« 番外編 : 秋定番 | トップページ | 10月17日(火) ヤブツルアズキ »

10月16日(月) ゴマキ(ゴマギ)

171016gomagi
なれの果てというか末路というか、かなり哀れを誘うゴマキの「いま」です。実が次々と赤く熟す時期がわりと長かったので、その分、くたびれ果てたのでしょう。
美しく輝く実を支えていた果柄は、それでも頑強なつくりを見せたまま残っていて、おとといのクマノミズキの繊細華麗なあれとはかなり対照的です。
木により人により、老後はさまざま…などと辛気くさい締めにしようと思ったら、みすぼらしい枝にはすでに立派な冬芽(注)が備っていました。「おいらにはまた春が巡ってくるんだ。枯れる一方のあんたと一緒にすんなよ」と突き放されたようです。

<ゴマキの過去記事・掲載順> ☆ 枯れかけの葉と実:2008年10月31日 ☆ 花:2009年4月24日 ☆ 賑やかに稔った実:2012年7月7日 ☆ 実の試食:2017年8月29日
<補注> 育った冬芽はずいぶん特徴的な姿です。(2022年1月27日

過去のきょう 2016 ガマズミ 2015 ツクバネガシ 2014 ヒメザクロ 2013 ニッサボク 2012 ツルニンジン(ジイソブ) 2011 アラカシ 2010 ユーパトリウム 2009 キバナノツキヌキホトトギス 2008 エゾユズリハ 2007 アキカラマツ 2006 ツリフネソウ 2005 シュウメイギク(ピンク) 2004 タイワンホトトギス

|

« 番外編 : 秋定番 | トップページ | 10月17日(火) ヤブツルアズキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 秋定番 | トップページ | 10月17日(火) ヤブツルアズキ »