« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

12月31日(土) クマシデ

161231kumasideヒゲ爺を思わせる実もかわいいけれど、それ以上にギュッと音がしそうに巻きあがった葉がたまりません。まるで焼きあごみたいです。
そう言えば、あごだしを使った汁物はサイコーだし、焼きあごをつまみ出したらお酒が止まらんし…という話ではなくて、クマシデの葉です。
前はさしも頑強で筋金(葉脈がホントに鉄筋みたい)入りの葉も寒風にあらがいがたく、画面には数枚残るのみでした。それがこんなに「見頃」でした。紅黄葉ではなくても枯れ葉に見頃があるなんて、熊くん、たいした役者です。

過去のきょう 2015 ソシンロウバイ 2014 カラスノゴマ 2013 フッキソウ 2012 コブシ 2011 シシバタニワタリ 2010 ソヨゴ 2009 ヒマラヤスギ 2008 スエコザサ 2007 サカキ 2006 オキザリス・プルプレア> 2005 クリハラン 2004 マンリョウ

| | コメント (0)

12月30日(金) レックスベゴニア・ワイルドファイアー

161230rexbego_wildfire蛇足と言い捨てるのも不憫なことで、やっぱり花があるのはいいものだねえ、と呟いておきましょう。花と葉が同系色で、とてもオシャレです。
レックスベゴニア、二つ目の収録です。前のは「海の妖精」で、今度のは「野火」、なかなかイメージ豊かにネーミングするものです。
ウチの辺には野火止用水という江戸時代の遺構があるので、そこにこのベゴニアなんてどうでしょう。あ、そう言えば、この用水の末端を頂戴している(いた)当・志木市ではこれを「のびドめ」と読み、上流で保全運動が盛んな新座市では「のびトめ」と濁さずに読みます…というネタは再登場でした。

過去のきょう 2015ガザニア(クンショウギク)> 2014ヤブミョウガ> 2013ホトケノザ> 2012ユキワリソウ> 2011ミカイドウ> 2010ネメシア> 2009サワラ> 2008ヨルガオ> 2007ポインセチア> 2006コガマ> 2005コトネアスター> 2004ソシンロウバイ

| | コメント (1)

12月29日(木) モクセンナ

161229mokusennaモクセンナの葉の丸さをおさらいしてみました。これでもし花と同じように山吹色だったら、小判センナなんていう呼び名を進呈したいほどの形です。
もちろん、このおさらいにはハナセンナの葉の尖り具合確認も含まれるわけで、同じセンナでも、これだけ違ってくれると助かります。
ただ、モクセンナにはイリタマゴノキ(英名Scrambled egg treeそのまま)という別名があって、花を見直すと「ああ、なるほど」です。葉を確認するつもりで撮った写真なのに花で締めになるなんて、なんとも締まらない話です。

○○年のきょう 2015クロガネモチ> 2014ヤドリギ> 2013オタフクナンテン> 2012シナマンサク> 2011アオネカズラ> 2010カシワバハグマ> 2009イタドリ> 2008セイタカアワダチソウ> 2007ツルマサキ> 2006サツキ> 2005トサミズキ> 2004キダチアロエ

| | コメント (0)

12月28日(水) ブラサボラ・デビッドサンダー(洋ラン)

161228bdavid_s一瞬、サギソウかと思いました。ただ、けっこう大きいのです。花弁が細身なので写真ではその大きさを感じ取りにくいところを文字で補えば、端から端まで、たぶん10cm以上はゆうにあったはずです。
ブラサボラという種類も、当然ながらここに初登場です。こんなに渋い見かけのくせに、これがカトレアの原種だというのだから、わからない世界です。
わからない・わからないと言いながら、少しずつ洋ランの掲載種が増えてきて、まずは50種くらいを目指そうかな、などと野望を持つようになりました。

○○年のきょう 2015メドハギ> 2014ビロードモウズイカ> 2013フユノハナワラビ> 2012年のきょうススキ> 2011バラ(シャルル・ド・ゴール)> 2010サンキライ(サルトリイバラ)> 2009イイギリ> 2008ヤツガシラ> 2007ヤブツバキ> 2006サネカズラ> 2005カンアオイ> 2004ブルーデージー

| | コメント (0)

12月27日(火) ドンベヤ・里見の春

161227dombeya地味なら派手に、派手なら地味に、どうしても元とは違う雰囲気にしたいという欲望が人間にはあるんでしょうねえ。ドンベヤって、あの手鞠型の大きな花をぶら下げるものだと思っていたら、なんじゃ、この侘しい花は!
という己の反応を客観的に分析すると、けっこう派手好きなんだ、はた衛門…という話は脇に置き、こんな品種名(里見の春)をつけるんだから、これ(ドンベヤの園芸品種)を作り出したのは日本人なんでしょうねえ。
侘び寂びの国に来ると、マダガスカル美人も形無しです(涙)。

○○年のきょう 2015タラノキ> 2014ヤマハギ> 2013チドリノキ> 2012キミノセンリョウ> 2011球根ベゴニア> 2010スギ> 2009ナツメヤシ> 2008ハスノハカズラ> 2007オレガノ・バーバラチンゲイ> 2006ムサシアブミ> 2005ヒヨドリジョウゴ> 2004レースラベンダー

| | コメント (0)

12月26日(月) リュウビンタイ

161226ryuubintai今年はリュウビンタイ萌えしてしまい、三度目の登場です。最初に夏の露地で見かけたものは、たまたまか屋外ゆえか、コンパクトサイズでした。
ところが次に温室で出会ったものは完全な現地サイズで、その雄大さに目を見張ったものです。そしてまた違う温室で、こうして新芽を見ることができました。
うーむむ、温室恐るべし! 地球サイズの温室効果は困ったことでも、我が家を丸々温室で囲うというのはどうでしょう。ウサギ小屋の拙宅ならばこその発想です。初夢は、この温室のなかで冷えたビールの乾杯といきましょう。

○○年のきょう 2015ヌマツルギク> 2014ウラハグサ(フウチソウ)> 2013リョウメンシダ> 2012メガルカヤ(とオガルカヤ)> 2011ワイヤープランツ> 2010ポピ-マロー> 2009フサザクラ> 2008ハマボウ> 2007レンギョウ> 2006ハナイソギク> 2005ウキツリボク(アブチロン、チロリアンランプ)> 2004センダン

| | コメント (0)

12月25日(日) フユイチゴ

161225huyuitigo秘密の花園ならぬ内緒のイチゴ畑です。この山にはふつうのフユイチゴミヤマフユイチゴが豊富にあって、鳥さんも食べきれないようなのです。
ところが!なのです。今年は「ミヤマ」の方が見当たりません。見るイチゴ、見るイチゴがみんな「ふつう」で、葉の先にのびがありません。
草本ならまだしも、これで立派な「低木」なので、そんなに簡単には消えないはず…と懸命に探したのにダメでした。写真を2枚並べて葉の違いを示したかったのに、そんな下心があると、見えるものも見えなくなるのかもしれません。

○○年のきょう 2015モクレイシ> 2014サネカズラ> 2013マユミ> 2012モミ> 2011ルメクス> 2010コウヨウザン> 2009クロガネモチ> 2008ハマゴウ> 2007ノササゲ> 2006シロタエヒマワリ> 2005キンメイモウソウチク> 2004ボケ

| | コメント (0)

12月24日(土) レリオカトレア・リグレー(洋ラン)

161224lcwri別にピンぼけしたわけでもレンズが曇った(この時期、温室に入ると、このトラブルに見舞われる)わけでもなく、写真をわざとボカシてみました。
なんのため? 自分の葬式用にどうかなと思って…。ありきたりの写真を使われるよりは、ちょいと気が利いているんじゃないかと考えたのです。
そんな話を家族にしたら、「そういう用意のいい人は、かえって長生きするんだよね」だそうです。ふん、写真遊びをして長生きできるんだったら、10枚でも20枚でも用意して、「もういい!」と言われるまでつきまとってあげますよぉーだ。

○○年のきょう 2015ノカンゾウ> 2014コセンダングサ> 2013ツチアケビ> 2012ノガリヤス> 2011メグスリノキ> 2010シナヒイラギ> 2009タラノキ> 2008コウヨウザン> 2007シキザクラ> 2006シキザキホソバアカシア> 2005シモバシラ> 2004ポインセチア

| | コメント (0)

12月23日(金) センダンとエンジュ

161223sendanそうかあ、センダンもだったかぁ…というのは例の「小葉と葉柄の時間差離脱」のことです。小葉を落としきった葉柄(葉軸)が、こんなに賑やかでした。
そして、この状態はなんと12年も前の今ごろ、しっかりと撮影していたのでした。そのとき、この長い軸をいったいなんだと思っていたのやら。いや、たぶん目に入っていなかっただろうと思うと、進歩の自覚と悲しさが背中合わせです。
161223enjuさて、こちらはエンジュです。時間差落葉は今月初めに実証したばかりですから、きょうの主役はヒヨドリです。エンジュの実を啄む場面を初めて見ました。
悲しいのはZenFoneで撮影したこの写真です。朝の出がけであわてたこともあるし、画面の1/8ほどを切り出したこともあるでしょう。落ち着いて接写したりすると、かなりきれいな写真になることもあるので、あとは使いこなしが課題です。

○○年のきょう 2015アメリカアサガラ> 2014セイヨウキヅタ(ヘデラ・ヘリックス、イングリッシュ・アイビー)> 2013カラスザンショウ> 2012リュウキュウマメガキ> 2011センボンヤリ> 2010シロガネヨシ(パンパスグラス)> 2009マメキンカン(キンズ)> 2008ユキツバキ> 2007ミヤマフユイチゴ> 2006ユリオプス・デージー> 2005スイカズラ> 2004アリッサム

| | コメント (0)

12月22日(木) 赤ダイコン(紅ダイコン)

161222akadaikon青首大根というのはあっても、まさかこんな赤カブのような大根があろうとは…。しかし、カブよりはずっと長く地中にのびていそうだし、葉はどうみても大根です。その葉だって、手前(左)のものは葉軸まで赤く染まっています。
なるほど、赤大根とか紅大根とか言われる種類があるのでした。しかも、いろいろあります。まず、皮の赤さに違いがあり、このような赤紫もあればもっと濃い紫もあり、逆にオレンジっぽい派手な赤もありました。
さらに、中身は白いタイプ、ほんのり赤が入るタイプ、なかまで赤いタイプがあり、サイズも長短さまざま、体型もほっそりからズングリまで、各種各様です。
そろそろお正月、今年の膾は紅白の大根でめでたく、という提案をすると、「はい、自分でやってね」とくるのはわかっています。うーん、赤大根がお店にあるとも限らないし、膾の作り方も知らないし、いいや、いつもどおりで…。

○○年のきょう 2015ムシトリナデシコ> 2014ヤマユリ> 2013ヒメツルソバ> 2012ツワブキ> 2011トネリコカエデ> 2010トウワタ(アスクレピアス)> 2009ナナミノキ> 2008カラシナ(セイヨウカラシナ)> 2007ミヤマシキミ> 2006ナガエコミカンソウ> 2005ミニバラ> 2004トベラ

| | コメント (0)

12月21日(水) アカメガシワ

161221akamegasiwaよぉーし!と独りでニンマリです。かつて、ボロハタキ状物体をぶら下げたアカメガシワが雌雄どっちか、突き止めないままにしていました。たぶん雌株だろうとはしたものの、こうして穂に黒い種を残した姿を確認して、ようやくスッキリです。
ただ、この種を鳥が啄むかどうかという、もう一つの持ち越し課題があります。近くには雌株どころか雄株さえない場所に急にアカメガシワが芽吹くという現象は、かなりの確率で鳥の○ンチのせいだと思うのです。
その○ンチ爆弾を投下するシーンの目撃は無理でも、この種を飲み込むところくらい、見ることができそうなものです。しかしどうも、アカメ食堂はいつもお客さんがいなくて、ガランとしています。木の下で客引きでもしますかね。

○○年のきょう 2015西洋ツゲ(ボックスウッド)> 2014ブナ> 2013ツクバネウツギ> 2012イイギリ> 2011ナタマメ> 2010カエンキセワタ(レオノティス)> 2009/font><カラスザンショウ> 2008タネツケバナ> 2007カラタチバナ> 2006ユキヤナギ> 2005ハンノキ> 2004ギョリュウバイ

| | コメント (0)

12月20日(火) 熱帯スイレン

161220nettaisuiren逆さ富士の名所みたいな場所があって、それぞれのベストシーズンにはカメラを持った人で押すな押すな状態になるようです。
それに比べれば、逆さスイレンに目をくれる人など誰もいなくて、のんびりと撮影ができました。水面に映るとは言うものの、たぶん合焦点は水中にあるらしく、オートではうまくないので手動に切り替え、透けた花びらにピントを合わせました。
スイレンの花を、触ることなく下から見上げるというのはけっこうむずかしいことなので、自分的にはお気に入りの一枚になりました。なんとなくスカートの下からの盗撮画像に見えなくもないのは、撮った人の心根がいやしいからでしょう。

○○年のきょう 2015ヒデリコ> 2014ナルコユリ> 2013カラスウリ> 2012ナギナタコウジュ> 2011トキワサンザシ(ピラカンサ)> 2010アマクリナム> 2009センリョウ> 2008タンキリマメ> 2007クネンボ> 2006ヒイラギ> 2005キリ> 2004イヌホオズキ

| | コメント (0)

12月19日(月) ツタ(ナツヅタ)

161219tutaきょうは写真の形をいつもと違えました。たった1本の枝(写真中央)が、壁面の左右に大きく広がっている様子を見つけたのです。
うまい具合に1間幅の窓があるので、分岐してから片側3mほどは枝がのびていることがわかります。そもそも2階建てのここまで、まっすぐでも5mくらいはのびあがってきて、さらにまるで毛細血管のように枝を張り巡らせているのです。
人間なら心臓というポンプがあるからいいけれど、植物はそれがなしです。末端の葉の蒸散による「吸い上げ力」だけが生命力を保証します。
そこでツタに学びました。人間も身体の末端の血流を活性化すれば、ツタに負けない血液循環力を得ることができるはずです。ということで、いま足の指を一生懸命曲げのばしし始めたはた衛門でした。

<補注> 蔓性木本の「吸い上げ力」のすごさは、かつてノウゼンカズラでも見たことがありました。

○○年のきょう 2015タイワンサザンカ> 2014イヌブナ> 2013イイギリ> 2012オガタマノキ> 2011ススキ> 2010クロマツ> 2009イチョウ> 2008モチノキ> 2007ハクウンボク> 2006フユザクラ> 2005トコナツ> 2004ジュウガツザクラ

| | コメント (0)

12月18日(日) エイザンスミレ

161218eizansumire落ち葉を少し取り払ったら、「寒いよぉ」と抗議されました。枯れ葉のなかから特徴のある切れ込みを持つ細長い葉が顔を出していたのを見つけ、もしやと思ったら、まだ色白状態ではあっても、立派なエイザンスミレでした。
先日、タチツボスミレの冬越しに気づいたばかりなので、「え、冬なのに?」という驚きは薄れています。「ふーん、エイザンもかぁ」くらいでしょうか。
改めて牧野図鑑収録のスミレ科を調べました。収録45種うち、多年草と明記されていないものは、なんと、たったの6種でした。さらに、それらは直前に掲載された種の変種的なものらしく、多年草であることは記載省略した感じが濃厚です。
逆に、明らかに一年生・二年生と書かれていたのはパンジーだけでした。うーむむ、野のスミレは冬越しするのがふつうなのでした。
今年は複葉の木が小葉と葉柄(葉軸)を時間差で落とすことにも気づいたし、この世界では「あったりまえでしょ」のことにようやく目覚めた収穫の年です。

○○年のきょう 2015ベニニガナ> 2014クサソテツ> 2013/font><シオデ> 2012シモバシラ> 2011ソシンロウバイ> 2010リンドウ> 2009チドリノキ> 2008マルバアキグミ> 2007ハクサンボク> 2006ムクロジ> 2005マリアアザミ> 2004ワビスケ

| | コメント (0)

12月17日(土) テッケンユサン(アブラスギ、ユサン)

161217yusanユサン(油杉)という名をどこかで覚えてしまっていました。ところが、今回の掲載に当たって、念のため調べたら、標準和名はテッケンユサンでした。
そのテッケンは、ふつうに変換して「鉄拳」ではダメで、「鉄堅」が正解です。鉄堅油杉、読んで字の如し、堅くて油を含む材は大きな構造物に利用されます。
さて、ユサンの「へえ」は鉄堅だけではなく、もう一つありました。学名(Keteleeria davidiana Beissner)にdavidiaとあることです。これを属名にしたDavidia involucrataとはハンカチノキのことです。二つのどこに共通点が…。
このDavidは人名で、フランスの宣教師でした。19世紀後半、中国で布教の傍ら、動植物を採取し、本国にたくさんの標本を送ったそうです。役得としてユサンとハンカチノキに自分の名を残した彼なのに、じつは最大の発見(一般の人気的に)はジャイアントパンダでした。ところが、その学名にはシノニムとしてチラリと登場するだけです。今ごろあちらで、「ちぇ、メジャーになり損ねた」と後悔していそうです。

○○年のきょう 2015オリーブ> 2014パキラ> 2013アツバキミガヨラン> 2012フウ> 2011クリスマスローズ(ニゲル)> 2010ニワウルシ(シンジュ)> 2009アキニレ> 2008ハマヒサカキ> 2007キジョラン> 2006ヤブコウジ> 2005ローズマリー> 2004トウネズミモチ

| | コメント (0)

12月16日(金) ミズヒキ

161216mizuhikiひとつことに躍起になると、現実が素直に見えなくなります。いわゆる視野狭窄症状です。うまく花を写したいとミズヒキを追いかけていたとき、その葉や茎が毛で覆われているなんて、まったく気づくことがありませんでした。
それが、今回はちょっと芸術チックに確認できました。若いころよりも自分の視野が広がった…わけではなくて、冬の低い光線のおかげです。
自分で勝手に匍匐前進型と呼んでいる草の一群があって、実をつけた茎が倒れた範囲にだけ、種が播かれるタイプです。ミズヒキはカタクリよりはずっと背丈があるので、匍匐スピードはやや速くても、飛翔のしかけを持たない実直な美です。

○○年のきょう 2015タカサゴユリ> 2014ハキダメギク> 2013洋ラン(品種不明)> 2012イソギク> 2011コウシンバラ> 2010フウ> 2009サンビタリア> 2008シラキ> 2007コスモス(矮性)> 2006タアツァイ> 2005リュウキュウマメガキ> 2004ネズミモチ

| | コメント (0)

12月15日(木) ザボン(ブンタン、ボンタン)

161215zabonまたもや都内でザボンを見つけました。前のものも今回のものも、葉の様子からはかなり辛そうな生息状態です。ただし、実は差し渡し15cmはありました。収穫適期は今ごろだそうで、寒いときが目立ちどきというわけです。
ザボンのほかにブンタンとかボンタンという言い方もあります。どう違うのかと思ったら、根っこは謝文旦という人でした(by Wiki)。
原産地(中国南部・台湾ほか)から江戸時代にこれを運んだ船主のその名前(ジアブンタン)を、ファーストネームだけ呼ぶとブンタン、日本風に名字プラス名前の前半で呼ぶ(伊藤忠みたいに)とジアブンです。ブンタンはそのまま、またはボンタンに変化し、ジアブンはザボンまで変化したというわけです。
ミカンは残念ながら紀文とか文左とかは呼ばれないのに、謝文旦さんは三通りにも今に名を残したなんて、ちょっと不公平な気がします。

○○年のきょう 2015ホソバシャリンバイ> 2014カシワ> 2013シシユズ(オニユズ)> 2012マンサク> 2011ビオラ> 2010コダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)> 2009アオギリ> 2008ツクバネ> 2007カラスザンショウ> 2006チャボヒバ> 2005クロガネモチ> 2004カナムグラ

| | コメント (0)

12月14日(水) ヘミグラフィス・エキゾチカ

161214hemigraphisexoticaヘミグラフィス・アルテルナタの玄妙な色合いに惚れ込んだばかりというのに、その園芸種まで取り上げることになりました。
同じように紫色が特徴ではあっても、アルテルナタとは好対照に派手です。どうも、園芸開発された素材はアルテルナタらしいのに、まるで村の娘がいきなり竹下通りに出てきたみたい:爺さま感が100%漂う喩え:です。
葉はギュッと立ち上がってしまい、これでもかと言わんばかりに裏の紫色をひけらかしています。裏など見せず、地を覆うように横に開いていたアルテルナタとは大違いです。平滑だった葉の面も、ボコボコ・チリチリと賑やかです。こりゃかなわんなぁとか言いつつ、つい面白がって撮ってしまいました。

○○年のきょう 2015ハイアワユキセンダングサとウインターコスモス> 2014カリガネソウ> 2013タコノアシ> 2012キジョラン(とアサギマダラの卵)> 2011フサザクラ> 2010ノハラアザミ> 2009サンパチェンス> 2008カラスザンショウ> 2007フウ> 2006ムラサキキャベツ> 2005ハナヒョウタンボク> 2004ホオズキ

| | コメント (0)

12月13日(火) セコイア(センペルセコイア、アメリカスギ)

161213sequoiaセコイアと言えば、ふつうはメタセコイアが有名です。「生きた化石」発見以来、日本では公園や学校にどんどん植えられました。
ところが、メタではなくただセコイアと言えばこれになります。ヒノキ科セコイア属にはこれ1種(メタセコイアは属違い)、正真正銘、これがセコイアなのです。
しかし、メタの方が有名なせいか、セコイアだけではわかりにくいだろうと考えた人々が、いろんな別名をつけてくれました。そのなかではセンペルセコイア(センペルは学名から)がよく使われ、次いでアメリカスギやセコイアスギなどとも呼ばれることがあります。ただ、ほかにもセコイアメスギとかイチイモドキとかレッドウッドがあって、いやあ、別にセコイアだけでワタシはかまわないんですけど…。
原産地(アメリカ西部)では高さ100m・直径5mにも育つという巨木が、「俺もどうでもいいぞぉ」と笑って見下ろしてくれました。

○○年のきょう 2015ヌマミズキ> 2014ヒマラヤスギ> 2013サザンカ> 2012カキノキ(次郎)> 2011タヌキマメ> 2010キッコウハグマ> 2009イタヤカエデ> 2008カラハナソウ> 2007ハンカチノキ> 2006カランコエ・ベハレンシス> 2005ワビスケ> 200イシミカワ

| | コメント (0)

12月12日(月) タチツボスミレ

161212tatitubo山道ではお昼がすごく楽しみです。ただ、それは食い意地という意味ではなく、腰を下ろしてゆっくりと周りを見つめられるからなのです。
前にも、おかしな虫(シャコグモとビロードツリアブ)が足下にいたり、ハシカグサを初めて見つけたりしました。丁寧にあれこれ眺め歩いているつもりでも、動きながらでは見過ごしてしまうものが案外に多いのだろうと思います。
このタチツボスミレも、枯れ草にほぼ覆われていて、お昼休憩でなければ目に入ってくれたかどうか…。加えて、スミレ類に常緑タイプがあることに気づいていなかったので、少しビックリの発見でした。夏に種をつけるまでは見ていても、まさかこうして越冬してしまうなんて、可憐なスミレのイメージが大狂いです。

○○年のきょう 2015スカシタゴボウ> 2014タコノアシ> 2013オオツワブキ> 2012ヤブタバコ> 2011カマクラヒバ> 2010チョコレートコスモス> 2009ネズミモチ> 2008ツルアリドオシ> 2007カラマツ> 2006エピデンドラム・ラディカンス(洋ラン)> 2005ノゲシ> 2004ヒメリンゴ

| | コメント (0)

12月11日(日) イイギリ、ほか2種

先月、ついにココログプラス(容量5GB)のユーザーになりました。無料であるベーシック(容量2GB)のディスクが、ブログ13年目にしてついに満杯となり、やむなく月に486円「も」追加出費する羽目になったのです。
これであと20年ほどは大丈夫という計算の一方で、その間の支払いは11万円を超すという驚愕の掛け算が成り立ちます。高過ぎだよ、ココログさん!
とは言いながら、プラスのメリットは容量だけではなく、いま一番気に入っているのは過去記事の全文検索(と単語置き換え)ができることです。もちろん、写真も心置きなく何枚でも載せられるようになりました。
161211iigiriそんな長い前置きで、きょうは3枚「も」一気に掲載です。最初はかなりおなじみのイイギリです。過去にも実りを褒め称えてはいても、今回はまるで赤いカーテンで、「すごいな、これ」と言うしかありませんでした。
161211kanrenboku次のカンレンボクも、すでにたわわな実りはとらえているのに、今年の樹上の見事さはまた格別でした。「すげえ」と呟くしかありません。
161211oomokugenjiそしてオオモクゲンジです。花と実のリズムについてまだ得心がいかない木ではあっても、この実りには「ほほぉ」と唸らざるを得ませんでした。

○○年のきょう 2015イタヤカエデ> 2014アベリア(ハナツクバネウツギ)> 2013ヒマラヤザクラ> 2012アスナロ> 2011ゴクラクチョウカ> 2010ヤマアジサイ> 2009ノイバラ> 2008ラシャカキソウ> 2007シャシャンボ> 2006デルフィニウム> 2005トウカエデ> 2004ウキツリボク(アブチロン、チロリアンランプ)

| | コメント (1)

12月10日(土) ウチワゴケ

161210utiwagoke手元にあった本物の団扇(うちわ)と比べたら、そのサイズはほぼ1/25でした。お雛様にさえ、ちょいと小さ過ぎです。森の虫さんたち専用でしょう。
しかし、こう破れ団扇(葉の縁に裂け目が目立つ)では、その虫さんたちからもクレームが来そうです。ただ、団扇と名付けられていても、よく見ればその姿はロート型で、本人は「勝手に団扇呼ばわりするなよ」と迷惑に思っているはずです。
さらに、苔と呼ばれるのも意に添わぬことでしょう。じつはこんな姿をしていても羊歯だそうで、できればロートシダと呼んであげたいものです。おっと、こんなことを書いていると、次に森で会ったとき、頭が混乱して困るのは自分なのでした。

○○年のきょう 2015ストック(アラセイトウ)> 2014ヒメガマ> 2013セリバオウレン> 2012ワラビ> 2011ウワミズザクラ> 2010リコリス・オーレア> 200ヤーコン> 2008チョクザキヨメナ> 2007メグスリノキ> 2006ゴクラクチョウカ> 2005ブルーベリー> 2004フクシア

| | コメント (0)

12月9日(金) エンジュ

161209enjuやれやれ、お前もかい…です。はた衛門的には大発見であった「小葉と葉柄の時間差離脱」は、エンジュもこうして立派に行っていたのでした。
あと、今年は写真的に証明できなかった(時期的に葉柄まですべて欠落)ものの、オニグルミとかネムノキとかミツデカエデとかハゼノキとか、嫌疑濃厚(笑)で来年には暴き立てたい樹種がいくつかあり、無念の涙で見送りました。
と、こうして見ると、この大発見(この落ち方のことは、図鑑的にはツタ以外では解説されていない、と思う)は、要は常識だったのかもしれません。小葉とは言え、それも1枚の葉ですから、葉柄との間に離層を持つのは当然と言えば当然です。
この時期、赤だ黄色だとミーハーに浮き立つのはやめ、来年からは複葉樹木の葉の散り方に目を凝らす渋い爺さんになろうと決心しました。

○○年のきょう 2015ヒメタイサンボク> 2014トウカエデ> 2013コナラ> 2012ウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)> 2011カラスノエンドウ> 2010イロハモミジ> 2009メタセコイア> 2008アオハダ> 2007ケヤキ> 2006サンダーソニア> 2005サンシュユ> 2004メキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (0)

12月8日(木) オウゴンカズラ(ポトス・エンジョイ)

161208njoy日本で商品化されたのが2008年だそうで、これがお初の遭遇だったことはあながち恥ずかしいことではなさそうです。品種の説明では斑が「アイボリー」とはなっていても、ゴールデンポトスを見慣れた目には「純白」に見えてしまいます。
また、ゴールデンポトスの斑は葉脈沿いに流れるような入り方なのに対し、こちらは白い顔料が滲んだようにさまざまな模様を見せてくれます。
さらに、葉が小振りで、かつ葉のつき方が密という美点もあります。下手に育てると間延びしてしまうゴールデンポトスと違い、常にまとまりの良い姿を保てるというので、これからは目にする機会がどんどん増えてきそうです。

○○年のきょう 2015ハグロソウ> 2014テンニンソウ> 2013オオハナワラビ> 2012ヤブマメ> 2011ネコノチチ> 2010ホソバオケラ> 2009イイギリ> 2008ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2007ダケカンバ> 2006コクサギ> 2005サンキライ> 2004ガーデンシクラメン

| | コメント (0)

12月7日(水) カイノキ

161207kainoki1思いがけず、東京のど真んなかでカイノキを見ました。ちょいラッキー気分です。ところが紅葉具合はまったく冴えません。やっぱ、都心じゃダメか…。
161207kainoki2ところが・ところが、傍に寄ったらニッコリでした。「今泣いた烏がもう笑う」です。ツタトチノキで見た「葉柄だけが散り残る」現象が、カイノキにも共通でした。
まだ小葉をつけた羽状複葉に触ると、葉柄(葉軸)の付け根側の小葉からポロ・ポロと落ちてしまいます。先側の小葉が粘って居残ろうとするものの、たぶん一晩すればあえなく葉軸を離れてしまうことでしょう。
ツタで知ることになった「小葉と葉柄の時間差離脱」現象の仲間を、今季トントンと二つ見つけることができて、爺さん烏はカアカアとご機嫌です。

○○年のきょう 2015カナクギノキ> 2014イヌザンショウ> 2013ムラサキシキブ> 2012ヤマコウバシ> 2011メキシカン・マリーゴールド(レモンジェム、レモン・マリーゴールド)> 2010アカガシワ> 2009ウシハコベ> 2008コハウチワカエデ> 2007ギヌラ・パープルパッション> 2006ヤマハゼ> 2005ストック> 2004イチョウ

| | コメント (0)

12月6日(火) ヘミグラフィス・アルテルナタ

161206hemigraphis_alternataそそられる色合いです。葉に紫を兆す草と言えば、ウラムラサキムラサキオモト、あるいはギヌラなどがあるものの、それらの色配合は単純でした。それに対して、この葉の玄妙さにはため息が出ます。まるで鎧の縅しのよう…。
ヘミグラフィスにはいくつか種類があり、おおむね葉に紫を呈します。そのなかでも、このアルテルナタの色具合が一番芸術的に思えます。
そんな美貌に反し、暑さにも寒さにも水涸れにもタフだというから感心します。今回初めて温室で見かけたものの、どんどん町に出てほしい一品です。

○○年のきょう 2015タイワンホトトギス> 2014ツルムラサキ> 2013タチシオデ> 2012ノブキ> 2011ホソイトスギ(イタリアンサイプレス)> 2010フユザンショウ> 2009ハゼノキ> 2008ハウチワカエデ> 2007ソヨゴ> 2006タラノキ> 2005メギ> 2004ダリア

| | コメント (0)

12月5日(月) アメリカハナノキ

161205americahananoki別名を赤楓とか紅楓というので、けっこう期待したのに、がっかりです。先日、ふつうのハナノキの見事な紅葉を見たばかりなので、倍増しの落胆です。
あのハナノキは雄株だったのに、このアメリカハナノキは雌株です。動物はたいがいにして雄がきれいという法則は、植物にもあてはまるのでしょうか。また、ワケのわからないはた衛門珍説が飛び出しそうです。

<追加記事> (2016年12月6日)
161206americahananokiうまい具合に、アメリカハナノキの雄株もすぐにチェックできました。しかし、せっかく成立しそうに思えたはた衛門珍説は、あえなく崩壊です。
たった2枚、しかもわざわざ小さめの葉が赤くなっているのはオマケというかご愛敬でしょう。いったんここまでクロロフィルが分解してしまう(黄葉の進化)と、アントシアニンを合成する(紅葉の進化)は無理でしょうから、今回の雌雄二株に限っては、今年は赤楓とか紅楓とかとは呼べない状況です。
というか、ほかに雌雄が不明(花を見ていない)のアメリカハナノキを3~4本見たのに、それらはことごとく葉が黄変しているだけでした。これが今年に限った現象であることを切に願ってしまいます。

○○年のきょう 2015アブラチャン> 2014ツタ(ナツヅタ)> 2013フユザンショウ> 2012バンジロウ> 2011カラミンサ> 2010デンジソウ> 2009コンテリクラマゴケ> 2008チドリノキ> 2007ヒメリンゴ> 2006ツルリンドウ> 2005ナンテン> 2004ネリネ

| | コメント (0)

12月4日(日) バルボフィラム・エリザベス・アン "バックルベリー"(洋ラン)

161204bulbophyllum恐る恐る踏み込んでみた洋ランの世界にも、なにかこの頃はけっこうハマっている気がします。と言っても、収録はまだ20種ほどで、このバルボフィラムだけで1,000種を超えるような超弩級の深淵の前では、戯言にさえなりません。
バルボフィラム=厚くて丸い葉の意味だそうで、名前的には花よりも葉が見どころではあるものの、目は当然に葉になんか行きません。形も、色合いも、仕掛けも、なんでまたこういう花じゃなきゃいけないの?と呟いてしまいます。
その姿から、デリケートなランかと思ったら、暖地なら屋外で育つそうで、石垣の隙間にこれをたくさん埋め込んだお宅なんてあったらステキです。

○○年のきょう 2015ハナミョウガ> 2014ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)> 2013ヒヨドリジョウゴ> 2012シュロソウ> 2011シマトネリコ> 2010クサボケ> 2009カラスザンショウ> 2008コシアブラ> 2007ハンノキ> 2006センニチコボウ> 2005フユイチゴ> 2004カラスウリ

| | コメント (0)

12月3日(土) ハナノキ

161203hananoki1ハナノキの大木がいい具合に色づいていました。その「変な」花だけを追いかけたまま、この季節には無視していたことを反省です。
そして、反省のあとには落胆です。おとといの計画どおり、新スマホ(ZenFone 3)のカメラ機能をテストしてみたら、かなりがっかりの結果でした。まずは全体の描写(↑・右がZenFone)で、色の深みがぜんぜんお話になりません。
161203hananoki2次はこんな比較です。なんじゃこれ?! 腕の問題でしょうか。「もう少し使いこなしてから比較してよ」とZenFoneは愚痴っているかもしれません。
ただ、この落ち葉比較は1年前にPriori3でもやっていて、そのときはけっこうシャープな画像に満足したものでした。画素数はちょうど2倍(800万→1,600万)になっているのにこんな結果とは、スペックの数字だけでは性能はわからないという見本に遭遇した感じです。ただ、せっかくの新スマホをこれで切り捨てるのもあんまりなので、これから少しずつスマホカメラ技術(?)を磨いていくことにします。

○○年のきょう 2015サワフタギ> 2014トサミズキ> 2013ハゼノキ> 2012アメリカマンサク> 2011ルドベキア・プレーリーサン> 2010アカメガシワ> 2009フウトウカズラ> 2008タカノツメ> 2007アカカタバミ> 2006スギナ> 2005ナンキンハゼ> 2004ダチュラ

| | コメント (0)

12月2日(金) クレマチス

161202clematisえ、今ごろクレマチスの花?と驚きました。しかし、考えてみればクレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属であって、センニンソウなら寒くなってから二度でも三度でも返り咲きをするのでした。お洒落な洋花でも、しぶとさは同じです。
そう言えば、ウチの白万重など、花を終えていったん枯れきったあと、寒くなってから蔓をのばし始めて、「今からいったいどうすんの?」と呆れる始末です。さらに、わざわざ冬に咲くクレマチスというのもありました。
「かまわないでよ。好きにさせて!」というセンニンソウ属の皆様のお声は聞こえる気がするものの、「そのタフさに痺れます」と、つい擦り寄ってしまいます。

○○年のきょう 2015シャガ> 2014キバナセンニチコウ> 2013サフラン> 2012球根ベゴニア> 2011早咲きツバキ(西王母)> 2010ナナミノキ> 2009ハダカホオズキ> 2008サンザシ> 2007アラカシ> 2006アメリカツルマサキ> 2005ビワ> 2004ユズ

| | コメント (0)

12月1日(木) トチノキ

161201totinokiトチノキが86本も並んでいる(地元・マロニエ通り)と、気の早いヤツとのんびり屋の差はけっこう大きいことに気づきます。写真は「おっとり型」の1本で、ほとんどの木が葉柄まで落としきったなかで、まだ葉身まで残していました。
おとといのツタの葉柄で思い出し、トチノキはもう落としきっているかと心配しつつ来てみたので、「おっとりくん、ありがとう」の1枚です。
さて、この写真はZenFone 3のデビュー作です。厳しい目で見ると、「やっぱり甘いなあ」と言わざるを得なくても、じつはこれ、オリジナル画面の1/15くらいを切り出したものなので、自分的には「お、いけるじゃん」という評価です。
切り出すくらいなら、同時にデジタルズームでも撮っておけば比較できたのに…という後悔はあとの祭りです。これからしばらくは新スマホのカメラをいろいろと試し、デジイチを待たないときにどこまで役立つか、見極めるつもりです。

○○年のきょう 2015アオキ> 2014カラタチバナ> 2013カカオ> 2012イタビカズラ> 2011ムラサキセンブリ> 2010カンレンボク> 2009コウヤボウキ> 2008イブキジャコウソウ>  2007クヌギ> 2006イヌツゲ> 2005マユミ> 2004ランタナ

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »