« 6月11日(日) ショウジョウバカマ | トップページ | 番外編 : 野生との接近遭遇 »

6月12日(月) フシノハアワブキ

170612husinohaawabuki1もう少し夏の盛りだと、この花を見て「ああ、ビール…」と喉が鳴りそうです。まさしく泡が吹いていて、ふつうのアワブキとは同科同属の仲間です。
ただし、こちらは別名でヤンバルアワブキとかリュウキュウアワブキと言うように、自生は西日本なので、関東で見るのは植栽ものに限られます。そして、もう一つの別名をヌルデアワブキと言うように、葉が「ふつう」とはだいぶ違います。
そもそもフシノハとはヌルデのことだそうで、たしかに奇数羽状複葉(「ふつう」は互生の単葉)です。個人的には、ヌルデよりもシマトネリコを連想します。
170612husinohaawabuki2同科同属だなんてほぼ思えない葉を見てから花に目を移すと、泡立ちそうな感じは似ていても、「ふつう」のような変則さがなくて、これもちょっと違って見えます。
わからんなぁと呟きつつ、この大木(10mほど)を見上げると、樹冠は泡で覆われていて、「まっ、アワブキですかねえ」と不承不承に呟くのでした。

2016年のきょうヤマウコギ> 2015年のきょうドクウツギ> 2014年のきょうクラマゴケ> 2013年のきょうフェイジョア> 2012年のきょうムシャリンドウ> 2011年のきょうアリウム・ギガンテウム> 2010年のきょうオオテンニンギク> 2009年のきょうニワナナカマド(チンシバイ)> 2008年のきょうシナノキ> 2007年のきょうオオマツヨイグサ> 2006年のきょうムシトリナデシコ> 2005年のきょうクリ> 2004年のきょうクチナシ

|

« 6月11日(日) ショウジョウバカマ | トップページ | 番外編 : 野生との接近遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月11日(日) ショウジョウバカマ | トップページ | 番外編 : 野生との接近遭遇 »