« 番外編 : 柿梨サンド | トップページ | 10月10日(火) コバノチョウセンエノキ »

10月9日(月) テンニンソウ

171009tenninsou1なぜテンニンソウ(天人草)なのか定説が得られないという、困った名前の草です。牧野博士は素直に「何によるものかわからない」としているのに対し、ある人はハラハラと落ちる苞が天人の撒く天花みたいだからと言い、またある人は次々膨らんで咲き進む蕾を天人の親子の顔に見立てるという苦しい説を展開するほどです。
そこで「はた衛門珍説」です。このスーッとのびた葉、まさに平等院鳳凰堂の有名な飛天像を思わせるではありませんか。天人の乗るあの雲です。
171009tenninsou2さて珍説は脇に置くとして、このショボイ景色からどうして「天人」を発想したものか、今まで「もっと美しいタイミングがあるだろう」と掲載を見送り、苦し紛れに冬枯れの花穂と茎から登場させたのは、まったく無駄な逡巡でした。いくら待っても花が豪華に咲き誇るわけでなし、葉はどんどん虫に食べられてゆくばかりです。
171009tenninsou3これも無限花序と言っていいものか、際限なく天に向かって咲き上がる(これをもって、天人が昇天する様子という説もあり)花穂は、虫たちの貴重な蜜源です。ハラナガツチバチの類らしき蜂がずいぶんとしつこく穂を舐め回していました。

過去のきょう 2016年 ホソバアキノノゲシ 2015年 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) 2014年 ミクリ 2013年 サクラタデ 2012年 シナノキ 2011年 ツルウメモドキ 2010年 アキニレ 2009年 ツルドクダミ 2008年 オケラ 2007年 オヤマボクチ 2006年 アロニア 2005年 ギンモクセイ 2004年 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

|

« 番外編 : 柿梨サンド | トップページ | 10月10日(火) コバノチョウセンエノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 柿梨サンド | トップページ | 10月10日(火) コバノチョウセンエノキ »