« 9月7日(木) ツユクサ(白花種) | トップページ | 9月9日(土) ナス »

9月8日(金) ツブラジイ

170908tubura1
いわゆるシイノキにはスダジイとツブラジイがあって、二つは幹や葉で見分けるのはけっこうむずかしいと言います。ならばこの木をツブラジイとした根拠はどこにあるかと言えば、それはまだ殻斗から顔を出さないドングリなのです。
かつて同じ秋口に写したスダジイのドングリは、つい「男の赤ちゃんのあそこ」などとはしたない表現をしたほど、先が尖っていました。対してこちらは丸々です。丸→円(まる)→円(つぶら)というわけで、これがこの木の名前になりました。
170908tubura2
じつは春にこの木がムンムンと花を匂わせていたとき(↑2016年5月中旬撮影)は、てっきりスダジイだと思って掲載をスルーしていました。
さて、あとひと月ふた月すれば、この丸い殻斗が剥けて、なかからスダジイよりずっと寸足らずのドングリが飛び出てくるはずです。スダジイと同じく生で食べることができるので、リスさんに負けないよう、いまから前歯を鍛えて(?)おきます。

<補注1> やや不完全燃焼の「ツブラジイ試食記」はこちらです。(2017年11月9日)
<補注2> 花が盛りの写真をあらためて掲載しました。(2019年5月24日
<補注3> 果穂が去年のものと今年のものでハッキリ分かれていることを確認しました。(2019年8月30日

過去のきょう 2016 ドラセナ・レフレクサ 2015 イチイ 2014 ナンバンギセル 2013 アメリカノウゼンカズラ(黄花) 2012 ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ) 2011 シラヤマギク 2010 ゴジカ 2009 キツリフネ 2008 ミヤコグサ 2007 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2006 キカラスウリ 2005 ナガホノシロワレモコウ 2004 シュクシャ

|

« 9月7日(木) ツユクサ(白花種) | トップページ | 9月9日(土) ナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月7日(木) ツユクサ(白花種) | トップページ | 9月9日(土) ナス »