« 番外編 : 野生との接近遭遇 | トップページ | 6月14日(水) ツクバネガシ »

6月13日(火) ナガバミズアオイ(ポンテデリア・コルダタ)

170613pontederia_cordata_1ため池の岸辺が、照り輝く葉で覆われていました。去年もナガバミズアオイを載せていますが、あれは某温室での撮影でした。それが今度はごく近所の、露地というか、ごく自然な環境で育っていて、そのせいか葉の色艶が見違えるようです。
170613pontederia_cordata2しかも、温室では望むべくもないポリネーターが盛んに吸蜜中でした。上向きの花びらには蜜標らしき二つの黄色いスポットがあり、蜜蜂はそこを目指してせわしく頭を突っ込んで回ります。腹部が、ちょうど雄シベ・雌シベにあたるようです。
それにしても、去年は少しばかり冷たい目で見てしまったことを反省です。外来のものが無分別で増えることは要注意でも、節度を保って、管理された状態で育ってくれるなら、それを眺める人間にも、吸蜜する蜂にも、うれしいことでした。

2016年のきょうムラサキミツバ> 2015年のきょうイヌガラシ> 2014年のきょうチョウセンキハギ> 2013年のきょうゲラニウム(Jolly Bee )> 2012年のきょうヒメカジイチゴ> 2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

|

« 番外編 : 野生との接近遭遇 | トップページ | 6月14日(水) ツクバネガシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 野生との接近遭遇 | トップページ | 6月14日(水) ツクバネガシ »