« 1月1日(日) シンゴニウム | トップページ | 1月3日(火) シマオオタニワタリ »

1月2日(月) イボタノキ

170102ibotanokiイボタノキと言えばイボタロウムシだし、それが出すという蝋のことが必ず語られるのに、これがわからんのです。まるで樹氷のように(オーバーか?)、枝が真っ白になるのだから、見逃すわけがないのに、見つけたことがありません。いったいどういう場所で、どういう環境でイボタロウムシは寄生してくれるというのでしょう。
という悩みはあっても、今回は実を撮影できました。仲間にネズミモチやトウネズミモチがいて、この実の形はその二つのちょうど中間の感じです。
ただ、イボタノキは落葉低木なのに、葉がこんなに青々していたらまずいでしょう…というのが蝋に続いての問題でした。調べたら、暖地ではこんなこともあるようで、いやあ、埼玉が暖地とは思いにくいけれど、暖地なんでしょうねえ。

<補注> 念願だったイボタロウムシが寄生した枝を見ることができました。(2017年3月24日

過去のきょう 2016 ゴンズイ 2015 タイワンホトトギス 2014 ヤブコウジ 2013 ヒュウガミズキ 2012 アオサンゴ  2011 ダイオウショウ 2010 ハイマツ 2009 ロドレイア 2008 ゴクラクチョウカ 2007 キンセンカ 2006 イイギリ 2005 タケ

|

« 1月1日(日) シンゴニウム | トップページ | 1月3日(火) シマオオタニワタリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月1日(日) シンゴニウム | トップページ | 1月3日(火) シマオオタニワタリ »