« 6月7日(水) ハナヤエムグラ | トップページ | 6月9日(金) トウキ »

6月8日(木) ヒゼンマユミ

170608hizenmayumi1よーし、ヒゼンマユミの賑やかな花どきを押さえたぞぉ!で、この記事はめでたく終わるはずでした。ところが!なのです。
ヘテロスタイルってなんですかぁ。Heteroって異性愛、一部の人には顰蹙を受けるでしょうが、まあふつうの恋愛タイプのことですわなあ。で、Styleって、スタイルがいいとか悪いとか言うよねえと思ったら、それとは別義で花柱のことでした。
170608hizenmayumi2つまり、ヘテロスタイル=異性を愛する花柱です。写真(↑)に短柱花・長柱花(この見分けが正しいかどうか不明)と書き入れました。花柱が花台にほぼ埋もれ、その代わりに雄シベの葯が目立つ花(写真中央)と、花柱がやや出っ張り、葯が退化している花(写真左端)がたしかにあります。
マユミの仲間なんだから雌雄異株かと思ったら、ヒゼンマユミはヘテロスタイリー(蕎麦の花がこれで有名らしい)なのでした。うーん、単純に雄花・雌花でいいのでは?と思う一方で、ちょっとかっこいい言葉を覚えて得した気分でもあります。

<補注> いい加減な書き方をしましたが、雄花・雌花とは違い、短柱花は長柱花の花粉で受精し、長柱花はその逆、つまりどちらも「妊娠」するわけで、雌雄の役割分担ではないようです。

2016年のきょうオオバヤシャブシ> 2015年のきょうハマクサギ> 2014年のきょうイ(イグサ)> 2013年のきょうトネリコ> 2012年のきょうカラスムギ> 2011年のきょうジャーマンアイリス> 2010年のきょうカナウツギ> 2009年のきょうギンリョウソウ> 2008年のきょうアケボノフウロ> 2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

|

« 6月7日(水) ハナヤエムグラ | トップページ | 6月9日(金) トウキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月7日(水) ハナヤエムグラ | トップページ | 6月9日(金) トウキ »