« 9月23日(土) ツルフジバカマ | トップページ | 9月25日(月) ツルマメ »

9月24日(日) ヒュウガミズキ

170924hyugamizuki1
「あるところにはある」という表現は、キツリフネギンリョウソウに次いでこれが三度目です。先月19日に端を発した「ヒュウガミズキの実の捜索」が、途中のやや挫折気味のレポートを挟んで36日ぶりにめでたく解決しました。
この間、なで回したヒュウガミズキは恐らく50本をくだらないはずです。それらの木の姿やあり場所をいま思い浮かべ直しても、「実をつける・つけない」の差が何に起因するのかはまったく不明です。なのに、この場所では4本で楽に見つけられました。隔年性かと思えばさにあらずで、こうして今年の実と去年の殻が同居しています。
170924hyugamizuki2
うれしさのあまり、内容に大差のないもう一枚も載せてしまいます。二枚合わせて見ることで、ヒュウガミズキの実が葉裏に隠れる(=見つけにくい)ものではなく、堂々とお陽さまを浴びる位置につくことがわかります。
本来のはた衛門であれば、ここで「次は実が割れて種が飛び出るころを狙います」と宣言するはずなのに、今回はあまりにホッとしてしまい、なにやら虚脱状態です。そう言えば「あしたのジョー」はあのあとどうなったんでしょう。

<補注> 種が飛び出るシーンはやはり無理だったものの、割れた実の姿をとらえました。(2018年1月25日

過去のきょう 2016年 アメリカニワトコ 2015年 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ) 2014年 オトコエシ 2013年 ナンキンハゼ 2012年 シュロソウ 2011年 オカボ(イネ) 2010年 ヌルデ 2009年 ミズワラビ 2008年 ダンドボロギク 2007年 サンゴジュ 2006年 カラスノゴマ 2005年 アスパラガス 2004年 シュウカイドウ

|

« 9月23日(土) ツルフジバカマ | トップページ | 9月25日(月) ツルマメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月23日(土) ツルフジバカマ | トップページ | 9月25日(月) ツルマメ »