« 9月26日(火) ヤブニッケイ | トップページ | 9月28日(木) アカガシワ »

9月27日(水) ステゴビル

170927sutegobiru1
カタカナ表記すると恐竜かと思いそうな名を漢字に直せば「捨て小蒜」、あるいは「捨て子蒜」です。ノビルニラと違い、根茎や葉が貧弱で食用にならないことからの呼び名ではあっても、「捨て子」ではあんまりですから「捨て小蒜」でしょう。
春に葉がのび出したあと、いったん枯れ、この季節になって花だけ咲きます。ヒガンバナが「葉知らず花知らず」とも呼ばれるのと同じ生態です。その花茎はいまは20cm少々で、実をつけるにつれ30cmくらいまでのびるようです。
170927sutegobiru2
いろんな虫が訪れていて、このアブは逆さダイブを敢行していました。その右下には受粉を終えて膨らみ始めた実があります。
170927sutegobiru3
6枚の花びらは1cmほどの長さで、基部が合着しているので合弁花に見えます。この花にもし紫の筋が入れば、ハタケニラにかなり似て見えます。実際、ステゴビルとハタケニラはかなり近縁であって、かたや天然記念物とされる稀少種なのに、一方は畑の嫌われ者…強くなければ生き残れないのは三千世界の大原則です。

過去のきょう 2016年 ヤブマメ 2015年 コモチシダ 2014年 ラクウショウ 2013年 ヒガンバナ 2012年 ダンコウバイ 2011年 シラカシ 2010年 イガオナモミ 2009年 ヤブラン 2008年 アメリカアゼナ 2007年 ミズカンナ 2006年 ヒデリコ 2005年 ホオノキ 2004年 ペンタス

|

« 9月26日(火) ヤブニッケイ | トップページ | 9月28日(木) アカガシワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月26日(火) ヤブニッケイ | トップページ | 9月28日(木) アカガシワ »