« 1月4日(水) ロウバイ | トップページ | 1月6日(金) ツタ(ナツヅタ) »

1月5日(木) セイヨウフダンソウ(スイスチャード)

170105hudansou
広い畑のなかで、めっちゃ目立っていました。ややくたびれ気味ではあっても、グインとのびた茎は、その色だけにとどまらず、迫力があります。
地方によってはトキシラズ(↓)とも呼ばれるくらい、夏冬問わずに一年中育てられるのだそうです。てっきり、珍しい洋物かと思ったら、出自はそちらでも、もう日本でもずいぶん「当たり前」に作られているらしいものでした。
色素の具合で、茎は赤だけでなく黄色やオレンジになると言うので、これ一つでカラフルなサラダができてしまう、お得な野菜です。

<追録> 「トキシラズ」を実証するように、夏の畑での一枚です。(撮影:2018年6月7日)
180607f
<補注1> 当初、「フダンソウ(スイスチャード)」としていたタイトルを、「セイヨウフダンソウ(スイスチャード)」に訂正し、その理由を書き留めました。ただし、YListは Beta vulgaris var. cicla の標準和名をフダンソウとし、別名としてもセイヨウフダンソウやスイスチャードは採用していません。(2021年1月9日
<補注2> セイヨウフダンソウ(スイスチャード)が花を咲かすころにはとんでもないサイズになると知りました。(2021年5月19日
<補注3> セイヨウフダンソウ(スイスチャード)ではない在来(という言い方はやや微妙)のフダンソウを育て、その軸が緑色であることを確認しました。(2021年5月29日

過去のきょう 2016 オドリコソウとヒメオドリコソウ 2015 ドラセナ・コンシンナ 2014 ハクサイ 2013 ボタンヅル 2012 ヤマコウバシ  2011 カルドン 2010 キチジョウソウ 2009 サザンカ(白八重) 2008 ミミズバイ 2007 オキザリス・セルヌア 2006 ナンキンハゼ 2005 ノイバラ

|

« 1月4日(水) ロウバイ | トップページ | 1月6日(金) ツタ(ナツヅタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月4日(水) ロウバイ | トップページ | 1月6日(金) ツタ(ナツヅタ) »