« 1月16日(月) シナマンサク | トップページ | 1月18日(水) アカリファ・ウイルケシアナ »

1月17日(火) メハジキ

170117mehajiki
まさかこれがあのメハジキ(の冬越しの姿)とは、「お釈迦さまでも気がつくめぇ」と切られ与三を気取ってしまいます。お富さんが艶を増したくらいだったのに比べると、線形の葉が破れ団扇ですから、教えてもらわなければ絶対気づきません。
もっとも、夏でも茎の上部の葉は線形なのに、下に行くに従って複雑に裂けた羽状になるので、それがさらに広がったと考えればいいでしょうか。
茎全体の数で大きな面積を稼げる夏型の葉と、地べたの限られた数で根を養う(多年草)必要のある冬型の葉…クールビズだ、ウォームビズだといまごろ騒いでいる人間なんて逆立ちしてもかなわない知恵を見る思いです。

過去のきょう 2016 アロエ・ベラ 2015 センダン 2014 ノシラン(白実タイプ) 2013 ウラジロ 2012 ヒメユズリハ  2011 ブッソウゲ(ハイビスカス) 2010 ナンテン 2009 トウゴマ 2008 チゴカンチク 2007 フクジュソウ 2006 フユシラズ 2005 カラタチ

|

« 1月16日(月) シナマンサク | トップページ | 1月18日(水) アカリファ・ウイルケシアナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月16日(月) シナマンサク | トップページ | 1月18日(水) アカリファ・ウイルケシアナ »