« 7月4日(火) ヨーロッパキイチゴ(ラズベリー) | トップページ | 7月6日(木) ソテツ(雄株) »

7月5日(水) ゴマノハグサ

170705gomanohagusa1環境省基準で絶滅危惧Ⅱ類、埼玉では同・Ⅰ類という希少種です。先日、クガイソウの記事で「元はゴマノハグサ科だった」としたとき、そう言えば科名としては大変にポピュラーなゴマノハグサをまだ収録していないことに気づきました。
思い起こせば、ブログ開始以来14年、どこでも一度もお目にかかりませんでした。さすが絶滅危惧ではあるわけで、気合いを入れて捜索しました。
そして、出会ってみてビックリでした。図鑑では高さ1.2mほどとなっていたので、目線をかなり落とし気味に探したのに、なんとワタシより大きいではありませんか。
そのわけはすぐにわかりました。写真の背景がその原因で、これはゴマノハグサの葉ではなく、オギアシです。つまり、それらが跋扈する環境(湿地)で、彼ら(背が高い)と競合しているので、図鑑程度には収まっていられないのです。
170705gomanohagusa2うーん、これだけしぶといならこの先も大丈夫と思う反面、オギやアシを敵に回す厳しさが尋常ではないことはわかります。放置すべきか、保護すべきか、まずはそっと見守ってあげるしかないのはわかっても、ヤキモキします。
170705gomanohagusa3さて、これがゴマの葉に見えるかという定番の問題(図鑑類でも疑問視)です。結論的かつ総括的に言えば、ワタシは十分にゴマを連想しました。ゴマと違って対生だとか、茎には4稜があるとかの細かいことではなく、スックとのび上がったそのデカさ、そしてその茎にパパパパと葉が張っている感じは、けっこうゴマ!でした。
ただ、これからできる実はゴマとはまったく違う姿になるようで、そのころまたここに見守りに来ることにしておきます。

過去のきょう 2016リュウビンタイ> 2015タコノアシ> 2014タラノキ> 2013トチバニンジン> 2012イワガラミ> 2011ノハナショウブ> 2010バーベナ> 2009オオバギボウシ> 2008ブルーサルビア> 2007リシマキア・プンクタータ> 2006アフリカハマユウ(インドハマユウ)> 2005ノブドウ> 2004アサガオ

|

« 7月4日(火) ヨーロッパキイチゴ(ラズベリー) | トップページ | 7月6日(木) ソテツ(雄株) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月4日(火) ヨーロッパキイチゴ(ラズベリー) | トップページ | 7月6日(木) ソテツ(雄株) »