキョウ

171015turugikyou1
あと2週間も早ければ!と悲嘆の涙に暮れました。3年も探し求めてきて、やはり花は写したかったなあ。こんな枯れ枯れのフレアー(画面右手)がわざとらしく残っていただけに、残念無念の思いが募るばかりです。
というか、葉にあまり特徴がないだけに、花がないと自信を持ってツルギキョウだと言いにくいのです。3年前、這うようにのびた蔓を頼りに、もしやこれ?と思ったことがあって、ただし時期が早すぎ、花どころか蕾も見つかりませんでした。
翌年と今年、勇んでそこへ出かけたのに、蔓さえ消えていました。悪い奴の存在も考えられるし、年によって出ないこともある気むずかしさもあり得ます。
そしたら、今年は全然違う場所でこの遭遇です。うわうわ(驚き)、くー(花を探しまくり)、へなへな(あきらめ)…でした。
171015turugikyou2
ちなみに、これがツルギキョウであることを示す実です。もう少しすれば、もっときれいに紫色に輝くはずで、花を写すには遅く、実を撮るには早過ぎという、もうサイコーの間の悪さでした。めげるな、はた衛門、次があるさ!

<補注> ようやくツルギキョウの花をとらえました。(2018年10月9日

過去のきょう 2016 ノダケ 2015 コメナモミ 2014 マルバルコウ(マルバルコウソウ) 2013 ワレモコウ 2012 テイカカズラ 2011 トウネズミモチ 2010 オオオナモミ 2009 シロホトトギス 2008 ツルシキミ 2007 オオベンケイソウ 2006 クズ 2005 シュウメイギク 2004 ノブドウ

| | コメント (0)

10月14日(土) クマノミズキ

171014kumanomizuki1
小径が珊瑚で埋め尽くされていました。反射的に拾い集めてしまうところが情けないというか浅ましいというか、「いっぱい」だと「うふふ」という単な人です。
171014kumanomizuki2
しかし、気を取り直し、襟を正して、耽美の目に戻ります。例の利休さんの朝顔と同じことで、果穂がたった一つ残ったがゆえの緊迫感です。
171014kumanomizuki3
ただし、1カ月ほど前のクマノミズキには緊迫感のキの字もありませんでした。どっちかと言えば、このときの方がかわいかったなぁという気持ちは「いっぱい・うふふ」に直結した感覚で、利休さん気取りはやっぱり気詰まりです。

ところでこのクマノミズキ、このごろ熊野という冠がどうにも邪魔ではないかと思うようになりました。個人的に、関東から北陸・東北にかけ、植栽ではなさそうなものを何本も見ていて、ぜんぜん熊野に拘束される必要はなさそうなのです。
牧野博士も「ミズキの名を持つ種類が多いため和歌山県の熊野という地名を前につけたもの」と至って歯切れの悪い説明をしていて、きっとワタシと同じく「邪魔くさいのぉ」とお考えだったのではないかと悦に入っています。

過去のきょう 2016 アカシデ(ソロ) 2015 サワフタギ 2014 キミノクロガネモチ 2013 サネカズラ 2012 ナルコユリ 2011 ヨモギギク(タンジー) 2010 ヒルムシロ 2009 ヒシ 2008 ヒメマツバボタン 2007 ベンケイソウ 2006 ホトトギス 2005 ポポー 2004 キツネノマゴ

| | コメント (0)

10月13日(金) キレンゲショウマ

171013kirenge
今年のコケティッシュ大賞はこれに決まりです(そんな賞、どこにある・笑)。
まさか、あのゴツめの花がこんな姿になるなんて、想像だにしませんでした。ピッと張り出した3本のアンテナは、たぶん雌シベの痕跡です。こんなパーツがあっただろうかと、花の写真をしげしげ見直したら、先の尖った雌シベが2本(注)ありました。
したがって、完全な花画像とは雌シベがもう1本見えなくてはならないわけで、とんだところで自分の観察眼の甘さを露呈してしまいました。
さらに、このカプセルの中身も気になります。あるいは、この房のなかで一つだけ、子房が膨らみ出す前段階のものがあって、その変化過程にも興味が湧きます。願わくは自宅でずっとお付き合いしたいキレンゲショウマなのに、この美人さんときたらやたら大柄なもので、たまに山でお会いするのが精一杯の切ない関係です。

<補注> 当該の写真でも、よくよく見ると雌シベは3本あるのに、そのうちの2本が近づきすぎて1本に見えているようです。写すときの注意が不足でした。

過去のきょう 2016 ホソバヒメミソハギ 2015 コバギボウシ 2014 カラスウリ 2013 ツマベニアナナス 2012 ヤマハンノキ 2011 ツリバナ 2010 デンジソウ 2009 センキュウ 2008 ハグマノキ 2007 ユキザサ 2006 ナワシログミ 2005 イヌサフラン 2004 ガマズミ

| | コメント (0)

10月12日(木) フシノハアワブキ

171012husinoha
花の様子を載せてからちょうど4カ月です。あとはマニアックに冬芽の様子とかの観察課題があるとして、花から実まで、ひととおりは「済み」です。
それで思うのは、同科同属ってなんだろう?です。フシノハアワブキとふつうのアワブキ、どちらもアワブキ科アワブキ属なのに、まず葉のつくりが全然違います。花も、全体印象は似ているようでもつくりは違いました。
そして、最後にすがりたかった実です。つき方や実のサイズは両者同じです。ただ、色が自分にとっては「別物やん!」です。「ふつう」がきれいな赤で終わるのに対し、フシノハはやや赤っぽさを見せたあと、こんな貫禄色(?)に直行でした。
わからんなぁと呟きつつ、学びの心でアワブキ属メンバーを調べたら、そこにはまだ見ぬヤマビワとかミヤマハハソなんていう名前が並び、じゃあアワブキ科は?と検索すれば100種なんていう底知れぬ数が出てきました。
今回の衆院選で、自民党は「改革よりも前進」を売り言葉にしているみたいで、うまいことを言うなあと思いながら、ワタシもそれに鼓舞されています。

過去のきょう 2016 ヤブツバキ 2015 カラコギカエデ 2014 ヤブツバキ 2013 サガリバナ 2012 ハマビシ 2011 モンテンボク(テリハハマボウ) 2010 カシワバハグマ 2009 ベニバナチャ 2008 ナツメ 2007 ジュウガツザクラ 2006 ヤブタバコ 2005 ダンギク 2004 コムラサキ

| | コメント (0)

10月11日(水) エノキグサ

171011enokigusa
きのう、変なエノキを載せたはずみで、こちらの変なエノキを思い出しました。草のくせに、しかも背丈は15cmほどしかないのに、木の名前です。
もちろん、この葉が名前の元で、「もう少し歪(いびつ)じゃないとエノキの葉には見えないぞぉ」とか文句を言いながら写しました。「日本中の路傍にある」みたいに邪険に言われるわりにはたまにしか会えなくて、今回はピンクの雄花(株の最上部)はかろうじて、その下に見えるべき雌花はすでに結実、という間の悪さでした。
次はもうひと月くらい早い時期に見つけて、花の部分にグッと迫りたいものです。そのときは、葉ももう少し歪なものを個別に写すつもりで、そんなパーツ写真掲載の前編として全体像の確認を…と悔し紛れの弁明で終わります。

<補注> 花の様子が少しだけわかりました。(2018年10月5日

過去のきょう 2016 ツユクサ 2015 ミズカンナ 2014 ツルドクダミ 2013 ダリア(雪乃) 2012 ウンナンオガタマ 2011 ツヅラフジ(オオツヅラフジ) 2010 アメリカセンダングサ 2009 コンニャク 2008 クマノミズキ 2007 ハブソウ 2006 サンショウ 2005 ワタ 2004 ケープヒルムシロ

| | コメント (0)

10月10日(火) コバノチョウセンエノキ

171010kobanotyousenenoki
「小葉の」「朝鮮」「榎」です。こういう三段名前の場合、まず基本種を知り、順々に三段目まで出会いたいと思うのに、ことはなかなか思うように進まないのです。「姫」「蔓」「蕎麦」以来悩まされ続けの頭の痛い問題です。
ところが今回の三段名前の場合、なんと二段目、つまり「朝鮮榎」はどうも欠落しているらしいのです。だったら、写真のものは「小葉の榎」でいいわけだし、出自にこだわりたいなら「朝鮮榎」でもよかったわけで、なんで三段積んだんですか!
さらに「小葉の」は葉が小さいという意味ではなく「細い(そして先が尖って長い)」ということなんだそうで、ならば「細葉」でいいだろ!と激怒です。
さらにさらに、別名はサキシマエノキ(注)だそうで、君の生まれは朝鮮かい南西諸島かい、はっきりしろよ!と言いたいころにはもうどうでもよくなって、「変わったエノキもあるもんだ」と、長くのびた葉先に目尻を下げるという寸法です。

<補注> さらなる別名はコウライエノキだそうで、これなら「朝鮮榎」と大差ない意味になります。名前的にはどうにも腰の据わらない樹種です。(2020年秋)

過去のきょう 2016 ヤナギバルイラソウ 2015 ウラジロモミ 2014 シラハギ 2013 ハマビワ 2012 キバナアキギリ 2011 バナナ 2010 ウナギツカミ 2009 ハゼノキ 2008 カラハナソウ 2007 アブラガヤ 2006 リンドウ 2005 ソバ 2004 シャリンバイ

| | コメント (0)

10月9日(月) テンニンソウ

171009tenninsou1
なぜテンニンソウ(天人草)なのか定説が得られないという、困った名前の草です。牧野博士は素直に「何によるものかわからない」としているのに対し、ある人はハラハラと落ちる苞が天人の撒く天花みたいだからと言い、またある人は次々膨らんで咲き進む蕾を天人の親子の顔に見立てるという苦しい説を展開するほどです。
そこで「はた衛門珍説」です。このスーッとのびた葉、まさに平等院鳳凰堂の有名な飛天像を思わせるではありませんか。天人の乗るあの雲です。
171009tenninsou2
さて珍説は脇に置くとして、このショボイ景色からどうして「天人」を発想したものか、いままで「もっと美しいタイミングがあるだろう」と掲載を見送り、苦し紛れに冬枯れの花穂と茎から登場させたのは、まったく無駄な逡巡でした。いくら待っても花が豪華に咲き誇るわけでなし、葉はどんどん虫に食べられてゆくばかりです。
171009tenninsou3
これも無限花序と言っていいものか、際限なく天に向かって咲き上がる(これをもって、天人が昇天する様子という説もあり)花穂は、虫たちの貴重な蜜源です。ハラナガツチバチの類らしき蜂がずいぶんとしつこく穂を舐め回していました。

<補注> 蕾の姿にギョッとさせられ、天人のイメージはさらに遠ざかりました。(2019年9月10日

過去のきょう 2016 ホソバアキノノゲシ 2015 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) 2014 ミクリ 2013 サクラタデ 2012 シナノキ 2011 ツルウメモドキ 2010 アキニレ 2009 ツルドクダミ 2008 オケラ 2007 オヤマボクチ 2006 アロニア 2005 ギンモクセイ 2004 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

番外編 : 柿梨サンド

171009kakinasisand
オープンサンド・第3作(過去作1同2)です。秋をパンに載せるとこうなるわけで、最初は柿だけで考えていたのに、梨と交互に並べてみることにしました。
結果は大成功で、味わい(甘みVS酸味)と食感(ニュルンVSシャキシャキ)がいい案配のコントラストです。ミルクティーとベストマッチです。
反省は土台のパンです。厚めのイギリスパンだったのに、具を支えるのには腰が弱すぎました。作り直すなら、次は細めのバゲットが良さそうです。
さらに、遅く起き出していらしたウチの奥方にこれを差し出したところ、言下に「食べにくそう」とのコメントで、問答無用で蜂蜜をまぶされてしまいました。たしかに、具がこぼれやすい欠点はあるものの、それじゃあ秋の玄妙な味わいがベタ甘になっちゃうじゃないか!というワタシの抗議は一顧だにしていただけませんでした。

<補注> 第4作はドルチェとあいなりました。(2019年5月17日

| | コメント (0)

10月8日(日) ツルアジサイ

171008turuajisai_b
「やれやれ、ようやく」という安堵感に、「花の残骸くらいないのかよぉ」という不満が混じって、微妙な心模様です。その揺れる心を、「今度は初夏にここにくれば、確実に花を写せるわけだ」と諭しながら、なかなかに立ち去りがたい場所でした。
それだけツルアジサイを探し続けていたわけで、その発端はたぶん7年前のイワガラミの初掲載前後だったはずです。似たもの同士と比較される二つなのに、自分の前に現れるのはイワガラミばかり、ツルアジサイへの思いは募るばかりでした。
それが、葉だけとは言え、初の出会いです。むしろ、花の時期には両者の違いがわかりやすいので、葉だけに注目せざるを得ない今回の出会いは草木の神様の粋な計らいだったと前向きにとらえておくことにします。
171008iwagarami
さて、その違い確認のため、先月出会ったイワガラミを掲載しておきます。こちらの鋸歯は一つひとつが緩やかに湾曲しています。対してツルアジサイのそこは鋭角的なギザギザ、まるでノコギリ、文字どおりの「鋸」歯なのです。
さあ、葉の見分けはこれで大丈夫、残すはツルアジサイの花の激写だけです。草木の神様、粋なご配慮はもう満喫しましたので、次はベタに花をお願いします。

<補注> 花の残骸を見つけました。(2018年1月23日

過去のきょう 2016 ベニバナトキワマンサク 2015 ユーカリ 2014 ニンジンボク 2013 ネコノチチ 2012 ボタンヅル 2011 オクモミジハグマ 2010 ヤマハッカ 2009 ハネミギク 2008 ホソバヒメミソハギ 2007 マツカゼソウ 2006 ユウゼンギク 2005 カリガネソウ 2004 ギンモクセイ

| | コメント (0)

10月7日(土) ゴキヅル

171007gokiduru1
おお、愛しのゴキちゃん!とさしのべた我が人差し指がガリバーです。自分にとっては夢の大物でも、実物サイズはかなり小物なのです。
おっと、ゴキちゃんとはゴキブリのことではなく、ゴキヅル(合器蔓)です。いま、色違いになっている二つのパーツがこのあとでパカッと蓋がとれるように割れるところからの名前です。なかには、案外と大きな長い種が二つ入っています。
171007gokiduru2
雌雄同株の雌雄異花で、葯が黒く枯れた画面上部の花は雄花です。運悪く、手頃な場所に雌花(基部が膨らむ)がなかったので、それは次回の課題です。
花びらは雌雄同じで、細く尖って5裂します。パッと見で10枚に見えるのは、花びらとよく似た萼が同じ数あるからです。
抽水状態でもかまわない水辺の植物で、陽当たりと肥えた土壌を好みます。もちろん、這い上がるために巻き付くお友達も必要で、そういうゴキヅル向きの環境を思い出すのはなかなかにむずかしく、埼玉では絶滅危惧Ⅱ類です。

<補注1> 蓋が取れた状態を見ることができました。(2019年11月15日
<補注2> 雌花をとらえました。(2020年10月28日

過去のきょう 2016 トウガラシ(ブラックパール) 2015 チョウマメ(クリトリア) 2014 ペンタス 2013 シマスズメノヒエ 2012 コクテンギ 2011 オオミサンザシ 2010 ハッカ(ニホンハッカ) 2009 ヒメヒゴタイ 2008 ミヤギノハギ 2007 コガネバナ 2006 ヤマジノホトトギス 2005 オギ 2004 ハス

| | コメント (0)

10月6日(金) ミズナラ

171006mizunara_d
もっと手のひらいっぱい拾ったのに、比べるためにコナラのドングリ(右上3個)を並べるとき、ほとんどポイしてしまいました。あー、失敗したぁ(涙)。
ミズナラの別名・オオナラがなにに由来するかは不明でも、葉っぱ以上にこのドングリのサイズ差が大きな要因だろうと思います。マテバシイのそれといい勝負の巨漢ぶりです。ただしこちらは渋抜きが必要なので、捨てても「ま、いーか」です。
171006mizunara_m
そして、現場で食べることができなかったよりもっと悲しかったのは、枝についたままのドングリを写せなかった(注)ことです。7月後半には「少年時代」をしっかりとらえてあるので、来年は8~9月の再挑戦が必要とわかりました。
そのドングリ捜索には思わぬ付録がありました。ナラメイガフシという虫こぶで、ミズナラだけでなくコナラやカシワにもつきます。寄生する相手をかなり厳密に選ぶ虫こぶのなかで、「コナラ属ならどれでもいいよ」という鷹揚さがかわいく思えます。

<追録> 枝についたままのドングリを写す夢は5年後に叶いました。しかも上の写真よりグッと若い段階で、一挙両得でした。(撮影:2022年8月22日)
Qcrispula_var_crispula0822

過去のきょう 2016 イソフジ 2015 マーガレットコスモス 2014 シナユリノキ 2013 テイキンザクラ 2012 ツルボ 2011 キセルアザミ 2010 アンズ 2009 ヤマボウシ 2008 タラヨウ 2007 コメナモミ 2006 シラハギ 2005 コブシ 2004 ザクロ

| | コメント (0)

10月5日(木) シロガネヨシ(パンパスグラス)

171005siroganeyosi1
パンパスグラス、和名ではシロガネヨシを取り上げたのは12年前の夏が初めてのことでした。そしてここまでの長い年月、途中、冬の姿までとらえているのに、雌雄異株だなんてまったく気づかないできました。迂闊の極致です。
両方をこうして並べて植栽してくれているところを見ても、「なんか、汚い株があるなあ。こっち、道路側?」なんてバカなことを考えたくらいです。ご親切にも根元には説明板があって、「へーえ、知らなかったぁ」と小さな感動です。
「しっかしぃ~」と他人のせいにするのがブータレ爺さんの本領です。いままで何カ所もで、これ、見てきましたよ。初めてじゃないですか、こんな汚らしい雄株を見るの。どこもみな、黒っぽい雄株は避けてきれいな雌株だけ植えていたんだ!
171005siroganeyosi2
「しっかもぉ~」色が違うだけ(注)で、どうして雌株でなんで雄株なんだか、詳細がさっぱりわからんじゃないですか。どっちもただただパヤパヤ!
「さっらにぃ~」、こんな色(雄株)じゃあ、シロガネヨシなんて詐称です。雄だけクロガネヨシと呼んでやろうか!とか、八つ当たりし放題の楽しい秋の一日でした。

<補注> 雌雄の違いを写し取ることができました。(2022年8月25日

過去のきょう 2016 アレチウリ 2015 オニヤブソテツ 2014 ホソバオケラ 2013 ガマ 2012 ナツハゼ 2011 コナラ 2010 デュランタ(タイワンレンギョウ) 2009 フジカンゾウ 2008 センブリ 2007 コバノガマズミ 2006 オオバショウマ 2005 ヒガンバナ(農薬変化) 2004 キンモクセイ

| | コメント (0)

10月4日(水) アワブキ

171004awabuki
先々月、ちょっと見捨てたようなことを書いてしまったアワブキです。実のつき方に対する低評価はそのままでも、こんなにきれいに色づいていました。
もちろん、味はあの段階からどうなるものでもありませんし、当然ながらサイズも打ち止めです。ただ、最初の出会い(9月中旬)では実が赤かったわけで、そろそろそんな時期のくせにホンノリとも色気を見せていなかった先々月は落胆が大きすぎました。
観察記録としては単に2年前に逆戻りしただけではあっても、アワブキが晩生(おくて)の美人さんであることに気づいた貴重(自分的に)な一枚です。

過去のきょう 2016 サザンカ 2015 ハンノウツツジ 2014 ホソバヒイラギナンテン 2013 シナサワグルミ 2012 クサヨシ 2011 ナガエコミカンソウ 2010 ギンミズヒキ 2009 アキグミ 2008 イノコヅチ 2007 キジョラン 2006 シラヤマギク 2005 ウスギモクセイ 2004 メキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (0)

10月3日(火) ナツエビネ

171003natuebine1
まさか10月になって「夏」エビネにお目にかかれるとは思ってもみませんでした。ここ数年来、夏場にはけっこう探していたので、うれしい「予想外」です。
ふつうのエビネよりは1~2カ月遅れて真夏に咲くくせをして、暑さと乾燥には弱いという、とても矛盾した性質です。少しだけ高度のある場所だったとは言え、10月が7~8月の気候になってしまったのかと恐ろしくなります。
171003natuebine2
暑すぎるとすぐに蕾を落とすそうで、去年だったか、別の場所ではそんな黒変した花茎を虚しく見つめたものでした。ナツエビネがあると言われた場所で、葉の一枚さえ見つけられなかったこともあります。
じつは違うものを探しての遠出だったのに、目当てのものは見つからない代わりのご褒美でした。悔しさ半分・うれしさ半分、神様は人生の味付けが上手です。

過去のきょう 2016 ナンテンハギ 2015 コウホネ 2014 ビャクブ 2013 タカノハススキ 2012 ヤマコウバシ 2011 キャラボク 2010 アオハダ 2009 サイカチ 2008 エゴノキ 2007 ノブキ 2006 マルバハギ 2005 タケノコイモ 2004 クサギ

| | コメント (0)

10月2日(月) ウバメガシ

171002ubamegasi1
7月中旬8月中旬にはまだ網目模様の殻斗に埋もれていたウバメガシのドングリなのに、あっと言う間にここまで立派なメタボくんに育っていました。
171002ubamegasi2
こちらは別の場所での撮影で、少しだけ発育が遅れ気味です。1枚目写真の撮影場所と比べると、こちらが海から遠く、さらに高度も幾分あるので、そんな環境差が生長に少なからぬ差をつけることがわかります。
ただ、ここまでくればあとは秋風を受けていい色具合に熟すのを待つだけです。受粉してからここまで17カ月、同期生はずいぶん脱落してしまいました。生き残り組のエリートたちに、「ゴールはすぐだよ!」と声援を送ってきました。

過去のきょう 2016 コウヤボウキ 2015 ナンテン 2014 ムクゲ(ルーシー) 2013 サザンカ 2012 オオケタデ 2011 ソリダスター 2010 ヤブマメ 2009 スイフヨウ 2008 ハナヅルソウ 2007 タマシロオニタケ 2006 ステルンベルギア 2005 ガマズミ 2004 クジャクソウ

| | コメント (0)

番外編 : 矛と盾

Hokotate
何年か前まで、フジテレビに「ほこ×たて」という番組がありました。面白くて毎週楽しみにしていたのに、「やらせ」が発覚して消失、悲しいことでした。
で、これは野原での「ほこ×たて」です。あまりに面白くて、20分ほどじっくり見入ってしまいました。あの暴れん坊オオスズメバチが、最初はブンブン唸っていたのに、だんだんおとなしくなるのが哀れを誘いました。
この勝負、クヌギの樹液を吸いに来た獲物を捕らえたオオカマキリに軍配はどうやら上がりそうです。ただ、元気なうちはスズメバチだってカマキリの腕を刺しまくり囓りまくりしていたので、カマキリくん、勝利後も果たして無事にいたものかどうか…。
ガチンコの「ほこ×たて」、忘れられない名勝負でした。

<補注> オオカマキリが捕食を失敗する場面を捉えました。(2019年10月14日

| | コメント (0)

10月1日(日) ラセイタソウ

171001raseitasou
あまりにも印象深いこの葉の皺に目を囚われることなく全体を見渡せば、この草があのカラムシの仲間(イラクサ科カラムシ属)であることがわかります。ヤブマオとかクサコアカソとか、この属の茎葉の構成はとても良く似た感じです。
ただ、それらの仲間と一線を画すのはやはりこの皺です。海辺の岩場に育つため、保水の機能を託された「実用の美」です。
江戸時代、当時もたらされたポルトガルの織物raxetaの名前がこの縮緬状の葉に謹呈されたので、こんな独特の語感の名になりました。ラセイタは漢字だと羅背板で、学ランの背なかの刺繍に劣らぬ当て字です。

過去のきょう 2016 シカクマメ 2015 ナガボノワレモコウ 2014 ヒメジソ 2013 ジュズダマ 2012 サンショウ 2011 ハゼノキ 2010 ギンドロ(ウラジロハコヤナギ) 2009 チャノキ 2008 プルメリア 2007 アケボノソウ 2006 ゴンズイ 2005 ハゲイトウ 2004 シュウメイギク

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »