« 6月19日(月) ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー) | トップページ | 6月21日(水) ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン) »

6月20日(火) ヤハズホオノキ

170620yahazuhoonoki長く生きていれば凹むときもあるとは言っても、この葉っぱの場合、それがずっと続くのだから、慰めようもありません。だれか、人生相談に乗ってあげたら…。
たぶん、葉の生長点の1カ所だけが止まる現象(獅子葉とか)なのでしょうが、その理由もメリットも、想像さえつきません。他人とちょっと違うのが好き!というヤツは、こちらの世界にもたくさんいるので、生きとし生けるもの、みな同じ?
兵庫県宍粟市には、葉がこれで、なおかつ花が赤いという変わり者がいるそうで、今回写した木がそこまで変人かどうか、来春まで気長に待ってみます。

ホオノキの葉の先端なんて、今まで気にしたこともなくて、過去掲載の写真はどれもが無意識そのものです。ただ、たしかに凹んではいないようです。
若葉> <開花A> <開花B> <実A> <実B> <実C

<補注> 葉を貫通した花穂が面白くて載せていた写真が、期せずして「ふつうのホオノキの葉は先端が尖る」ことを証明していました。

過去のきょう 2016アナベル(アジサイ)> 2015ゼラニウム> 2014ハンゲショウ> 2013サントリナ> 2012サボテン(ノトカクタス・品種名不明)> 2011カワラマツバ> 2010ヤブムラサキ> 2009アジサイ(渦紫陽花) > 2008ササユリ> 2007クロバナフウロ> 2006マリアアザミ> 2005ムラサキシキブ> 2004アガパンサス

|

« 6月19日(月) ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー) | トップページ | 6月21日(水) ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月19日(月) ドクゼリモドキ(ホワイトレースフラワー) | トップページ | 6月21日(水) ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン) »